様々なツールを使って表情の違う雲を描く

1,797 view

ファンタジーな背景を描くためには空も大事な要素だと思います。
ここでは雲の描き方を説明していきます。
使用するツールやブラシを変えることによって色んなタッチの雲を描くことができます。

雲は下塗りレイヤーと影レイヤーの計2枚のレイヤーを使って描きます。

下塗りレイヤーにクリッピングして影を塗っていきます。

A.油彩

立体感のある雲です。

1.まず平筆で大まかな形をとります。短い線を何本も描くイメージで描き込んでいきます。
2.ガッシュでさらに描きこみます。
3.影を塗ります。ガッシュの細筆を使います。
4.ガッシュとガッシュ細筆で影をなじませます。右下から左上へ半円を描くように筆を動かします。
5.下塗りレイヤーに加筆をしたり透明色で削ったりして形を整えます。
ガッシュ、ガッシュ細筆、ドライガッシュ、点描を使いました。
6.仕上げをします。左側にさらに加筆して立体感を強調させました。
影もプラスしました。ほんの少しなじませで部分的に輪郭をぼかしたら完成です。

B.水彩

ふんわり滑らかな雲です。

1.まず不透明水彩で大まかな形をとります。筆を横に動かして描きます。
2.不透明水彩と透明水彩でさらに描き込みます。
3.不透明水彩で影を塗ります。
4.不透明水彩と透明水彩で影をなじませます。少し影が濃かったので水色をプラスしてなじませました。
5.下塗りレイヤーと影レイヤーに加筆して形を整えます。不透明水彩、透明水彩、塗り&なじませを使用しました。
影の色をさらに水色にして爽やかな雰囲気にしました。筆を横に動かして雲の形を空になじませて完成です。

C.投げ縄

デフォルメの効いた雲です。

1.投げ縄ツールを使って下塗りをします。楕円をいくつかつなげたような形を意識します。
2.投げ縄ツールで影を塗ります。少し平べったい形を意識します。これで完成です。

D.チョーク

ブラシの形状をいかした雲です。

1.まず大まかな形をとります。
2.点を打つようにブラシを動かしながら形を整えます。
3.影を塗ります。点を打つように筆を動かします。これで完成です。

E.粗い水彩

ブラシの形状をいかした雲です。

1.まず大まかな形をとります。短い線を何本も重ねるイメージで描きます。
2.さらに描き込みます。
3.影を塗ります。点を打つようにブラシを動かします。
4.下塗りレイヤーと影レイヤーに加筆して形を整えます。立体感を意識します。これで完成です。

以上で今回のメイキングは終了です。
ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメント

関連する記事

新着

公式 新着