半現実的なイラストレーションの機能

236

私のチュートリアルへようこそ。半現実的なイラストを描くときに重要な、クリップ スタジオのペイント機能に関する重要な情報を提供します。

このチュートリアルの最初のシリーズでは、半現実的なイラストに焦点を当てます。 CSP には、ワークフローに応じて半リアルなスタイルのイラストを実現するために使用できるペイント機能がたくさんあります。このペイント機能を使用してイラストを実現する方法を説明します。ペインティング。
イラストの段階的なプロセスをリストし、各プロセスで使用する機能について説明します。

線画

私はイラストをきれいな線画から始めるのが好きです。線画の目的は、イラストの各部分の形状を定義して、ペイント プロセスを容易にすることです。

ベースカラー

線画が完成したので、イラストにベースカラーを塗り始めました。
マジック ワンド ツールを使用して、ベース カラーを追加する領域を自動選択しました。

**注: 魔法の自動選択機能を使用する場合は、色を適用する領域をタップするだけで、自動的に選択されます。これらの機能は非常に効率的で、プロセスを高速化します。

図面の各部分のベースカラーを別のレイヤーに塗りました。これにより、レイヤーでの間違いを修正しやすくなり、レンダリングも簡単になります。

半現実的なイラストを実現したい線画の一部を消去しました。

線画を消す理由は、塗り残しがないか確認するためです。
ガウスぼかし機能を使用して、絵の端を少しぼかしました

**注: ガウスぼかし機能により、イラストのエッジが滑らかでリアルに見えます。

レンダリング

レンダリングに適したツールを知ることが重要です。たとえば、ソフト ブラシはハード ブラシとは異なる機能を持っています。さまざまなマテリアルをレンダリングするときに、このツールをいつ、どのように使用するかを説明します。

スキンペインティング

ブラシにソフト シャドウを追加するためにソフト ブラシを使用しました。また、指向性光源がないと想定しているため、スキンをペイントするときにキャスト シャドウを追加しませんでした。

キャスト シャドウを追加する場合にのみ役立つため、ハード ブラシは使用しませんでした。

新しいレイヤーを作成し、鼻や目など、肌の一部にいくつかのハイライトを追加し始めます。

シェーディングが終わったので、肌の色が少しくすんで見えるので少し調整したかったので、補正レイヤーを作成し、レイヤーの明るさとコントラストを調整しました。

オーバーレイ モードで設定された新しいクリップ レイヤーを作成し、暖かい色で肌をペイントしました。

これがプロセスの結果です。

髪の絵

私は自分のスタイルで髪を描きましたが、私はまだそのプロセスが役に立ったと信じています.


**注: 髪の毛の流れがわかるように、髪の毛の線画は消していません。

エアブラシで髪に陰影を付けて、全体的な形を整えることから始めました

新しいレイヤーを作成し、ハードブラシを使用して髪の一部に暗い影を追加しますが、後でデフォルトのぼかしブラシを使用してエッジをぼかします

髪にハイライトとストランドなどのディテールをいくつか追加しました

布と手袋の塗装

布のレンダリングについて特別なことは何もありません。この結果を得るために、ソフト シャドウをソフト ブラシでシェーディングし、折り目をハード ブラシでシェーディングしました。

立体的に見えるように衿の縁に陰影をつけました。

手袋:

デフォルトのマテリアル パターンを使用してグローブにテクスチャを追加しましたが、グローブも簡単にシェーディングできます。

**注: イメージ マテリアルは、CSP の重要なペイント機能の一部でもあり、イラストレーションにテクスチャを追加する際に重要です。CSP のデフォルトのものは別として、CSP アセット ストアでさまざまな他のものをダウンロードできます。

よりリアルにするために、指の各部分に影を追加し始めました。

手のひらを少し明るくし、グローブの他の部分を調整して最終的な結果を得ました.

鎧の塗装

私がペイントしたこのキャラクターの他の部分とは異なり、この SF アーマーのペイントには金属テクスチャ ブラシを使用しました。


**注: テクスチャ ブラシは、レンダリングするマテリアルのテクスチャを持つブラシです。
CSP には、アセットのさまざまなマテリアル用に無数のテクスチャ ブラシがあります

メタル テクスチャ ブラシを使用して、ベース レイヤの上にペイントすることで、鎧にテクスチャを追加しました。以下の違いを見ることができます

光沢のある金属をペイントするつもりはないので、反射光をあまり追加せず、代わりに鎧に映る布の影を追加しました.

ゴーグル塗装

ゴーグルは暖色系のグリーンで塗り、透明感が出るように不透明度を適度に下げました。

ゴーグルは肌に影を落とす必要があるため、ゴーグルのレイヤーを複製し (ブレンド モードを乗算に設定)、それを肌に変換して、ゴーグルの影を落とすようにしました。

次に、ゴーグルの端をハード ブラシでペイントして、立体感を出しました。

バックグラウンド

画像を暗くしてキャラクターの雰囲気を変えようとしたキャラクターが完成したので、これには2つの方法があります。最初のものは、修正レイヤーを作成し、レベル修正によって編集することですが、2番目のものを選択しました。他のレイヤーの上に新しいレイヤーを作成し、完全に暗い色で塗りつぶしてから、不透明度を下げます。

キャラクターの雰囲気の変化が見られます。

背景に 3D ファイルを使用し、同じプロセスを使用して暗くしました。

グローを追加するように設定されたブレンドモードで新しいレイヤーを作成し、アセットストアの直接線機能とhudxブラシを使用してポップアップウィンドウのようなものを描きました。

**注: 遠近法を使って何かを描いたり、イラストにすばやく図形を描いたりするには、直線ツールが非常に重要です。

歪曲変形ツールを使ってキャラクターの視点に合わせて変形させました。

SF のポップアップ ウィンドウは、必ずキャラクターに光を当てます。そのため、キャラクターに柔らかな光をペイントしました。

イラストレーションの最終結果は次のとおりです。

コメント

新着

公式 新着