すばやく手を描く

371 view

前書き

こんにちは、私はクリスチャンです。このチュートリアルでは、私が特別に作成した簡単なテクニックで手を描く方法を学びます。手を描くことは一般的に最も複雑なものの1つであることを認めます。自分自身を向上させるために、個人的にはノート全体を特別に専用に描く必要がありました。岸本雅史のようなより大きなマンガ家でさえ、それが必ずしも容易ではなかったと認めている。

すぐに、簡単なアウトラインを使って手を描くことができるテクニックに移りましょう。

チュートリアルの完全なビデオ

https://youtu.be/uqw1dXuPImg

基本的なテクニック

ここでは、画像のように、一定の一貫性を保ちながら、一連の可変図形を次々に描画することは非常に複雑ではありません。

赤い点線の中線は中指の位置を示しますが、それは主に目安であるため、文字に従う必要はありません。

次の図のように、手ですばやく描く簡単な方法は、正方形を描き、指を表す棒を数本取り付けることです。

シンプルな3Dメソッド

このメソッドは、次の5つの要素に基づいています。
-緑:これは手の土台です
-赤:親指
-パープル:手首
-黄色:他の4本の指の位置
-青:前腕

逃げないでください。実際には見かけより簡単です。少し練習すれば、貴重な時間を節約できます。

特定の方法

ここでは、後ろから見て休んでいる手を引くちょっとしたコツがあります。描画を開始するには:
-赤:このタイプの六角形とそのすべての特殊性(斜線は上から下への指の方向を示し、水平線は親指の位置を示します)
-IN BLUE:手首
-紫:前腕

自分で判断する

オブジェクトを持っている手

オブジェクトを持っている手を描くには、上記の方法を組み合わせて楽しくする必要があります。次の2つの図に示すように、3Dと簡単なテクニックがあります。

結果

実装

まず、3D法でスケッチします。

次に、手全体に「フラット」カラーを配置し、レイヤーをロックします(CLIP STUDIO PAINTの「透明ピクセルをロック」)。

このチュートリアルでは、「グレースケール」メソッドを使用して手をペイントします。このメソッドがわからない場合でも、複雑ではありません。YouTubeで単純に検索すると、さらに多くのものが表示されますが、それは目的ではありません。このチュートリアルの

最後に、残りの作業の詳細、追加の要素、明るさ、背景色などを追加します...

そしてこれが最終結果です:)

このチュートリアルが複数の人に役立つことを願っています。質問がある場合は、ビデオ全体を見てコメントを残すことを忘れないでください...ありがとう:)

コメント

関連する記事

新着

公式 新着