マスキングとクリッピング

1,137 view

はじめにとワークスペース

みなさん、こんにちは、このチュートリアルへようこそ、私の名前はエドです。レイヤーマスク、クイックマスク、ベクターフレーム、テキスト、および下のレイヤーへのクリップを使用して、Clip Studioペイントでマスクとクリッピングを行う方法を示します。また、明るさを使用してマスクの選択範囲を作成する方法もわかります。

注:このチュートリアルは、元々Clip Studio Paintのバージョン1.9.4用に英語で書かれていました。

▼このチュートリアルで使用するワークスペースは、以下のリンクからダウンロードできます。

https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1753167
https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1753168


これ以上苦労せずに始めましょう!

ステップ1:マスキングとクリッピングの機能を調べる

Clip Studio Paintは、マスキングとクリッピングに使用できるさまざまな機能を提供します。それらを3つのカテゴリに分類してみます。この分類は、エディションの作成方法に基づいています。

▲[1]ピクセル。 [レイヤーマスク]と[クイックマスク]は、ピクセルを使用して編集または変更できます。選択またはブラシにさまざまなツールを使用して、これらのタイプのマスクを作成または編集できます。このカテゴリの[透明ピクセルのロック]について考えるかもしれませんが、その機能の変更は永続的であるため、ここには含めません。

▲[2]ベクター。 [Frame Border Folder]は、コミックの画像または図面を含むように設計されています。ピクセルツールを使用してフレームを編集することはできませんが、ベクトルとして機能するフレームツールを使用して、境界線とシェイプを変更できます。

▲[3] Pixels&Vectorsまたは「Pixtors」(仮称)。 [下のレイヤーにクリップ]は、ピクセルレイヤーとベクターレイヤーの両方で機能する機能です。 [ブレンドモード]を使用して、マスクを使用するのと同様の方法で領域を非表示にすることもできます。

ステップ2:異なるフレームにスケッチを描く

4つの簡単なスケッチを描いて、さまざまな構成やスタイルを調べます。最初に、ホワイトペーパーで新しいドキュメント[Canvas]幅1920 px×1080高さpx- [解像度] 72を作成します。

[1] [レイヤー>新規レイヤー>フレーム境界フォルダー]から、境界線を描画しない新しいフレームフォルダーを作成します。次に、ピクセルレイヤーをライトグレーで塗りつぶし、フレームフォルダー内に配置します。

[2]フレームフォルダを選択して表示されているものを編集し、[オブジェクト]ツールを選択(ショートカットO)すると青いドットを移動してフレームのサイズを変更できます。見えないものを示す青紫色の領域が表示されます。マスク領域を表示したくない場合は、[レイヤー]パレットのアイコンからオフにするか、ALTキーを押しながらマスクレイヤーアイコンをクリックします。

[3]フォルダーを選択した状態で、[レイヤー>ルーラーフレーム>フレーム境界を均等に分割]から4つのフレームを作成しましょう。必要な分割数を選択できます。垂直に2つ、水平に2つ、レイヤーの複製を選択します。

[4]必要に応じて、フレームを同時に編集できます。 [他のフレームの境界にスナップ]が選択され、[すべての溝を揃える]が選択されていることを確認します。次に、黄色の正方形の1つを選択し(赤色に変わります)、好きなように移動します。フォルダー内のレイヤーの1つを選択し、余白を気にせずにスケッチの描画を開始できます。

重要:描画中に予期しないスナップが発生しないように、[ルーラーにスナップ]がオフになっていることを確認してください。 [レイヤー]パレットからフレームフォルダーのルーラーを表示しないように選択することもできます。

▼これが私のスケッチです。それらをJPGファイルとして保存し、きれいな線を描くためのガイドとして使用できます。

ステップ3:線画とマスクレイヤー

線を引く時です!さまざまなスタイルを探索するために、上から2つのオプションを選択しました。スケッチごとに新しいドキュメント[Canvas] A5を作成します。 [サブビュー]を使用して、スケッチを表示できます。下のレイヤーにスケッチを配置して、不透明度を下げることもできます。

