配置と配布をいつ、どのように使用するか

6,700

simonwl

simonwl

序章

別のチュートリアルへようこそ!お気づきかもしれませんが、CLIP STUDIO PAINT は最近バージョン 2.0 にアップデートされました。それに伴い、多数の新機能が削除されました。

 

私が最も興奮した機能の 1 つは整列/分配機能でした。今日は、それがどのように機能し、いつ使用すると役立つかを見ていきます。

 

いつものように、以下のチュートリアルのビデオ バージョンを見つけてください。

整列と分配の仕組み

まず、ウィンドウがまだ表示されていない場合は、[ウィンドウ] > [配置/配置] メニュー オプションから開くことができます。

次に、これらすべてのボタンの機能を見てみましょう。

各ボタンにマウスを合わせると、そのボタンが何を表しているかの説明が表示されます。

 

まず、整列および分布機能を選択できます。左端、水平中央、右端、上端、垂直中央、または下端を揃えることができます。同様にアイテムを配布することもできます。

 

これらの機能がどのように機能するかは、選択した「アライメント ベース」によって異なります。この設定は、要素が整列または分散される空間を決定します。

 

最初のオプションは「配置オブジェクト」です。これは、オブジェクトが占める現在のスペース内でオブジェクトが整列されることを意味します。このオプションで覚えておく必要があるのは、オブジェクトの位置が変わるたびに、オブジェクトが占有するスペースが更新されるということだけです。したがって、たとえば、4 つのオブジェクトすべてがキャンバスの各隅に配置されていて、それらの上端を揃えると、次にそれらを配置するときに、キャンバス全体ではなく、はるかに狭い領域が計算に使用されます。アライメント。

次は「キャンバス」。オブジェクトはキャンバス全体に配置されます。

 

「選択領域」では、選択範囲内にオブジェクトが配置されます。

 

「ガイド」とは、作成したガイドラインを指します。 (定規ツールを使用するか、[表示] メニューから [定規バー] オプションを有効にしてバーから定規をドラッグ アンド ドロップすることで、ガイドラインを作成できます。) 複数のガイドラインが存在する場合、単一のオブジェクトまたはレイヤーが常に整列します。最も近いガイドラインに合わせますが、複数のオブジェクトまたはレイヤーの場合は、最も多くのオブジェクトが近いガイドラインに合わせます。

 

最後に、「自動」は、選択に基づいて現在最も適切な前のオプションを自動的に選択します。複数のレイヤーを選択している場合は、「整列オブジェクト」が選択されます。選択範囲がアクティブな場合は、「選択範囲」が選択されます。アクティブなガイドがある場合は、「ガイド」が選択されます。これらのいずれにも該当しない場合は、「キャンバス」が選択されます。

要素間に常に正確に同じスペースがあることを保証する「均等に分散」オプションもあります!同様のサイズのオブジェクトを整列している場合、「水平/垂直中央に配置」機能を使用しても大きな違いに気付かない (またはまったく違いがない) 場合があります。

 

ただし、オブジェクトのサイズが異なる場合は、違いが見え始めます。均等に配置する場合、スペースはオブジェクトのエッジに基づいて計算されます。

水平方向の中心を分配する場合、スペースはオブジェクトの水平方向の中心に基づいて計算されます。

 

最後に、2 つの切り替えオプションがあります。

 

「テキスト ピクセルに合わせる」を選択できます。これは、テキスト フレームが表示されている場合、フレームは無視され、実際のテキストのみが使用されることを意味します。これは微妙なオプションかもしれませんが、ここでテキストを囲むフレームと、オプションがオンまたはオフに切り替わったときの違いに注意してください。

「ベクトル パスに合わせる」を選択することもできます。これは、実際の形状ではなく、実際のベクトル ポイントが整列されることを意味します。この図面を見てみましょう。「ベクトル パスに整列」をオンにして「キャンバス」整列ベース オプションを選択すると、図面の端が切り取られていることがわかります。これは、ベクトル パスによって描かれた線の形状ではなく、ベクトル パスがキャンバスの端に揃えられているためです。

選択範囲からベクター パスを表示すると、パスがキャンバスの端に揃えられていることが明らかになります。

3 つの使用例

これで、機能がどのように機能するかがわかりました。

 

しかし、なぜ私はそれについて興奮したのですか?ユースケースにはどのようなものがありますか?

 

感動した理由は以下の3つです。

#1: コマの並べ替えに最適!

漫画のページをウェブトゥーンのスクロール形式に再配置したいとしましょう。まず、すべてのパネルをページ サイズのファイルから Webtoon サイズのファイルにコピーします。以前は、すべてのパネルをコピーした後、各パネルを個別に移動する必要がありました。

ただし、すべてのパネルを選択し、「キャンバス」配置ベースを使用し、すべてのパネルの水平方向の中心を揃えてから、垂直方向の間隔をキャンバス全体に均等に分散させることができます。

もちろん、劇的な理由でパネル間の間隔を切り替えるのは良いことです (詳細については、私の他のチュートリアル「印刷物と Webtoon の両方でコミックを作成する」と「Webtoons でシーンを切り替えるための 8 つのテクニック」を参照してください)。ただし、この種のタスクに関しては、新機能は依然として大幅な時間の節約になります!

