四足動物チュートリアル

245 view

概要

このチュートリアルでは、四足解剖学の基本をカバーします!人間と動物の両方で骨格構造がどのように機能するかを理解することは、あなたが描いているものを視覚化し、より信じやすくするのに役立ちます。

1.人間の骨格

まず、アーティストとして知っておくべき最も重要な骨を分解しましょう。これらの骨はすべての動物で同じであり、私たちのものとは異なる比率です!

1.頭蓋骨
2.背骨
3.リブ/リブケージ
4.肩甲骨-胸郭の後ろにある肩の骨。
5.上腕骨-上腕の骨。 「面白い骨」としても知られています
6.半径-湾曲した前腕の骨。
7.尺骨-まっすぐな前腕の骨。
8.骨盤
9.大腿骨-太い上肢の骨。
10.膝蓋骨(膝キャップ)
11.脛骨-脛骨は大きなすねの骨です。
12:bul骨-bul骨は小さな下肢の骨です。

2. 3つの本体パーツ

3つの主要な本体部分は、上から下に順番に並んでいます:頭、Ri、骨盤です。
これらは、内部骨格を持つすべての動物の標準的な身体部分です。クジラでも!これらの3つの身体部分が動物のどこにあるかを知ることは、身体の残りの部分を接続するのに役立つので重要です!

3.前脚

四足動物の前足(例として犬を使用します)は、人間のものと同じです!主な違いは、肩甲骨の方向です。以下の画像で:
-ポイント「a」は、左側の人間の例と右側の犬の例の肩甲骨を指しています。肩甲骨は常に上腕骨につながり、「肩」を形成します。
-ポイント「b」は、手/足を形成する腕/前脚の終端です。手/足は、radius骨と尺骨の両方を含む前腕に接続されています。人間にも犬にもradius骨と尺骨があります。
-最後に、ポイント「c」は肘です。肘は、人間と四足動物の両方の上腕骨と前腕の骨(radius骨と尺骨)の交点です。

4.後ろ足

犬の後足は人間の足とは少し異なりますが、骨は同じです!それはすべて骨盤の上部から始まります。骨盤から大腿骨が突出して脚を開始します。その後、膝、すね(脛骨とfi骨)、そしてかかととつま先。

1.人間のかかとは地面に触れますが、犬のかかとは触れません。かかとはまだ足の一部と見なされますが。これは、足全体ではなく、つま先で歩く人に似ています。
2.人間のつま先は足の延長ですが、犬のつま先は足全体を構成しています。
3.膝は人間と犬の両方で非常に似ています。大腿骨があり、膝に膝蓋骨があり、脛骨とti骨があります。
4.犬の足の形は最初は難しいかもしれませんが、稲妻のように想像すると簡単に描くことができます。

結論

この簡単な紹介が、四足動物の描画を始めるのに役立つことを願っています。覚えておいてください:動物の描画に慣れる最良の方法は、実生活から動物を描画し、さまざまな動物の解剖学を研究することです。結局のところ、犬も馬も四足動物ですが、その骨格は非常に異なっています!

コメント

関連する記事

新着

公式 新着