4.背景の着色

14,186 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

CLIP STUDIO PAINT Ver.1.10.10対応


人物と同様に、1コマ目、3コマ目の背景の着色を行います。


集中線を変更する

モノクロマンガ編で作成した[集中線レイヤー]を編集します。


1 [レイヤー]パレットの[コマ枠フォルダー]の横にある、[▼]をクリックして、フォルダーを開きます。


2 「濃い集中線(曲線指定)」レイヤーを選択し、[レイヤープロパティ]パレットの[表現色]を、[モノクロ]から[カラー]へ変更します。


3 [操作]ツールから[オブジェクト]サブツールを選択し、[ツールプロパティ]パレットを下図のようにします。

[カラーサークル]パレットで、[メインカラー]を濃いピンク色に変更します。[ツールプロパティ]パレットの[メインカラー]にも同じ色が反映されます。


【POINT】

上図の設定内容は、カラーマンガ用に集中線の表現を変更しています。『モノクロマンガ編』と同じ設定にしたい場合は、『CLIP STUDIO PAINTでマンガを描いてみよう モノクロマンガ編』→『背景のペン入れ』→『効果線のペン入れ』の設定を使用してください。

https://tips.clip-studio.com/ja-jp/articles/506


4 [ウィンドウ]メニュー→[サブツール詳細]を選択し、[サブツール詳細]パレットを表示します。


5 [サブツール詳細]パレットの[アンチエイリアス]から、[中]を選択します。


[アンチエイリアス]をオンにすることで、色の濃淡を表現できます。


【POINT】

[サブツール詳細]パレットでは、通常、[ツールプロパティ]パレットには表示されていない、ツールに関するすべての設定項目を編集できます。


6 集中線が完成しました。


流線を変更する

集中線と同様に、「流線」レイヤーを、カラーに変更します。


1 「流線」レイヤーを選択し、[レイヤープロパティ]パレットの[表現色]を、[モノクロ]から[カラー]へ変更します。


2 [カラーサークル]パレットから、濃い青色を選択します。[編集]メニュー→[線の色を描画色に変更]を選択します。


流線が[メインカラー]の選択色に変更されます。


3 [コマンドバー]の[特殊定規にスナップ]をオンにします。特殊定規に沿って描画を行い、流線を描き足します。


4 流線が完成しました。


デコレーションツールで着色する

2コマ目、3コマ目の背景に、[デコレーション]ツールで着色を行います。


<レイヤーの準備>

背景を描画するためのレイヤーを準備します。


1 [レイヤー]パレットから[用紙レイヤー]の[レイヤーの表示/非表示]をクリックし、[用紙レイヤー]を非表示にします。

[用紙レイヤー]を非表示にすることで、透明部分が市松模様で表示されます。


2 [レイヤーパレット]の「下描き」レイヤーを選択します。[レイヤー]パレットで[新規ラスターレイヤー]をクリックし、ラスターレイヤーを作成します。

作成したレイヤーのレイヤー名を「2・3コマ目背景」に変更します。


3 [ツール]パレットで[選択範囲]ツールを選択し、[サブツール]パレットで、[折れ線選択]を選択します。


4 [折れ線選択]ツールで2コマ目、3コマ目の範囲に沿った選択範囲を作成します。


5 [ツール]パレットで[サブカラー]の白を選択し、[選択範囲ランチャー]の[塗りつぶし]をクリックします。


2コマ目、3コマ目の範囲が、白で塗りつぶされました。


【POINT】

サブカラーの色が白になっていない場合は、サブカラー選択後に、[カラーセット]パレットや[カラーサークル]パレットで白を選択します。


6 [レイヤー]パレットで[新規ラスターレイヤー]をクリックし、ラスターレイヤーを作成します。

作成したレイヤーのレイヤー名を「2・3コマ目背景2」に変更します。


7 [レイヤー]パレットの[下のレイヤーでクリッピング]をオンにします。