#2:キャラクターのラインナップを作成するのに最適です!

この例では、このポスターを参照用のキャラクター ラインナップに変えたいと考えています。

すべてのキャラクターのレイヤーを結合してから、新しいドキュメントにコピーします。ここで、水平方向の中心を分散させ、下端を揃えます。もちろん、ポジショニングに関する微調整はまだ必要ですが、数回クリックするだけで作業の 90% が既に完了しています。

次に、警察の整列スタイルの背景を作成します。 1 つの線画レイヤーを作成し、それを複数回コピーします。最後の行を希望の高さに移動します。次に、「配置オブジェクト」の配置ベースを使用して、縦方向の間隔を均等に配置します。最後に、各キャラクターの名前を示すテキストも作成します。すべて同じ高さに配置されるように、「垂直中央揃え」ツールを使用します。また、テキストと対応する文字を選択し、[水平方向の中央揃え] オプションを使用して、各文字の中央に揃えます。

#3:アイコンのエクスポートに最適です!

これらのイラストをすべてアイコンとして使用することにしました。そのためには、画像のサイズがすべて均等であることを確認する必要があります。新しい整列機能を使用すると、これを非常に高速に行うことができます。すべてのレイヤーとフォルダーを選択し、すべてをキャンバスの中央に水平方向と垂直方向に揃えます。次に、「キャンバス サイズの変更」機能を使用して、すべての要素を含む均等な正方形にキャンバスを大まかにトリミングします。それが終わったら、もう一度すべてをキャンバスの中央に揃えます。

これで、各レイヤーの表示を切り替えて、すべてを均一のサイズでエクスポートできるようになりました。また、「エクスポート設定」ウィンドウの「出力サイズの指定」を使用して、アイコンの画像サイズ要件に合わせることもできます。

ヒントとコツ

このビデオを終了する前に、いくつかのヒントとコツを指摘したいと思います!ツールは単純に見えるかもしれませんが、覚えておくべきことがいくつかあります。

長方形をガイドラインとして使用する

ガイド自体を整列/分配することはできませんが、長方形を作成して分配し、ガイドを使用するようにそれらを使用して、実際のオブジェクトをこれらの長方形に整列させることができます。

正しい順序を使用する

特に四角形のガイド方法を使用する場合は、整列機能を使用する正しい順序を念頭に置いておくことが重要になる場合があります。つまり、「オブジェクトの整列」ベースと「垂直/水平中央に整列」機能を使用してオブジェクトを長方形に整列させたいが、オブジェクトがいたるところにある場合、整列形状は基づいて計算されます。長方形ではなくその上に!したがって、最初にすべてを長方形の中央ではなく端に揃えます。オブジェクトが最も離れている長方形の端を選択します。これで、長方形よりも幅の広いオブジェクトがない限り、「整列オブジェクト」ベースの中心は長方形になり、長方形自体が移動することなく、中央に整列できます!

よくある間違い

レイヤー上にほとんど目立たない小さな要素が残っている場合、それらは配置/分布値の計算に含まれることに注意してください。何かがおかしい場合は、そのようなインスタンスがレイヤーに存在しないことを確認してください。

フォルダーとレイヤー

オブジェクトを整列する際に留意すべきことの 1 つは、フォルダー内で複数のレイヤーを選択すると、フォルダー自体ではなく、それらのレイヤーが配置されることです。フォルダー内のレイヤーを選択せずにフォルダーをアクティブに選択した場合にのみ、整列/分布機能を使用すると、フォルダー内のすべてのレイヤーがグループ化されたままになります。

単一レイヤー上の複数のベクター オブジェクト

整列/分布機能は、1 つのレイヤー上の複数のベクター線で機能することに注意してください。これは、このようなものなど、再配置したい単一の線画がある場合に役立ちます...

...しかし、次のように再配置したい複数線の描画がある場合は、障害になることもあります。

ただし、後者の場合は、別のレイヤーに分離したい要素を抽出するだけです(たとえば、「オブジェクト」ツールを使用し、クリックしてドラッグして特定の線を選択し、それらを切り取り、新しいベクターレイヤーを作成して貼り付けます)それらがあります)。これを行ってからレイヤーを選択すると、意図したとおりに配置/分布機能を使用できます。

3D オブジェクトの整列

疑問に思われるかもしれませんが、これは 3D オブジェクトで機能しますか?残念ながら、そうではありません(現時点ではとにかく)。ただし、通常のレイヤーを完全に使用して、希望に応じてこれらを配置/分散することで、3D オブジェクトの間隔の参照を作成できます!

ありがとう!

素晴らしい新しい整列/分配機能について私が言えることは、これですべてです。ツールを何のために使用していますか?このビデオから、使い方について新しいアイデアが浮かびましたか?コメントで教えてください!ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。喜んでお答えいたします。

コメント

新着

公式 新着