アニメーションをアップグレード: シンプルな魔法の効果! ✨ 😎

377

GPx

GPx

イントロ (¬‿¬)

すでにアニメーションを作成したことがある場合は、主に描画速度、精度、および勤勉さが必要であることがわかります 😓 😓 。通常、許容できる結果を得るには、多くの練習や特別なテクニックが必要です。
そのため、このチュートリアルでは、通常は実行が困難で複雑ないくつかの動きの滑らかで詳細なアニメーションを簡単に作成するための素晴らしいテクニックをいくつか紹介します.

そうは言っても、以下のアニメーションを実行します 👇

ただし、先に進む前に、このチュートリアルやその他の目的で使用できる一連のブラシ セットへのリンクを次に示します。

ウォーターセット: https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1986288 https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1986288
ファイヤーセット: https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1984186 https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1984186
ライトニング セット: https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1987455 https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1987455
ライトセット: https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1988891 https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1988891

I. シンプルなマジック ボールのアニメーション化: 火、水、稲妻。 ╰(*°▽°*)╯

私がこれらに使用する方法は、主に 4 つのステップに分けることができます。
-テクスチャの作成
-テクスチャを 3D プリミティブに適用する
- 3D プリミティブからフレームを抽出し、
- フレームにディテールを追加

I.I: テクスチャの作成 (^_^)

最初に行うことは、正方形のキャンバスを作成することです。 「ファイル」-「新規」-「イラスト」に移動し、「正方形」プリセットを選択します。カスタム プリセットを使用することもできますが、面積は正方形に相当する値を維持することをお勧めします。

次のステップでは、カスタム ブラシ (推奨) またはその他の適切なブラシを使用して、キャンバスに目的の要素を描画します。

次に、他の不要なレイヤーがある場合は、その可視性をオフにします (オフに切り替えます) (すべてが明確であることを確認するために、紙のレイヤーまでそうするのが最善です)。

素材カタログに画像素材を登録します。 「編集」→「素材登録」→「画像...」

I.II: テクスチャを 3D プリミティブに適用します ( ̄o ̄) .グーグー

マテリアル カタログから 3D プリミティブを取得し、キャンバスにドラッグ アンド ドロップします。 (※3D素材はアニメーションフォルダに入ると出てこないので入れないでください)
次に、「ツール プロパティ」(1) ウィンドウで「3d プリミティブ テクスチャ」を確認します。 (2) 「マテリアル」(3) をクリックし、用意したテクスチャを選択します。 name(4) や you(5) に関連付けられたタグを使用して簡単に検索できます。

再びツール プロパティ ウィンドウで、下にスクロールして「光源 (1) を適用」と「地面に影を落とす」をオフにします。

次のステップは、自分に適した方法で球体のテクスチャを調整することです。そのためには、「アルファ」👌 (1) 設定と「テクスチャ設定」✨ .(2 & 3) の 2 つの主な設定が必要です。

1.アルファ設定ಠ_ಠ

アルファ設定では、「不透明」(1)、「しきい値で削除」(2)、および「半透明」(3) があります。これらにより、テクスチャと用途のより優れた、より多様な表示が可能になります。

- たとえば、「しきい値で削除」は、テクスチャを下にある球の色とブレンドすることで鮮やかな性質を表現するため、火に適しているように見えます。
-「不透明」は球全体とその色を保持します。
- および「半透明」はテクスチャのみを表示します。

2:テクスチャ設定ლ(╹◡╹ლ)

ここで、縮尺率により、プリミティブに表示されるテクスチャの方法またはサイズを変更できます。
「縦横比を維持する」がチェックされている場合、異なる値は以下のようになります 👇

注* 3 つの球体はすべて同じサイズですが、テクスチャ スケールの値が異なります

オフの場合、値を変更するとテクスチャが引き伸ばされ、以下のように動きがシミュレートされます。 👇

ただし、これはテクスチャを伸ばすだけで (「スカッシュ & ストレッチ」を追加すると便利です)、実際には動かしません。

移動するには、テクスチャの「位置」に移動する必要があります。その名前が示すように、3D プリミティブに沿ってテクスチャを移動するのに役立ちます。
左から右へ (W を増やす) または右から左へ (W を減らす) および上 (H を減らす) または下 (H を増やす) の移動

テクスチャの「位置」について注意すべき点は、範囲が「-100」から「0」、そして「100」に戻ることです。これら 3 つの値のテクスチャは、元の位置に戻ったものと同じです。

上から「画像を移動する」方法を知っているので、アニメーションプロセスがどのようになるかは半分明らかなはずです.

