便利な集中線ツールですが、線が多くなると動作も重くなります。
そんな集中線ツールを軽くする方法です。

集中線のサブツール詳細の描画位置にある『コマ外まで延長』のチェックを外しましょう。
すると集中線の長さのパラメーター以上の線は描写されなくなり、動作が軽くなります。
もしそれで線の長さが足りない場合でも線の長さは後から変えることが出来ます。

また、集中線の初期設定においては線の『長さ』は短めに設定しましょう。
PCのスペックにもよりますが、1000~2000の設定の範囲であれば、
集中線の位置などの修正を連続で行うにも不自由なく動作が出来ると思います。