コミックアートの塗り絵機能

315

コミック アートの半リアルなイラストとは異なり、クリップ スタジオ ペイントのいくつかの効率的な機能を使用して時間を節約する方法を学ぶ必要があります。

このチュートリアルでは、コミックの特定のパネルをペイントする方法を説明します。

線画

バケツツールを使ってコミックを描くので、いつもきれいな線画からコミックアートを始めます。

カラーセットの作成

私は自分のコミック キャラクター用にカラー セットを作成します。これを行うことは非常に重要です。時間を大幅に節約し、一貫性を保つのにも役立つからです。

**ワークスペースのカラー セット アイコンをクリックします。

CSP にあるデフォルトのカラー セットが表示されます。

**設定アイコンをクリックして、独自のカラーセットを作成します。

**「新しいカラーセットを作成」をクリック

カラー セットに名前を付けると、次のように表示されます。

**色を選択し、下のアイコンを使用して色をセットに追加します。

あなたは終わった

着色工程

カラーセットができたので、使用する色を簡単に選択してイラストをペイントできます。
まず、バケツ ツールを使用してキャラクターの線画に色を追加しました。これは、特にコミック イラストの場合に多くの時間を節約できるためです。



このチュートリアルを確認できる塗りつぶしツールの詳細については、特に初心者にとって非常に役立ちます

ブレンド モードを乗算に設定して、柔らかいブラシでキャラクターのシェーディングを開始しました。

塗りつぶしツールを使用して、背景の建物に色を付け始めました

また、グラデーション消しゴムを使用して、ある程度のグラデーションで建物に影を付けました。

空には、clipstudioのデフォルトグラデーションを使用して、夜のようなグラデーションを空に追加しました。

注: グラデーションは一部のシーンを模倣するために使用され、使用中の時間を節約するのに役立ちます。グラデーションはフィルターとしても使用できます。

自然はあまり多くのパターンを明らかにしないため、ブレンドツールを使用してグラデーションの色を少し混ぜて、明らかなパターンを回避しました。

注: ブレンド ツールを使用して、2 つの色を混ぜ合わせることができます。

雲、空への窓、建物などの詳細をいくつか追加し始めました。

キャラクターや建物に反射光を加えて絵を明るくしましょう。

なげなわツールを使用して色を適用する場所をマークし、ハード ブラシを使用してマークした領域をペイントします。

注: なげなわツールは、影や光を適用するイラスト内の特定の場所を選択する場合に便利です。線のないアートイラストを行う場合にも重要です。

CSP のデフォルトのぼかしブラシを使用して、光を適用した場所のハード エッジをぼかして、立体的に見えるようにしました。

CSP には、グラデーション マップ、グレースケール、カラー ミキサーの使用など、より重要なペイント機能があり、使用するものはワークフローによって異なります。

そしてイラストの最終工程です。読んでくれてありがとう。

コメント

新着

公式 新着