⑤アニメーションに音声をつけよう

2,810

ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

CLIP STUDIO PAINT Ver.3.0対応

 

CLIP STUDIO PAINTのアニメーション機能を使って、アニメーションを作ってみましょう!

この講座は、はじめてアニメーションを作る人に向けた、アニメーション・トレーニング講座です。

 

ひとつめのトレーニング

ふたつめのトレーニング

みっつめのトレーニング

よっつめのトレーニング

 

今回のトレーニングでは、みっつめのトレーニングで作成した魚が動くアニメーションに音声を追加します。

覚える機能:オーディオトラック、クリップの操作、フレーム移動時に音声を再生(オーディオスクラブ)

 

キャラクターの動きに合わせて効果音を付けてみましょう。

 

[1]オーディオファイルを読み込む

③で作成したアニメーションのCLIPデータを開きます。

[ファイル]メニュー→[読み込み]→[オーディオ]を選択し、任意のオーディオファイルを読み込んで、[タイムライン]パレットにオーディオトラックを追加します。

タイムラインにオーディオトラックが作成され、音声を追加できました。

読み込めるオーディオファイルは、8bitまたは16bitで非圧縮のwav形式・MP3形式・Ogg形式です。なお、タイムラインが無効の場合は、オーディオファイルを読み込めません。

キャンバスにドラッグすることでも、オーディオファイルを読み込めます

 

[2]音声の位置を調整する

オーディオファイルを追加すると、オーディオトラック上にクリップが作成されます。

クリップとは、アニメーションの編集単位です。

[タイムライン]パレットで選択したいクリップの上側をクリックします。クリップを選択できる部分にマウスカーソルを合わせると、マウスカーソルの形状が手のひらに変わります。

クリップの上部のバーをクリックすると選択され、青く表示されます。クリックして掴んだままドラッグすることで、左右に移動できます。

今回調整するのはオーディオクリップですが、オーディオ以外の他のクリップも同様の操作で編集できます。

音声を鳴らしたいタイミングの位置に、クリップを移動しましょう。

オーディオトラックには、複数のオーディオファイルが読み込めます。

ただし、同じタイミングで複数のオーディオファイルを再生したい場合は、再生したいオーディオファイルの数だけ、オーディオトラックを作成してください。

 

フレーム移動時にオーディオを再生-Ver.3.0以降-

CLIP STUDIO PAINT Ver.3.0以降では、 [フレーム移動時にオーディオを再生](オーディオスクラブ)を使うことで、より簡単にアニメーションの動きと音声を合わせて編集することができます。

 

[アニメーション]メニューから [フレーム移動時にオーディオを再生]にチェックを入れると、フレームの移動に合わせて音声が再生されます。

 

[3]完成!

[タイムライン]パレットの[再生/停止]をクリックすると、再生されます。

動きに合わせて音声がついたアニメーションが完成しました!

[ファイル]メニューから、[アニメーション書き出し]→[ムービー]を選択すると、MP4形式(拡張子:mp4)として書き出せます。

MP4形式の他にも、WindowsではAVI形式(拡張子:avi)、macOSの場合はQuickTime形式(拡張子:mov)としても書き出せます。

 

アニメーション・トレーニング講座は以上で修了です。

 

もっと詳しくアニメーション機能を学ぶなら

CLIP STUDIO PAINTのアニメーション機能について、もっと詳しく知りたい場合は、以下の講座をご参照ください。

ユーザーガイドはこちらをご覧ください。

コメント

新着

公式 新着