レイヤーマスクを使いこなす1

170,115 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

[1]レイヤーマスクとは

レイヤー上の画像を、一部非表示にしてマスク(=隠す)できる機能です。


この機能を使用すれば、はみ出しなどの不要な部分を隠すことができるので、楽に彩色することができます。


[2]レイヤーマスクの作成方法

■選択範囲から作成する


レイヤーマスクを作成してみましょう。

基本的な作業方法として、まず表示させたい箇所、隠したい箇所の選択範囲を作成してからレイヤーマスクを作成します。


①レイヤーパレットからレイヤーマスクを作成したいレイヤーを選択します。


②[長方形選択]ツールを使用し、選択範囲を作成します。

※長方形選択ツール以外のツールや、[選択範囲]メニュー→[色域選択]などで選択した場合でも、以降の操作は同様です。


③[レイヤー]メニューから[レイヤーマスク]→[選択範囲外をマスク]もしくは[選択範囲をマスク]を選択します。


すると、選択していたレイヤーにレイヤーマスクが作成され、画像の一部が非表示になります。

レイヤーマスクのサムネイル上で黒く塗られている部分が、非表示になる範囲です。



■選択範囲を作成しないでレイヤーマスクを作成


選択範囲がない状態でレイヤーマスクを作成すると、下図のようにすべてがマスクされるか、何もマスクされずに作成されます。


【POINT】レイヤーパレットからレイヤーマスクの作成

レイヤーパレットの下にある[レイヤーマスクを作成]をクリックするとレイヤーマスクを作成することができます。

選択範囲がある場合は 選択範囲外がマスクされ、選択範囲がない場合は、何もマスクされずにレイヤーマスクだけが作成されます。


[3]レイヤーマスクに描画

レイヤーマスク作成後は描画するようにマスクする箇所を変更できます。



■表示箇所を足す


透明色以外の色で描くと表示箇所を足す(=マスクする範囲を消す)ことができます。


①[レイヤー]パレットの[レイヤーマスク]サムネイルをクリックして選択します。

選択すると、サムネイルが2重線で囲まれます。


②[ツール]パレットから描画系のツールを選択します。

今回は[ペン]ツールを選択しました。


③描画色に透明色以外を選択します。


④キャンバスに描画すると、表示箇所が足されます。



■非表示箇所を足す


[消しゴム]ツール、もしくは透明色で描画すると、マスクされる範囲を足すことができます。


①[レイヤーパレット]から[レイヤーマスク]を選択します。

②[ツール]パレットから[消しゴム]ツールを選択します。


③[ペン]ツールなどの描画ツールを使う時は、描画色に透明色を選択します。


④キャンバスに描画すると、非表示箇所が足されます。



■描画ツールで高度な編集


マスクへの描画は[デコレーション]ツールや[筆]ツールを使用すると、変わった形や濃淡のついたマスクに変更することができます。


[デコレーション]ツール


[筆]ツール



■選択範囲で表示・非表示


選択範囲内を塗りつぶしたり削除したりすることで選択範囲の形でマスクを変更することができます。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着