漫画や同人誌を印刷するためのヒントとコツ

17,622 view

こんにちは!
私のステージ名はYunuyeiです。このチュートリアルでは、マンガや同人誌を印刷するためのヒントやコツを紹介します。

チュートリアルは主に典型的な「白黒」マンガを印刷することを目的としており、カラーページには少し異なる設定が推奨されることに注意してください。

ダイの基本

基本から始めましょう。

最初のマンガ/同人誌を印刷する前に、まず自分の作品を印刷したい形式に注意する必要があります。

したがって、Clip Studioでマンガを作成することができます。つまり、印刷に適しています。
EXバージョンを所有している場合は、「コミック」、「ファンジンの印刷」、「すべてのコミック設定を表示」のいずれかを選択できます。
デフォルトでは、Comicオプションと次のオプションを選択します。

圧力については
-サイズ
-トリミング
- 解決
特定の関連性の。

サイズにより、マンガ/同人誌の印刷形式が決まります。

トリムは、「スピードカメラ」とも呼ばれる白いエッジがないことを保証する安全エッジです。
疑わしいとは異なり、ページは適切なサイズのシートに印刷されるのではなく、大きな用紙に他のページが一緒に印刷されるためです。
印刷後、レーザーを使用して適切なサイズにカットされます。これは100%正確に動作しないため、「ブリード」または「ブリード」に対応する耐障害性があります。
そのため、ページの周囲に白い境界線を描くことはお勧めできません。これは、レーザーが正確に機能しなかった場合に印刷物に見えるからです。

印刷会社と国によって、トリムは2mm〜5mmの間で異なります。したがって、印刷する前に印刷する場所を決定するのが最善です。

トリミングとサイズとは別に、解像度も重要です。

カラーコミックの解像度はminにする必要があります。 300から最大600 dpi。

白黒漫画の解像度は最小にする必要があります。 600 dpi-最大1200 dpi。

私自身はマンガに1200 dpiを使用しています。

フレーム/ガイド

印刷の基本を理解したので、コミックページのガイドを理解しやすくなります。

各マンガ面には、4つのフレームがあります(チュートリアル用に色付けされています)。

外側の青いフレームにより、トリムを超えて作業できるようになり、白いスピードカメラが発生しなくなります。ただし、このフレームは純粋な「作業スペース」と見なすことができるため、エクスポートしないでください。あなたはプログラムで働いている場合、彼はあなたへの唯一の助けです

濃い赤のフレームはクロップです。マンガをプリンターに送りたい場合は、同梱する必要があります!

明るい赤のフレームは、マンガの最終的なサイズを示しています。ここで見ることができるものはすべて、印刷版で間違いなく見つかります。

ただし、テキストや重要な要素を端に配置しすぎないように注意する必要があります。特に大きな作品では、製本の画像やテキストの要素が消えて読みにくくなる可能性があります。

そのため、テキストと重要な画像要素が「安全」な場所を示す緑色のフレームがまだあります。

ここに、フレーム/ガイドの原理をより良く説明するためのいくつかの例を示します。

これは、プログラムでページがどのように見えるかです(フレームは色付けされています):

ここでは、トリミングを含むマンガページが表示されます。

印刷された形式で表示される完成したマンガページ:

ヒント:このページでわかるように、右側にパネルが緑色のセキュリティゾーンで終わるようにレイアウトしました。
このページの製本は右側にあるため、右半分の一部が表示されなくなり、もう少しマージンをとる予定です。

次のページのように、製本が残っている場合も同じです

ここでは、製本で左側の一部が消えるため、右側よりも左側にもう少しマージンを計画します。

ラスター強度

最適な印刷のために、グリッドの厚さ/細かさをそれに応じて選択する必要があります。
ほとんどの自費出版の漫画は「デジタル」で印刷されます。この印刷プロセスは非常に安価ですが、大量の印刷に使用される「オフセット印刷」ほどうまくありません。
デジタル印刷の場合、「スクリーンの数」は80を超えてはなりません(最適なグリッドの厚さは60〜80です)。
そうしないと、moいモアレ効果が発生する可能性があります。

