3Dオブジェクト素材を使ってみよう

57,967 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

Ver.1.8.0より、3D背景素材が、3Dオブジェクト素材に統合されました。

複数のパーツで構成された3Dオブジェクト素材は、パーツごとに位置や角度を編集できて便利です。ここでは、新しい3Dオブジェクト素材の機能を紹介します。


新しい3Dオブジェクト素材は、[素材]パレットの[背景]に収録されています。素材名の末尾に「Ver.2」と記載されているものが、3Dオブジェクト素材です。


※CLIP STUDIO PAINT Ver.1.7.9以前のバージョンでは、新しい3Dオブジェクト素材を使用できません。CLIP STUDIO PAINTを、Ver.1.8.0以降にアップデートしてから、使用してください。


[1]パーツを選択するには

キャンバス上で、パーツをクリックすると、パーツを選択できます。


パーツを選択できない場合は、[ツールプロパティ]パレットの[オブジェクトリスト]を表示して、編集したい3Dオブジェクト素材の[ピック可・不可]の設定を確認してみましょう。

[ピック可・不可]にアイコンが表示されている場合は、キャンバス上でパーツを選択できません。アイコンをクリックすると、パーツを選択できるようになります。


【POINT】クラウド素材の初期設定

CLIP STUDIO PAINT Ver.1.8.0から追加された3Dオブジェクト素材は、[ピック不可]に設定されています。パーツを操作したい場合は、[ピック可]に変更してください。

3Dオブジェクト素材全体を操作したい場合は、[ピック不可]に設定すると、便利です。


[2]パーツの位置や角度を変える

パーツをクリックして選択すると、パーツにマニピュレータが表示されます。

マニピュレータの円や矢印をドラッグすると、円や矢印の向きに沿って位置や角度を変更できます。


【POINT】素材全体が移動や回転してしまう場合

最初にパーツをクリックしたときだけ、3Dオブジェクト素材全体を操作するルートマニピュレータが表示されます。

もう一度パーツをクリックすると、パーツを操作できるマニピュレータに切り替わります。


[3]3Dオブジェクト素材の表示を変更する

[ツールプロパティ]パレットで、光源や輪郭線などの設定を変更できます。


<光源のON/OFF>


<輪郭線のON/OFF>


[4]オブジェクトランチャーの便利な機能

3Dオブジェクト素材を便利に使うには、オブジェクトランチャーを活用しましょう。



■オブジェクトリストを表示する【PRO/EX】


[オブジェクトリスト]をクリックすると、[サブツール詳細]パレットの[オブジェクトリスト]カテゴリーが表示されます。

[ツールプロパティ]パレットより大きく表示できて、便利です。



■編集内容をリセットする


3Dオブジェクト素材を編集したあとに、オブジェクトランチャーの機能を使って、初期状態にリセットできます。


①パーツの配置をリセットする

パーツの配置を変更したあと、パーツの配置だけを元に戻せます。

[オブジェクトランチャー]の[初期ポーズ]をクリックすると、パーツの配置が初期状態にリセットされます。


②スケールをリセットする

3Dオブジェクト素材のスケールを変更したあと、スケールだけを元に戻せます。

[オブジェクトランチャー]の[スケールをリセット]をクリックすると、スケールが初期状態に戻ります。


③回転をリセットする

3Dオブジェクト素材を回転して角度を変更した場合、元の角度に戻せます。

[オブジェクトランチャー]の[回転をリセット]をクリックすると、角度が初期状態に戻ります。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着