ClipStudioを使用したライト/シャドウブレンドモードのテスト

333

みなさん、おはようございます。今回は、いくつかの設定を行っていたので、ちょっとした即席のチュートリアルかもしれませんが、とにかく基本的に、さまざまなブレンディングモードでライトレイヤーを変更することを検討しているので、始めましょう。
postdata:使用する基本図面は従来の図面であるため、デジタル図面との違いと、他のレイヤーへの影響を確認できます。

スペイン語版:

みなさん、おはようございます。今回は、いくつかの設定を行っていたので、ちょっとした即席のチュートリアルかもしれませんが、とにかく、基本的に、さまざまなブレンディングモードでライトレイヤーを変更することを検討しているので、始めましょう。
postdata:使用する基本図面は従来の図面であるため、デジタル図面との違いと、他のレイヤーへの影響を確認できます。

1.-利用可能な任意の画像を使用できます。この場合、このチュートリアルでは、従来の描画を使用できます。

スペイン語版:

1.-利用可能な任意の画像を使用できます。この場合、このチュートリアルでは、従来の描画を使用できます。

2.-光のレイヤーを追加します。つまり、明るい色またはお好みのペン「G」で描画された光の向きを追加します。

スペイン語版:
2.-光の層を追加します。つまり、明るい色またはお好みの「G」ペンで描画された明るい方向を追加します。

3.-不透明度を下げてみてください

スペイン語版:

3.-不透明度を低くします

4.-これまでのところ、位置によって光が前景にあり、対象者がその光の後ろにあるという考えが得られます。したがって、光に干渉せず、投影される影もありません。

スペイン語版:

4.-これまでのところ、位置によって光が前景にあり、対象者がその光の後ろにあるという考えが得られます。したがって、光に干渉せず、投影される影もありません。

5.-ここで、「組み合わせモード」オプションを使用します。これは、光が当たっているレイヤーにのみ適用されます。

スペイン語版:

5.-ここで、「組み合わせモード」オプションを使用します。これは、光が当たっているレイヤーにのみ適用されます。

(時間をかけて各ブレンドモードを試して、ライトを少し試してみてください)

スペイン語版:
(時間をかけて各ブレンドモードを試して、ライトを少し試してみてください)

6(オプション)-ブレンドモードを試した後、環境の暗さなど、少し詳細を追加できます。

スペイン語版:
6(オプション)-ブレンドモードを試した後、環境の暗さなど、少し詳細を追加できます。

これで説明が終わります。このチュートリアルは少し混乱するかもしれませんが、グラデーションモードまたは組み合わせモードのいずれかを使用して光または影で遊んでいるだけです。お役に立てば幸いです。心を残すことができます。

スペイン語版:

これで説明が終わります。このチュートリアルは少し混乱するかもしれませんが、グラデーションモードまたは組み合わせモードのいずれかを使用して光または影で遊んでいるだけです。お役に立てば幸いです。心を残すことができます。

コメント

新着

公式 新着