■線画にベクターレイヤーを使用することを好みます。図面のさまざまな部分に必要な数のレイヤーを使用して、それらをレイヤーフォルダー内に配置できます。たとえば、目用の1つのレイヤー、髪、唇などのレイヤー。 [ワークスペース]を使用している場合は、レイヤーを選択し、CTRL + Gを押して[フォルダーの作成とレイヤーの挿入]を実行できます。

▲2つのテクスチャブラシを使用して線を描画しました。ホワイトペーパーまたは背景から線を分離してください。

独自のテクスチャブラシを作成する場合は、下のリンクを確認してください▼

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/2147


次に、目でハイライトを追加し、眉で分割を行います(スケッチのように)。消去ツールを使用できますが、代わりにレイヤーマスクを使用することをお勧めします。


[1]レイヤーを選択し、[レイヤー>レイヤーマスク>マスク選択]からレイヤーマスクを作成するか、レイヤーパレットのマスクアイコンをクリックします。すべてが表示されていることを示すマスクサムネイルが白で表示されます。


[2]マスクを選択した状態(サムネイルの二重枠線)で、透明度(ショートカットC)を使用して任意のブラシでペイントします。マスクのサムネイルでは、表示されていない領域が黒いことがわかります。


[3]隠しすぎた場合は、任意の色(ショートカットX)で(マスクを選択して)ペイントして、線とブラシを再び表示できます。サムネイルの表示領域が白で表示されます。


注:消しゴムツールの代わりにマスクを使用すると、1つのベクトルラインをそのまま編集可能に保つことができます。

▼スケッチの線画は次のとおりです。

ステップ4:クイックマスクとレイヤーフォルダー


マスクに使用できる選択をすばやく行う方法は、[クイックマスク]を使用することです。ショートカットを作成して、選択とクイックマスクモードを簡単に変更できるようにします。


▲[ファイル]> [ショートカット設定]設定エリアから:メインメニュー-[クイックマスク]にショートカットを追加します。写真編集アプリケーションの一般的なショートカットであるショートカット「Q」を割り当てました。

次に、クイックマスクを使用して、図面の角を非表示にします。

[1]白い背景とは別のレイヤーフォルダーに線画があることを確認します。


[2]ブラシを選択して「Q」を押すか、[選択>クイックマスク]から任意の色(ショートカットX)でペイントを開始します。不透明度の50%で(一時的に)クイックマスクレイヤーが表示されます。デフォルトでは、赤色は作成中の選択を示します。 [レイヤープロパティ]パレットから色を変更できます。また、消しゴムツールを使用するか、透明なペイント(ショートカットC)を使用して、選択範囲から領域を削除することもできます。


[3]選択したら、[Q]を押すか、[選択]> [クイックマスク]から選択します。これで、アイコンを使用して選択範囲を編集したり、[選択]メニューから選択範囲を調整したりできます。 [クイックマスク]モードに戻りたい場合は、もう一度[Q]を押し、ブラシまたは消しゴムを使用して選択を編集します。


[4] [選択>選択レイヤーに変換]から選択を保存できます。後で使用する選択を別のレイヤーフォルダーに配置することもできます。


[5] [レイヤー]パレットで選択レイヤーを選択し、[選択]> [選択レイヤーを選択に変換]から選択を戻します(表示する必要はありません)。選択範囲を編集する場合は、この手順の最初に作成したショートカット「Q」を使用して、選択範囲から[クイックマスク]モードに切り替えることができます(逆も同様です)。


[6]アクティブな選択。図面と白い背景がレイヤーフォルダー内に配置されていることを確認します。レイヤーフォルダーを選択した状態で、[マスク]アイコンを使用するか、[レイヤー>レイヤーマスク]マスク選択または選択範囲外マスクから、フォルダーの新しいマスクを作成します。

注:間違えた場合は、CRTL + Iでマスクを反転できます。また、選択せずにマスクアイコンをクリックすると、白いマスク(すべて表示)が作成されますが、ALT +クリックすると、黒いマスク(何も見えない)。

