ClipStudioPaintで合成皮革のテクスチャ効果を作成する

644

サムネイルが英語でカスタムの場合は申し訳ありません;)
このビデオを作るかどうかを何度も考えていましたが、余暇を殺すために作ることにしました。
ちなみに、サキミチャンの絵は私を魅了し、サキミの描き方と非常によく似た合成皮革の作り方についてのチュートリアルを残しましたが、正確な方法ではありませんでした。警告した。
私はそれがあなたのために働くことを願っています。
あなたが望むかどうか尋ねてください:)

そして、それ以上の苦労なしに、始めましょう:

1.-新しいファイルを作成します

2.-塗りつぶしツールを使用して、選択したベースカラーを追加します(これでは、ほとんど試してみたい場合は、黒を使用できます)。

(ステップ3をマークする前に、ライト用に別のレイヤーを追加する必要はないことを強調する必要がありますが、同じ黒いレイヤー内でも有効です)
3.-エアブラシ->ソフトツールを使用してライトを追加します。このアクションを実行するには、ライトのレベルと向きが適切であることが不可欠です。

上記と同じツールで明るさが目立ちすぎる場合は、少し暗くすることもできます。

4.-しわのある部分については、エアブラシを再度使用しますが、水平に向けます。後で理由を確認します。

5.-その後、生地にしわが寄って体に順応するとき、この場合は胸の中でキャラクターのドレスを描くときに、液化ボタンを押して次の効果を作成します(例としてのみ)

6.-生地のわずかに引っかき傷のあるテクスチャを作成するには、もう一度スプレーに移動する必要がありますが、今回はノイズタイプに移動し、白黒の色のみを使用して次のようにします。

どんな色を選びたいですか?ここにトリックがあります

7 .-(追加)塗りつぶしツールを好みの色で使用し、別の別のレイヤー(今回は独立したレイヤー)で通常どおりに塗りつぶし、最後に組み合わせモードに移動して、選択した色を目立たせるものを選択できます。

このチュートリアルが気に入った場合、または質問がある場合は、下または下に表示されるビデオにコメントを残して、YouTubeが私を適切に扱い、私が行っていることを認識できるようにしてください。また後でお会いしましょう。

コメント

新着

公式 新着