①1枚のイラストをアニメーションにする

379,083

ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

CLIP STUDIO PAINT Ver.1.9.14対応

 

CLIP STUDIO PAINTのアニメーション機能を使って、アニメーションを作ってみましょう!

この講座は、はじめてアニメーションを作る人に向けた、アニメーション・トレーニング講座です。

 

 

 

ひとつめのトレーニングでは、1枚のイラストにアニメーションを付け加えます。

覚える機能:アニメーションフォルダー、タイムラインパレット

 

【POINT】スマートフォン版の場合

スマートフォン版のCLIP STUDIO PAINTはアニメーションを作るために、パレットバーのカスタマイズが必要です。

以下の手順で、[タイムライン]パレットを追加します。

 

[1]イラストを描く

①はじめに、CLIP STUDIO PAINTでイラストを描きます。

(すでに描いてあるイラストをCLIP STUDIO PAINTで開いて使用しても構いません)

 

②[レイヤー]パレットで[新規ラスターレイヤー]を2回クリックして、新規レイヤーを2枚作成します。

この2枚のレイヤーでアニメーションを作ります。

 

③分かりやすいよう、それぞれのレイヤー名をダブルクリックして「1」「2」と変更します。

 

④「1」レイヤーに、動かしたい絵を描きます。

 

⑤続いて「2」レイヤーにも、動かしたい絵を描きます。

※編集しない「1」レイヤーは、[レイヤー]パレットの目のアイコンをクリックして非表示にできます。

 

少し形の違う絵が描かれた、「1」「2」レイヤーが描けました。

 

[2]アニメーションにする

①[アニメーション]メニュー→[アニメーション用新規レイヤー]→[アニメーションフォルダー]を選択して、アニメーションフォルダー「フォルダー 1」を作成します。

 

②[レイヤー]パレットで「1」「2」レイヤーを選択して、「フォルダー 1」へドラッグ&ドロップして格納します。

 

アニメーションフォルダーに格納すると、2枚のレイヤーは非表示になります。

 

③[ウィンドウ]メニュー→[タイムライン]を選択して、[タイムライン]パレットを表示します。

 

④[タイムライン]パレットの[新規タイムライン]をクリックします。

 

 

 

⑤表示される[新規タイムライン]ダイアログで、[フレームレート]を「8」、[再生時間]も同じく「8」に設定して[OK]を押します。

 

【POINT】

初期設定の再生時間は、「4秒間」に設定されています。

今回は再生時間が「1秒間」のアニメーションになるよう設定します。

※「フレームレートと再生時間」について、詳しくは以下で説明しています。

 

「タイムライン1」が作成されました。

 

⑥「タイムライン1」の一番左の「1」フレーム目を右クリックしてメニューを表示します。

 

⑦表示されたメニューから「1」を選択すると、「タイムライン1」に「1」レイヤーが指定されます。

 

⑧続いて、「タイムライン1」の中央を右クリックして、「2」レイヤーを選択します。

 

「タイムライン1」に、「1」「2」レイヤーが指定されました。

※このとき、、全8フレームのちょうど中間になる「5」フレーム目に指定した場合、「1」レイヤーと「2」レイヤーが同じ間隔で切り替わります。

 

[3]完成!

[タイムライン]パレットの[再生/停止]をクリックすると、アニメーションが再生されます。

 

アニメーションが完成しました!

※GIFアニメに書き出しています。

 

[ファイル]メニューから、[アニメーション書き出し]→[アニメーションGIF]を選択すると、GIFアニメーションとして書き出せます。

 

 

 

トレーニング①は以上です。

 

ふたつめのトレーニング

 

みっつめのトレーニング

 

4つめのトレーニング

 

もっと詳しくアニメーション機能を学ぶなら

CLIP STUDIO PAINTのアニメーション機能について、もっと詳しく知りたい場合は、以下の講座をご参照ください。

コメント

新着

公式 新着