マンガページを印刷用にエクスポート

マンガが完成したら、個々のページまたはすべてのページを一度にエクスポートできます。

形式として、白黒(マンガ)ページには.tiff形式をお勧めします。
これにより、ファイルサイズが小さくても、高い印刷品質が保証されます。
1200 dpiの.tiffファイルのサイズは約2,000ミリです。 1.2-2.4 MB

印刷用のエクスポートでは、トリミングが含まれるように、エクスポートオプション[登録マークまで]を選択する必要があります。

たとえば、ページをエクスポートしてオンラインプラットフォームにアップロードする場合は、「マークアップの内部へ」を選択できます。
これはトリミングなしのページです。

次に、色に注意を払う必要があります。白黒ページは決してRGBまたはCMYK(カラーモード)でエクスポートしないでください。
ここでは、「二重(しきい値)」または「適切な色深度の自動検出」をお勧めします。

最後に、「グリッド」を「品質優先」に設定する必要があります。

これをすべて実行したら、印刷に最適なファイルが得られます。

ブックカバー

Clip Studio Paint EXを使用すると、マンガのページとともに本の表紙を作成できます。

あなたがしなければならないのは、適切な目盛りを設定し、背骨の幅を指定するだけです。そうすれば、表紙のテンプレートが得られます。

ただし、最初の多くの製図工は、実際に背骨が実際にどれだけ強くなるかを正確に知りません。そのサイズは、プリンタ、製本の種類、ページ数、および用紙の厚さに依存します。
多くの場合、印刷の直前に、実際に最後に背の幅が決定されます。
最終的なスパインの厚さが計画したスパインの厚さと異なる場合、Clip Studio Paintで簡単に調整できます。

これを行うには、[表示]-> [切り抜きマーク/標準の境界線設定]に移動し、[ギャップ]で変更します

ちなみに、この本のように日本語の読み方向の本を作る表紙には注意を払う必要があります。表紙は残っています。

西洋の読書方向の本の場合、右側にあります。

カバーが完成したら、簡単にエクスポートできます。ただし、白黒のマンガページとは対照的に、これはカラーモードCMYKでエクスポートする必要があります。
カラー画像の場合、最小解像度。 300 dpi-最大600 dpiで十分です。

PDFを作成する

書籍の印刷には、多くのプリンターでPDFとしてのデータ配信が必要です。
残念ながら、Clip StudioにはPDF機能がないため、2つ目のプログラムを使用する必要があります。

PDF作成で最も人気のあるプログラムはAdobe Indesignです。

[ファイル]-> [新規]-> [ドキュメント]の下にウィンドウが開き、PDFのデフォルト(ページ数、サイズ、トリミング)を定義できます。


ページをインポートする最も簡単な方法は、カーソルを使用してプログラムに一度に1つずつドラッグアンドドロップすることです。

すべてのページをプログラムに読み込んだら、それらをエクスポートできます。
[ファイル]-> [エクスポート]に移動します

同封のエクスポート設定を見つけると、常に素晴らしい結果が得られます。

最終的に[エクスポート]を押す前に、[ドキュメントの裁ち落とし設定を使用する]がオンになっていることを確認して、裁ち落としを含むページがエクスポートされるようにします。

最後に、ヒント。

欧米の読書国では、日本の読書方向の漫画ページを上下逆に配置する必要があります。 PDFでは、最後のページが最初のページであり、最初のページが最後のページです。

私のチュートリアルを手伝ってくれることを願っています。そして、あなたの作品がうまく印刷されることを願っています。

ご質問や問題がある場合は、ドイツ語または英語で私に連絡することができます。

https://www.facebook.com/yunuyei
https://www.yunuyei.com

コメント

関連する記事

新着

公式 新着