I.III: 3D プリミティブからフレームを抽出します。 (⌐■_■)

テクスチャ 👆 👆 👆 を移動する方法は既にわかっているため、... 3D プリミティブ テクスチャの移動 (フレーム) ごとに、3D プリミティブ レイヤー(1) を複製し、複製を「ラスタライズ」します。その後、アニメーション フォルダー (2) に挿入して、アニメーションのフレームとして機能させることができます。

以下のモーションは、「スケール比」(W) を大きくして薄く見えるようにし、「位置」(W) を大きくしてテクスチャを左から右に移動させて作成しました。

アニメーションに追加できるもう 1 つの効果は、増加するボールの感覚です 👇 。これを行うには、フレームを記録するとき、またはスケーリングしてから「オブジェクト スケール」を変更します。

-前に行うということは、それに関連する追加の効果もスケーリングする必要があることを意味します
-その後、追加されたエフェクトと一緒にスケーリングします。

テクスチャ スケール比と同様に、オブジェクト スケールも不均一に調整して、球体を楕円形に変更できます。これは、ウォーター ボール マジックをアニメートするときに非常に重要になります。

I.IV: フレームに詳細を追加します。 🤞 😉 ✌

上記がプリミティブ テクスチャだけではないことは、今では明らかなはずです🤔.アニメーションをわかりやすくするために、下の画像をご覧ください 👇

最初のものは以前のローテーションからのものです。

一方、2番目は、コアを描画してから、2回または3回繰り返し回転して、停滞しているように見えないようにする必要がありました。 (モーションは 2 ~ 3 フレームごとに繰り返されます)
しかし、私は上記のセットからカスタム ブラシの 1 つを積み重ねて、最終的にその効果を得ることができました。

3 つ目は、フレーム上で画像を回転させるなど、上記では行っていないと言ったことです。
-これを行うには、画像を描画してから複製します。
-複製に移動してから変換します (ctrl+T デフォルトのショートカット)
・ツールプロパティの「回転角度」を確認し、画像を回転させます。
回転を取得するには、連続するフレームに対してこれを行います。

注* タイムラインで最初の画像を複製すると、回転は 10-20-30 のようになりますが、タイムラインの前のフレームを複製する場合は、10-10-10 のような値を使用する必要があります。 ..

もちろん、アニメーション フォルダのブレンド モードは最後に適切に変更する必要があります。

上のアニメーション 👆 は、アニメーション フォルダでソフト ライト(1) と ライトニング(2) のブレンド モードを使用して作成されています。

下の 👇 は、ソフトライト(1) を使用し、グロー(2) を追加したものです。

ここでは、hue (1) と add(2) を使用しました

増加するボールをエミュレートするには、新しいフォルダー (1) を作成し、スケーリングするフレームに移動します。他のすべてのレイヤーをオフにしてそれらをマージし、「可視レイヤーをマージ」を使用してアニメーションの単一レイヤーバージョンを取得します(2)。
次に、各フレームに移動し、変換 (ctrl + T) を使用してサイズを増減します。

IV:ウォーターボールとライトニングボール✍(◔◡◔)

上記の方法を使用して水と稲妻をアニメートすることには、大きな違いはありません。それらのさまざまなプロパティに注意して、上記の設定でそれらをエミュレートする作業を行ってください。

各要素を組み合わせるとわかるように、滑らかで鮮やかなアニメーションが得られます

前述のように、球体を不適切にスケーリングすると、アニメーションにまったく新しい感覚が生まれます。

ノート;球体に詳細が追加されるにつれて値を追跡することが難しくなりますが、対応するフレームの値を脇に記録するだけでそれを克服できます。 (サードパーティ プログラムまたは別のレイヤーのいずれか)

Ⅱ.流れる水のアニメーション( ͡ಠ ʖ̯ ͡ಠ)

上の球体の周りのストリップをアニメートするのは難しいように思えるかもしれませんが、実際には定規を利用するちょっとしたトリックです。定規について何も知らない場合は、以下のリンクを確認してください。

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/3453 https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/3453

したがって、最初に行うことは、別のレイヤー(1 👇 )に適切な定規(「曲線定規」を使用)を使用して水の形状/経路を描き、「2」 👇 👇 を右クリックして変更することです。定規の可視性を「すべてのレイヤーで表示」します。

次に、タイムライン フレームとカスタマイズしたペンを使用して、リングを少し進めながら、フレームごとに定規の周りに水を描きます。例えば、
- フレーム 1 の場合、ポイント 1 で開始および終了
- フレーム 2 の場合、ポイント 2 で開始および終了
- フレーム 3 の場合、ポイント 3 で開始および終了します。ポイントが近ければ近いほど、モーションはスムーズになります。

最後のステップは、「選択ブラシ」を使用して、通常は球の後ろに表示される領域を選択し、各フレームでソフト消去します。

そして出来上がり! (〜 ̄▽ ̄)〜(〜 ̄▽ ̄)〜

コメント

新着

公式 新着