ベジェ曲線(3次ベジェ)の使い方

75,274 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

CLIP STUDIO PAINT Ver.1.9.9対応


ベジェ曲線は、「どれくらいのカーブを持つ曲線か」を複数の制御点(通過点と方向点)を使って作成する曲線です。

フリーハンドで描く曲線よりもなめらかな曲線を描きたいときなどに役立ちます。


連続曲線(2次ベジェ)の使い方は以下で解説しています。

https://tips.clip-studio.com/ja-jp/articles/1029


[1]3次ベジェのしくみ

3次ベジェは複数の制御点(通過点と方向点)で構成される曲線です。

ベクターレイヤーで使用し、いったん線を描画してから通過点、方向点を調整します。

※ラスターレイヤーで使用した場合は、一度描画した線の通過点と方向点は調整できません。


[ツール]パレットで[図形]ツールを、[サブツール]パレットで[ベジェ曲線]サブツールを選択します。


※[ベジェ曲線]サブツールは、初期設定で指定方法が[ドラッグで指定]になっています。

[クリックで指定]になっている場合は、2次ベジェと同じ操作になり、本講座と同じ操作ができません。


[2]基本的な線の描き方

 直線・折れ線を描く

通過点をクリックで指定すると、方向点が設定されず、通過点の間は直線で結ばれます。最後の通過点でクリックしたら[Enter]キーを押して確定します。

※キャンバス外をクリックすることでも、確定できます。


 曲線を描く

通過点を指定しながらドラッグすることで、方向点を設定できます。

ひとつめの通過点から伸びる線は方向点の方向と長さに応じて曲線を描きます。

ふたつめの通過点をドラッグして方向点を設定した後、[Enter]キーで確定すると1本の単純な曲線が描けます。


ふたつめの通過点をドラッグして方向点を設定した際、ドラッグした側と、反対側とに方向点が設定されます。ドラッグした側に作られる方向点が、次に描く曲線のための方向点です。


 曲線の方向を切り替える

[alt]キーを押しながら方向点をドラッグすることで、通過点の[角の切り替え]ができ、方向線をひとつずつ編集できます。

ふたつめの通過点から伸びる方向点を編集したため、角の付いた曲線が作成できました。


ドラッグによる曲線の描画中、直前の通過点をクリックすると方向点を切ることができ、直線が引けます。

クリックによる直線の描画中、直前の通過点をドラッグすることで方向点を追加し、曲線が引けます。


【POINT】

ベジェの操作はアンドゥすることができません。

ベジェ曲線を操作中は[Delete]/[BackSpace]キーまたは右クリックで制御点の設定をひとつずつさかのぼることができます。


 作成中のベジェ曲線の調整

ドラッグ、クリックによる描画中に、[Space]キーを押している間は通過点の位置を移動させることができます。


すでに描画した曲線上をクリックすることで、通過点の追加・削除ができます。

ドラッグしながら追加すると、方向点も同時に設定できます。

※[サブツール詳細]パレットの[連続曲線]→[作成途中の制御点の追加・削除]オプションで、機能のオン・オフが切り替えられます。



キーボードの修飾キーを使用することで、さらに細かく作成中のベジェ曲線を調整することができます。


[ctrl]キー(Mac、iPadでは[command]キー)を押下すると、すでに描画した通過点・方向点を編集できます。


[alt]キー(Mac、iPadでは[option]キー)を押下すると、すでに描画した通過点・方向点の[角の切り替え]ができます。

曲線の通過点を、[Alt]キーを押しながらクリックすると、角になります。


角の通過点(直線の通過点)を、[Alt]キーを押しながらドラッグすると、曲線に切り替えた上で方向線を編集できます。


[alt]キーを押しながら方向点をドラッグすることで、方向線をひとつずつ編集できます。


[3]制御点の調整

ベクターレイヤー上で線画を描いている場合、後から通過点や方向点を調整して線の形を整えられます。


[操作]ツールのサブツール[オブジェクト]を使って線画を選択すると、通過点と方向点を再調整できます。


■曲線の調整

曲線と曲線の間にある通過点には左右に方向点が伸びています。

どちらかの方向点の位置を調整すると、反対側の方向点が点対称に動きます。

方向点は曲線の頂点の位置を表します。


■直線の調整

直線の端にある通過点を移動すると、直線の長さと方向を調整できます。



[線修正]ツールの[制御点]サブツールでは、より細かく制御点の編集が行えます。


[角の切り替え]を通過点に行うと、通過点から伸びるふたつの方向点が同時に切り替わります。


[角の切り替え]を方向点に行うと、方向点をひとつずつ編集できるようになります。


【POINT】

ベジェ曲線サブツールについて、詳しくは以下のリファレンスガイドをご覧ください。

https://www.clip-studio.com/site/gd/csp/manual/userguide/csp_userguide/510_tool/510_tool_figure_curve_continuous_property.htm


制御点によるベジェ曲線の編集方法について、詳しくは以下のリファレンスガイドをご覧ください。

https://www.clip-studio.com/site/gd/csp/manual/userguide/csp_userguide/500_menu/500_menu_layer_new_vector_edit_senshusei.htm

コメント

関連する記事

新着

公式 新着