サウンド付きアニメーション:クリップスタジオのヒントジングル!

146 view

みなさん、こんにちは!
このチュートリアルでは、サウンドFXや音楽をアニメーションに追加および編集する方法を説明します。
音を使用することで、私たちの仕事に活気を与え、それをより信頼できる没入型にすることができます。
楽しいボーナスとして、Clip Studioのヒントコミュニティ用にジングルを作成して、お気に入りの曲の歌詞をアニメーション化する方法を紹介しました。あなたはそれが好きだと思います:)

このチュートリアルのビデオ版はこちらからご覧いただけます▼

https://youtu.be/U1G-P01V4xM

これらは私がビデオチュートリアルのために作った例です:
まず、飛行中の宇宙船のおもちゃのキーフレームを使用した混合テクニックアニメーション▼

https://youtu.be/NpoyhECFtG0

そして、これがClip Studioのヒントコミュニティジングルです! :D▼

https://youtu.be/D0x067mzRbA

1.サウンドファイルの操作

始める前に、[タイムライン]パレットが表示されていることを確認してください。 [ウィンドウ]メニュー> [タイムライン(x)]に移動するとアクティブになります。
また、[アニメーション]メニュー> [再生設定]> [リアルタイム再生]で「リアルタイム再生」がオンになっていることを確認してください。

サウンドの基本的な使い方を学びましょう。
サウンド機能に集中できるようにアニメーションを例に用意しました。
アニメーションについてもっと知りたい方はこちら▼

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/2047

次に、サウンドfxを追加して、アニメーションに命を吹き込みましょう。
▼[1]オーディオファイルをインポートするには、[ファイル]メニュー> [インポート]> [オーディオ]に移動します。
■[1.1]次に、サウンドを選択します。
■[1.2]これにより、[タイムライン]パレットにオーディオクリップが含まれた新しいオーディオレイヤーまたはトラックが作成されます。
■注:選択したフレームにオーディオクリップが作成されるので、特定のフレームを選択して、サウンドの開始を事前に配置できます。
サポートされているオーディオ形式は、8ビットおよび16ビットの非圧縮Wav、Mp3、Oggです。一部のファイルが期待どおりに機能しない場合は、別の形式を試してください。

▼[2]これで、通常のクリップと同じようにオーディオクリップを操作できます。
クリップを移動したい場合は、マウスをクリップの上に置いて手のアイコンが表示されるまでクリックし、クリック&ドラッグしてクリップをタイムラインに配置します。

▼[2.1]クリップの開始または終了をトリミングする場合は、クリップの側面の近くにカーソルを合わせ、クリックしてドラッグします。
■注:オーディオクリップの開始をトリミングするもう1つの方法は、操作ツールでレイヤーを選択し、[ツールプロパティ]パレットに開始時間スライダーを表示することです。

▼[3]複数のオーディオファイルを同じオーディオレイヤーに個別のクリップとして追加できます。これはタイムラインの編成に便利ですが、同時に再生する場合は、各ファイルのオーディオレイヤーを作成する必要があります。
[3.1]オーディオレイヤーを作成するには、[アニメーション]メニュー> [新しいアニメーションレイヤー]> [オーディオ]に移動します。

▼[4]同じオーディオファイルに複数の短いサウンドがあり、それらを異なるフレームで使用したい場合は、オーディオクリップを分割できます。
最初に、分割したいフレームを選択し、右クリックして[Split clip(v)]を選択します。
これにより、オーディオクリップが同じトラックに分割されるため、アニメーションに合わせてタイミングを変更できます。
私の例では、レーザーショットにSFXを追加するために使用します:)

▼[5]オーディオスライダーの音量は、[スライダー]の[ツールプロパティ]パレットで変更できます。
デフォルトでは、ボリュームを変更するとキーフレームが作成されますが、一般的な編集が必要な場合は削除できます。
[5.1]フェード(インまたはアウト)またはスムーズなボリューム変更を作成するには、キーフレームを追加して2点間の遷移をアニメーション化します。
[5.2]グラフエディタを使用して、ポイント間でのボリュームの変化の仕方を変更します。線形補間では一定の割合で変化します。スムーズな変化では、一定のレベルまでランプアップまたはランプダウンし、たとえばスムーズに。さまざまな結果を達成するために実験してください。

2.ヒント|アイテムバンクを使用する

▼[1]オーディオファイルをタイムラインにインポートすると、自動的に[アイテムバンク]パレットに登録されます。
アイテムバンクを表示するには、まず[ウィンドウ]メニュー> [アイテムバンク]に移動します
[1.1]アイテムバンク内では、インポートされたすべてのファイルを確認し、アイテムバンクにファイルを登録できます。
複数のオーディオファイルをスタックして環境を作成する場合は、登録ボタンをクリックして、事前に選択したすべての可能なサウンドを登録することをお勧めします。
[1.2]アイテムを選択してレンチアイコンをクリックすると、アイテムバンク内のファイルの名前を変更して、サウンドのタイプをフィルターすることができます。また、インポートする前に特定のボリュームでファイルを聞くこともできますそれ。
次に、アイテムバンクからキャンバスにドラッグするだけで、ファイルを追加できます。
■注:オーディオレイヤーを選択した場合は、レイヤーの最後のクリップの後に、アイテムバンクのファイルが新しいクリップとして追加されます。個々のレイヤーにサウンドをスタックする場合は、通常のレイヤーを選択するか、新しいオーディオレイヤーを作成できます。

3.音声付きでエクスポート

編集後、エクスポートする必要があります。オーディオをエクスポートするには、ムービーファイルを作成する必要があります。
[ファイル]メニュー> [アニメーションのエクスポート]> [ムービー]に移動し、フォーマットを選択します。
私はmp4を選びます。次に、音質とフレームレートを設定します。これで完了です。
これらのテクニックを使用して、アニメーションのアンビエントを作成したり、リップシンクビデオを作成したりできます

4.歌詞のアニメーション|クリップスタジオのヒントジングル

サウンドを使用するクールな方法は、お気に入りの曲の歌詞をアニメーション化することです。
このチュートリアルでは、クリップスタジオコミュニティ用のジングルを作成しました:D
好きなテクニックを使って各単語をアニメーション化するだけです。

編集可能なテキスト効果の作成に関するヒントが必要な場合は、私のチュートリアルを読んでください▼

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/3043

アニメーションの時間を調整するために、各単語が含まれるフレームにタイムラインラベルを作成し、次にテキストレイヤーを作成して特定のフレームに配置しました。

良いヒントは、別のファイルで1つの単語をアニメーション化して、複雑なアニメーションを作成し、それをメインアニメーションのファイルオブジェクトとしてインポートすることです▼
■注:背景を透明にするには、[ツールプロパティ]パレットのレンダリングオプションでオブジェクトファイルの描画用紙を無効にしてください。

終わりに

さて、これでチュートリアルは終了です。複雑すぎないことを願っています。
サウンドを使用してアニメーションを作成してみてください
私のヒントのいくつかをあなたの作品に適用していただければ幸いです。
最も重要なことは創造的であることです。新しいことに挑戦することを恐れないでください。
またねご清覧ありがとうございました。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着