ブラシを使用してテキストを書く方法

2,382 view

みなさん、こんにちは。このチュートリアルでは、任意のブラシで描いたテキストを作成するためのヒントを紹介します。基本的には、テキストツールを使用して好みのフォントで単語を入力します。次に、テキストレイヤーをベクターレイヤーに変換するか、別のベクターレイヤーでテキストをトレースします。その後、多数のベクトル機能を使用して線を単純化し、ブラシの形状をテキストを描画するブラシの形状に変更します。

カスタム3Dブラシの作成

必要なクリップスタジオブラシを使用できますが、まだ使用できないブラシを使用したい場合もあります。たとえば、この3Dブラシを作成する方法を学習します。

まず。ブラシの先端として使用する3Dブラシの形状を作成したいとします。新しいクリップスタジオペイントドキュメントを開き、[基本的な表現色]が[グレー]に設定されていることを確認します。これが灰色ではなく色に設定されている場合、ブラシは作成した色の一部を他の色に変えることができません。高さと幅の両方でキャンバスサイズを2000ピクセルにすることができます。 300 dpi。

次に、キャンバスの中央に円を作成し、それを黒で塗りつぶします。この黒は、前景色として選択した色に置き換えられます。次に、そのレイヤーの透明なピクセルをロックして、円の外側に描画しないようにします。その後、グラデーションツールを使用して円の下部に白を追加します。白は、背景色として選択した色に置き換えられます。黒または白が前景色として設定されていることを確認してから、「前景から透明」サブツールを使用して黒または白を追加します。スムーズに溶け合うように色を塗る

ブラシの形状が完成したので、ブラシで使用できるように、イメージマテリアルとして保存します。これを行うには、ブラシシェイプのあるレイヤーに移動し、[編集]> [マテリアルの登録]> [画像]に移動します。材料特性ウィンドウがポップアップするはずです。ブラシの名前をマテリアル名スロットに入れ、「ブラシ先端の形状に使用」がクリックされていることを確認します。次に、マテリアルプロパティウィンドウの右側で、このイメージマテリアルを保存する場所を選択します。たとえば、画像素材に保存できます。後で画像素材を簡単に見つけられるようにタグを追加することもできます。次にOKをクリックします。

それでは、画像素材をブラシに変えましょう。最初に行うことは、作成しているブラシと同じように機能するブラシを複製することです。これにより、変更を少なくすることができます。したがって、ペンツールに移動してGペンサブツールを選択し、[現在選択されているサブツールのコピーを作成]アイコンをクリックして複製します。

複製したブラシを選択して右クリックし、[サブツールの設定]に移動すると、ウィンドウがポップアップ表示され、ブラシの名前を変更できます。変更して、[OK]をクリックします。さらに、サブツールを選択したまま、サブツールプロパティの右下にあるレンチアイコンをクリックすると、ブラシの「サブツール詳細ウィンドウ」が表示されます。このウィンドウには、ブラシに対して行う可能性のあるすべての可能な変更が表示されます。 [ブラシチップ]オプションに移動し、[チップシェイプ]オプションで[材料]をクリックしてから、材料の追加アイコンをクリックし、タグを使用するか、見つかるまでスクロールして画像材料を検索します。または、所定のスペースにドラッグアンドドロップします。 「ストローク」オプションに移動し、ギャップが固定に設定され、間隔が0.1である最小に設定されていることを確認します。
次に、「ブラシ形状;オプションをクリックして、「プリセットに登録」オプションをクリックします。プリセットのリストに追加されたブラシが表示されます。最後に、下の[すべての設定をデフォルトとして保存]オプションをクリックします。



ブラシをテストして、結果が気に入ったかどうかを確認し、必要に応じて変更を加えます。


テキスト

これらは呪われた手書きを模倣しているので、スクリプトフォントを使用してテキストツールを使用して単語を入力する必要があります。 「Script MT Bold」フォントを使用することをお勧めします。すべての小文字を1つの滑らかなストロークで結合できるためです。ただし、大文字の場合は、B、D、F、I、N、O、P、S、T、V、およびWです。これらすべてを以下に示します。

