漫画屋入門その①〜写真から食べ物を描こう編〜

9,306 view

この記事は私のアシスタントさん向けに工程を説明していく指南書となっております。
手早くクオリティの高い静物、背景をたくさん描いていきましょう。

早速今回はこのケーキを描いて行きます。所要時間は10分あれば十分です。

⑴まずは画像をクリスタで開きます。

⑵これを「レイヤー」→「レイヤーのLT変換」して数値を設定して行きます。

⑶基本は「ベタ(黒100パーセント)」「濃い影(30パーセント前後)」「薄い影(10パーセント)」「ホワイト」の4階調で青年誌向けの濃い画面が出来上がります。

プレビューにチェックをして画像を確認しながらこの4階調のコントラストが美しくなるように値をいじっていきましょう。

⑷「OK」を押すととこうなりました。主線が弱いのでケーキの輪郭などを描き足していきましょう。

⑸キラキラのブラシなどでシチュエーションを考えた効果を付け加えて完成です。

この作業で基本的に静物系は手早く描き起こせるのではないでしょうか。
※商業でやる場合は写真の著作権などに気をつけてください。自分で撮った写真か許可を得た写真を使用しましょう。


それではまた次回でお会いしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事の著者について

Gino0808《ぎのぜろはちぜろはち》

○2019年1月〜11月現在まで講談社「週刊ヤングマガジン」にて「雪女と蟹を食う」を連載中《現在コミックス2巻まで刊行中》

○2019年6月〜11月現在まで講談社アプリ「コミックDAYS」にて隔週土曜日「童貞噺」を連載中《現在コミックス1巻まで刊行中》

○2016年佐藤秀峰漫画製作所よりオリジナル漫画「蝉の鳴く頃」を電子書店にて発売《4巻完結》

○2015年DeNA「マンガボックス」にて「エゴイストブルー」を連載。《現在コミックス2巻まで刊行中》

コメント

関連する記事

新着

公式 新着