空に要素を追加します!!

413 view

このアートのヒントへようこそ!今日は、このイラストを描いたビデオをコメントを付けてビデオで共有します。件名は空です。形状を使用して図面に要素を追加する方法に焦点を当てています。

何を描くべきかわからない場合でも、ランダムな形状を追加すれば、空白のページは要因にはなりません。それらが混ざり始めると、光と影を追加する場所が見つかり、言葉で表せない形が雲、木、岩、建物などに変わります。
あなたがそれを好き願っています!

https://www.youtube.com/watch?v=AGCG9XOZ6c8

詳しくは

これは、300 dpiの通常のA5ドキュメントのサイズです。必要に応じて72を使用できます(Webのみ)。

空をペイントするデフォルトのグラデーションがあります。色相の彩度とカラーバランスで色を変えることができます。また、独自の空のグラデーションを作成できます。開始する場合は、すべてを異なるレイヤーに保持することをお勧めします。

例:背景用、雲用、草用など。

雲はブラシの混合です。明確な境界線を持つ形状を定義するハードソリッドブラシ、トランジション用のソフトブラシ、ディテールとランダム性を追加するテクスチャブラシ。

描画の周りの色をいつでもカラーピックして何度も再描画できるため、詳細に必要なブラシを使用できます。
これらの他の例のように、形状は細部を細かくして、シンプルに保つのが好きです。

出発点としては、図面を3つの平面に分割することから始めてください(いくつになってもかまいません)。

この図では、暗いトーンが前面にあり、背面に向かって移動するにつれて明るくなります。この画像でわかるように、後で2つの新しいトーンが追加されます。

レイヤーマスクとクリッピングマスクは、特にこれらのグラデーションのようなソフトエッジの要素に色を追加する場合に、大きな違いを生む可能性があります。

そして、これが最終的なイメージです。この短いチュートリアルがあなた自身の図面を作るのに役立つことを私は本当に望みます。ごきげんよう。

コメント

新着

公式 新着