幸いなことに、以下の画像に示すように、手動で結合できます。

ただし、それらを結合する前に、テキストをベクトルに変換するためにどのアプローチを取るかについて考える必要があります。

最初のアプローチは、テキストレイヤーをベクターレイヤーに変換し、ベクターサブツールを使用してポイントを削除および接続し、単語のすべての文字を接続および形成する線が1つだけになるようにします。これには、入力時に結合しなかった文字を結合することも含まれます。これはおそらく時間がかかります。


2番目のアプローチは、他の方法よりも実際に使用することをお勧めしますが、テキストレイヤーをそのまま維持し、不透明度を下げることを含みます。次に、その上にベクターレイヤーを作成し、1回のストロークのみを使用してG-Penでテキストをトレースします。これは停止しないことを意味します。しかし、停止した場合は、ポイントを接続してスムーズに接続する必要があります。

次に、操作ツールの下にある多くの機能を使用してベクターラインを調整し、スムーズになり、以下のテキストと一致するようにします。

ベクトルスクリプトの編集

以下の手順に従って、ベクトル線をより単純で滑らかにします。

1.画面の左側にある操作ツールアイコンをクリックします。画面の右側に、ツールナビゲーションの見出しとその下にある4つのアイコンが表示されます。それぞれ、オブジェクトツール、コントロールポイントツール、ピンチラインツール、およびライン幅調整ツールです。 [コントロールポイントツール]アイコンを選択します。左側のサブツールウィンドウに別のブラシセットが表示されます。



2. Simplify Vector Lineサブツールを選択し、ツールプロパティウィンドウで2次に設定します。また、ブラシサイズを大きくして、ベクトルスクリプト全体に効果を簡単に適用できるようにします。コントロールポイントサブツールをクリックし、カーソルでベクタースクリプトにカーソルを合わせると、以前よりも少ないコントロールポイントが表示されます。



3.ピンチベクターラインサブツールを選択します。ピンチレベルを2番目のレベルに設定し、ツールプロパティウィンドウの[効果範囲]スライダーを使用してブラシのサイズを調整することをお勧めします。次に、行の一部を移動して、下のレイヤーのスクリプトテキストと一致するようにします。


4.次に、制御点サブツールを選択します。下のツールプロパティウィンドウに[プロセス]が表示され、コントロールポイントをクリックまたはドラッグしたときに実行されるプロセスを変更できます。


5.プロセスを「コーナーの切り替え」に設定して、黄色のコントロールポイントをすべてクリックし、鋭いコーナーから滑らかなコーナーに切り替えて、緑色にします。

6.プロセスを「コントロールポイントの移動」に設定して、コントロールポイントをクリックし、目的の場所にドラッグして移動します。

7.プロセスを「コントロールポイントの追加」に設定して、ベクトル線をクリックした場所にコントロールポイントを追加します。

8.プロセスを「コントロールポイントの削除」に設定して、クリックしたコントロールポイントを削除します。

9.ベクトルスクリプトの線が滑らかになり、下のレイヤーのスクリプトとさらに一致するまで、手順を繰り返します。

ブラシを使ってテキストを書く

これで、ベクターレイヤーに単語があり、それぞれが1つのストロークまたは接続パスで構成されています。操作ツールアイコンをクリックして、オブジェクトサブツールを選択します。下のツールプロパティウィンドウで、[ブラシ形状]のドロップダウン矢印をクリックすると、プリセットのリストが表示されます。前の手順を実行し、3Dペンを作成しているときに[プリセットの登録]をクリックするとブラシが表示されるまでスクロールします。

カスタムメイドの3Dペンを選択すると、3Dペンで書かれたテキストが表示されます。ブラシのサイズを調整して、単語を好きなだけ太くすることができます。

* 3Dペン以外のブラシも使用できます。それらをプリセットに登録し、ブラシの形状に合わせて選択するだけです。

 

以下は、ブラシの形状を3Dペンに設定した場合の結果です。




以下は、ブラシの形状を「スプレー」に設定した場合の結果です。




以下は、ブラシの形状をメロディに設定した場合の結果です。

これで私のヒントは終わりです。以下のビデオをチェックして、手順を確認してください。ビデオには字幕があるので、オンにしてください。これがお役に立てば幸いです。読んでくれてありがとう。

https://www.youtube.com/watch?v=04ibq1aIjyw

コメント

関連する記事

新着

公式 新着