■これで、レイヤーフォルダーの外側に新しいレイヤーを作成(黒または任意の色で塗りつぶす)でき、マスクで非表示になっている領域がわかります▼

ステップ5:クリッピングして色付けする


マスキングせずに色付けする簡単な方法は、[下のレイヤーにクリップ]を使用することです。この機能は、単一レイヤーとレイヤーフォルダーの両方で使用できます。

■ラインが1つのレイヤーまたはバックグラウンドのない1つのレイヤーフォルダーにあることを確認してください。線の上に新しいラスターレイヤーを作成し、[レイヤー]パレットの[下のレイヤーにクリップ]をクリックします。


これでブラシまたは鉛筆を使用でき、ペイントされたものはすべて線の内側にのみ表示されます。レイヤーの下の線は、マスクと同様に動作します。ここでは、クリッピングありとなしのレイヤーを見ることができます▼


注:この機能を使用すると、サムネイルに赤い縦線が表示されます。 [下のレイヤーにクリップ]を使用して、肌、衣服、髪の毛、風景などの大きな領域を色付けすることもできます。

手順6:画像を編集可能なテキストレイヤーにクリップする


[Clip to Layer Below]機能を使用して、1つ(または複数)の編集可能なテキストレイヤーで画像をクリップしましょう。

▼カメラで撮った写真です。携帯電話またはお持ちのカメラを使用できます。


[テキスト]ツールに慣れていない場合。以下のリンクでいくつかのヒントを見つけることができます▼

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/2175#dcc877ee


前のステップで見たように、レイヤーを整理します。写真または画像の下にテキストレイヤー(またはテキストを含むレイヤーフォルダー)を配置します。次に、画像を選択し、レイヤーパレットの[下のレイヤーにクリップ]アイコンをクリックします。


▲この機能は、レイヤーフォルダーでも使用できます。上の図では、画像と補正レイヤーでレイヤーフォルダーを使用して、写真のコントラストと彩度を高める方法を確認できます。下のレイヤーフォルダーでは、テクスチャブラシラインに2つのテキストレイヤーと1つのベクターレイヤーを使用しました。

ステップ7:画像の選択とマスキング


このステップでは、雨の日に撮った写真からバラを隠すためのセレクションを作成する方法を紹介します。

■バラの色は[クイックマスク]モードと同じ赤なので、[レイヤープロパティ]パレットから色を変更できます。それでも、マスクは白黒(および灰色)で機能するため、同様の方法で画像を視覚化することをお勧めします。

[1]写真を複製し、[レイヤープロパティ]パレットから[表現色]をグレーに変更します。


[2] [Correction Layer]を使用して、コントラストを上げます。これは、画像の視覚化を改善するのに役立ちます。トーンカーブ、レベル補正、明るさ/コントラストを使用できます。 [編集>色調補正]から画像を永久に編集することもできます。


[3] [自動選択]ツール(ショートカットW)を使用して、バラをクリックして、Shiftキーを押しながらクリックする領域を追加できます。大きな領域を選択したら、[クイックマスク]モードを使用して選択を完了できます。境界線には、[エアブラシ]ツールを使用することをお勧めします。


[4]選択したら、グレーレイヤーを非表示または削除できます。 [選択>境界線をぼかす]から境界線の選択を滑らかにすることもできます。次に、前の手順で見たように、イメージ(カラー)レイヤーを選択し、[マスクレイヤー]を作成します。

ステップ8:ブレンドモードでのマスキング


このステップでは、図面の目にバラを配置します。前の手順で作成したマスクを適用する場合は、マスクアイコンを右クリックして[レイヤーにマスクを適用]を選択します。次に、透明な背景で切り取られた画像があります。


■一部のブレンドモードでは、マスクと同様の方法で領域を非表示にできます。この場合、[明るい色]を使用して、白い背景からバラを隠します。 [濃い色]を使用すると、濃い線からバラが非表示になります。画像にどのような影響があるかを確認するために、すべてのブレンドモードを確認することをお勧めします。