[下のレイヤーでクリッピング]をオンにすることで、2コマ目の背景の描画を、白で塗りつぶした部分に制限します。


<2コマ目背景の描画>

2コマ目の背景には、[デコレーション]ツールを利用して、薔薇の花を描画します。


1 [ツール]パレットで[デコレーション]ツールを選択し、[サブツール]パレットで[効果・演出]→[薔薇]を選択します。

※作例で使用しているサブツールは、Ver.1.10.9以前に収録されていた初期サブツールです。

[ツールプロパティ]パレットで[ブラシサイズ]を「1000」、[粒子サイズ]を「800」に設定します。


[薔薇]ブラシのようなスプレータイプのブラシの場合、[ブラシサイズ]はパターンが散布される範囲、[粒子サイズ]は散布されるパターンそのものの大きさの設定値です。


2 [カラーサークル]パレットでメインカラーを選択し、描画色にピンクを設定します。また、サブカラーが白になっていることを確認します。

[薔薇]ブラシは、描画される薔薇模様の線の部分をメインカラー、塗りの部分にサブカラーを使用します。


3 2コマ目の背景として、キャラクターの足元に薔薇を描画します。

[薔薇]ブラシはランダムで薔薇の向きが変わる設定になっているので、大体の位置で描画します。思った向きで描画されなかった場合は[編集]メニュー→[取り消し]で操作を元に戻して、再度描画します。


4 [選択範囲]ツールから[投げなわ選択]サブツールを選択し、修正したい部分を囲みます。


5 [編集]メニュー→[変形]→[拡大・縮小・回転]を選択し、コマの形に合わせて少し拡大し、位置を調整します。

位置や大きさの調整が終わったら、ダブルクリックで変形を確定します。


6 拡大縮小が終わったら、[選択範囲]メニュー→[選択を解除]で選択範囲を解除します。


<3コマ目背景の描画>

3コマ目の背景は、[デコレーション]ツールの[雲ガーゼ]で質感を加えます。


1 [ツール]パレットで[グラデーション]ツールを選択し、[サブツール]パレットで[描画色から透明色]を選択します。


2 [カラーサークル]パレットで紫を選択し、コマの上から下方向に向かってグラデーションを描画します。


3 [ツール]パレットで[デコレーション]ツールを選択し、[サブツール]パレットで[カケアミ・砂目]→[雲ガーゼ]を選択します。

[ツールプロパティ]パレットで、[ブラシサイズ]を「700」に設定します。


4 3コマ目の背景に、濃い青で加筆します。


<背景色の塗り重ね>

1 [レイヤー]パレットで、[新規ラスターレイヤー]をクリックし、ラスターレイヤーを作成します。

作成したレイヤーのレイヤー名を「3コマ目塗り重ね」に変更します。


2 [レイヤー]パレットの[下のレイヤーでクリッピング]をオンにします。


3 [レイヤー]パレットで、[新規ラスターレイヤー]をクリックし、ラスターレイヤーを作成します。

作成したレイヤーのレイヤー名を「2コマ目塗り重ね」に変更します。


4 「2コマ目塗り重ね」レイヤーの[合成モード]を[乗算]に変更します。また、[下のレイヤーでクリッピング]をオンにします。


5 [エアブラシ]ツールのサブツール[柔らか]を使用し、「2コマ目塗り重ね」レイヤーにピンク色のグラデーションを描画します。

[ブラシサイズ]は「1200」程度に設定します。


6 [ツール]パレットで[厚塗り]ツールを選択し、[サブツール]パレットで[塗り&なじませ]を選択します。「3コマ目塗り重ね」レイヤーに薄い紫、白を塗り重ねます。

[ブラシサイズ]は200~300に設定します。


7 [レイヤー]パレットで[新規レイヤーフォルダー]をクリックします。作成したフォルダー名は、「背景」に変更します。


8 「背景」フォルダー内に2コマ目、3コマ目の背景を描画したレイヤーをドラッグ&ドロップし、「▼」をクリックしてフォルダーを閉じます。


9 [用紙レイヤー]の[レイヤーの表示/非表示]をクリックし、[用紙レイヤー]を表示にします。


10 2コマ目、3コマ目の背景が完成しました。

コメント

新着

公式 新着