③カメラワーク機能でキャラクターを動かす

160,193
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

CLIP STUDIO PAINT Ver.1.9.14対応


CLIP STUDIO PAINTのアニメーション機能を使って、アニメーションを作ってみましょう!

この講座は、はじめてアニメーションを作る人に向けた、アニメーション・トレーニング講座です。


ひとつめのトレーニング

ふたつめのトレーニング


みっつめのトレーニングでは、キーフレームを使って1枚のイラストを動かすアニメーションを作成します。

覚える機能:レイヤーのキーフレームを有効化


【POINT】スマートフォン版の場合

スマートフォン版のCLIP STUDIO PAINTはアニメーションを作るために、パレットバーのカスタマイズが必要です。

以下の手順で、[タイムライン]パレットを追加します。


[1]イラストを描く

①はじめに、CLIP STUDIO PAINTでイラストを描きます。

(すでに描いてあるイラストをCLIP STUDIO PAINTで開いて使用しても構いません)

この1枚のイラストで、アニメーションを作ります。


[2]タイムラインを作成する

①動かしたいイラストのレイヤーが分かれていた場合は、1つのレイヤーフォルダーに格納します。


②[ウィンドウ]メニュー→[タイムライン]を選択して、[タイムライン]パレットを表示します。


③[タイムライン]パレットの[新規タイムライン]をクリックします。


④[フレームレート]と[再生時間]を設定します。

[フレームレート]を「8」、[再生時間]をフレームレートと同じ「8」に設定して、1秒間のアニメーションにします。


⑤設定して[OK]をクリックすると、「タイムライン 1」が作成されます。


[3]キーフレームを追加する

■ひとつめのキーフレーム


①[タイムライン]パレットの、[レイヤーのキーフレームを有効化]をクリックします。


②[タイムライン]パレットで、先頭の「1」フレーム目を選択します。


③[ツール]パレットから[操作]ツールを選択して、[サブツール]パレットで[オブジェクト]サブツールを選択します。


④キャンバスにハンドルが表示されます。


[オブジェクト]サブツールで、ハンドルをドラッグするとレイヤーが変形して表示されます。

上部のコントロールポイントで回転、四隅のハンドルで拡大・縮小ができます。


⑤ハンドルを操作して変形を加えると、[タイムライン]パレットの「1」フレーム目に[キーフレーム]が追加されます。



■ふたつめのキーフレーム


①次に、別のフレームを選択します。ここでは、全8フレームのちょうど中間になる「5」フレーム目を選択しました。


②[オブジェクト]サブツールで、ハンドルをドラッグして変形を加えます。


変形を加えると、[タイムライン]パレットの「5」フレーム目に[キーフレーム]が追加されます。


【POINT】

追加したキーフレームは、カーソルでクリックすることで選択できます。

キーフレームの位置をドラッグして、他のフレームへ移動させることができます。



■キーフレームの複製


キーフレームの内容は、コピーして他のフレームに貼り付けることができます。


①「1」フレーム目に追加したキーフレームを選択します。


②右クリックしてメニューを表示して、[コピー]します。


③最後のフレームである「8」フレーム目を選択します。


④右クリックでメニューを表示して、[貼り付け]します。


「8」フレーム目に、キーフレームを貼り付けられました。

キャンバスのイラストも「1」フレーム目に追加したキーフレームと同じ状態に変形しています。


[4]完成!

[タイムライン]パレットの[再生/停止]をクリックすると、再生されます。


アニメーションが完成しました!

先頭と最後のキーフレームで同じ形に変形しているので、くり返すループアニメーションになっています。

※GIFアニメに書き出しています。


[ファイル]メニューから、[アニメーション書き出し]→[アニメーションGIF]を選択すると、GIFアニメーションとして書き出せます。



トレーニング③は以上です。



<トレーニング②と③の応用>

トレーニング②で作成した「2枚の絵を動かすアニメーション」にも、[キーフレーム]は追加できます!

2枚の絵が交互に表示されるアニメーションが、より滑らかに動いて見えるようになります。


4つめのトレーニング


もっと詳しくアニメーション機能を学ぶなら

CLIP STUDIO PAINTのアニメーション機能について、もっと詳しく知りたい場合は、以下の講座をご参照ください。

コメント

新着

公式 新着