▲[明るい色]ブレンドモードの前後の画像を見ることができます。 [マスクレイヤー]を使用して、表示したくない領域を非表示にすることができます。

ステップ9:レイヤーとレイヤーマスクの修正


色の変更、コントラストの追加などをすばやく簡単に行うには、修正レイヤーを使用します。 [Correction Layer]を作成すると、新しい修正とともにマスクレイヤーが自動的に作成されます。

■図面の目の内側にあるバラのさまざまな補正レイヤーを作成します。 [下のレイヤーにクリップ]機能を使用して、ドキュメント全体ではなく、バラの画像のみに影響を与えるようにしてください。

[1]最初に[レイヤー>新規修正レイヤー]から[トーンカーブ]を作成するか、レイヤーパレットを右クリックします。画像のコントラストを上げて、表示したくない領域をマスクします。


[2]写真を絵画のように見せたい場合は、同じ補正メニューから[ポスター]を使用できます。マスクを反転し、表示したい領域にペイントすることもできます。


[3]色を変更するには、[色相/彩度/明度]を使用し、マスクを使用して色の組み合わせを調べます。最後に、[レイヤー]> [新規レイヤー]から[塗りつぶし]レイヤーを使用するか、レイヤーパレットを右クリックします。


▼これが私の絵のこれまでの様子です。

ステップ10:輝度/輝度に基づいたマスキング


この手順では、別の雨の日に撮った写真から影(および中間調)を選択して、マスキングとクリッピングに関する前の手順で見たものを使用して効果を作成します。

■画像の明るさまたは明度を使用して、シャドウまたはハイライトを選択し、特定の領域のみを編集できます。また、明るさを使用して写真の一部を抽出し、他の画像、図面などで使用することもできます。

[1]最初に、[レイヤーのプロパティ]パレットから[表現色]をグレーに変更し、コントラストのある画像があることを確認します。 [編集>色調補正]から画像を永久に編集できます。 [レイヤー>新しい修正レイヤー]から修正を使用するか、レイヤーパレットを右クリックすることもできますが、完了したらレイヤーをマージする必要があります。


[2]グレーの画像を選択し、[編集>明るさを不透明度に変換]から、画像からハイライトと白を削除します。次に、レイヤーを選択し、Ctrlキーを押しながらレイヤーアイコンをクリックして、レイヤーの選択を作成します。


[3]アクティブな選択で、[レイヤー>新規レイヤー]から[塗りつぶし]を作成するか、レイヤーパレットを右クリックします。濃い青色を選択します。補正レイヤーを使用して、コントラストを追加したり、色を変更したりできます。 [下のレイヤーにクリップ]機能を使用してレイヤーをマスクすることもできます。


▼ここでは、ドロップ効果が適用された最初の図面を見ることができます。


▼次に、異なる色を適用した2番目の図面を示します。


注:さまざまなソースの画像、写真、または図面がある場合は、すべてのレイヤーの上部に一般的な色またはグラデーションを追加することをお勧めします。さまざまなブレンドモードを探索したり、不透明度を変更したりすることもできます。

結論


これまで見てきたように、Clip Studio Paintは、デジタル図面、絵画、画像、テキストなどのピクセルとベクトルを支援するさまざまなマスキングとクリッピングの方法を提供します。これらすべてのタイプのマスクを組み合わせて、異なる結果を得ることができます。

▼これは、フレーム、クイックマスク、マスクレイヤー、下のレイヤーにクリップ、修正レイヤー、およびブレンドモードを組み合わせた最終結果です。


このチュートリアルをご利用いただきありがとうございます!ここで役立つヒントを見つけていただければ幸いです。下記のコメントセクションでご意見をお聞かせください。作成することを忘れないでください。

私を見つけることができます:

https://twitter.com/edsonrojasc
https://www.domestika.org/es/edsonrojasc

コメント

関連する記事

新着

公式 新着