Clip Studio Paintツールを使用したテキストレイアウト

435 view

このチュートリアルでは、この単純なテキストレイアウトを作成する手順を示します。

最初に背景画像を挿入しました

挿入するには、画像をクリックしてカーソルを紙の上にドラッグします。描画すると自動的に配置される領域。一部の画像は非常に大きいですが、必要に応じて移動できます。

テキストを追加してフォントタイプを選択

テキストを追加するために、画面左側のツールバーに定期的にあるテキストツール(T)を使用します。 Tキーを押すこともできます。

ツールを選択すると、フォント、サイズなど、テキストに指定できるすべてのプロパティを含むメニューがツールに表示されます。

画像の上にある新しいレイヤー。テキストを書いてみましょう。この場合、「セゴエスクリプト」フォントを選択しましたが、好きなフォントを選択できます。

レイヤーの複製

awesomeという単語を黒で書いてから、テキストレイヤーを3回複製します。

レイヤーを複製するには、テキストレイヤーを右クリックし、メニューが表示されたら、[レイヤーを複製]オプションを選択します。同じことを3回行います。最後に、テキストを含む4つのレイヤーがあります。

テキストの色を変更する

次に、テキストの色を複製する各レイヤーに変更します。元のテキストは黒、次に赤、青、白である必要があります。

必要に応じて赤と青を変更できます。

眼。各レイヤーのテキストの色を変更するには、テキストツール(T)を選択する必要があります。

次に、各レイヤーを1つずつ選択し、テキストをダブルクリックして色を選択します。私の場合、色は左側にありますが、右側にある場合もあります。

レイヤーの使用経験があまりない場合は、色を変更するときに、一番上のレイヤーから始めて、状況に応じて各レイヤーの違いを確認したり、非表示にしたりすることをお勧めします。

プロセスを少し簡略化するために、各レイヤーに名前を付けることができます。色に合わせて名前を付けました。

テキストを移動する

次に、赤と青のテキストレイヤーを少し移動します。白いテキストの後ろから目立つようにして、他の色も表示します。今のところ黒は関係ありません。

テキストを移動するには、テキストツール(T)を選択した状態で、移動するレイヤーをクリックします。カーソルをテキストに隣接する青いボックスの近くに移動すると、カーソルの矢印が、各点xDに矢印の付いた十字のある矢印に変わります。次に、テキストをフリーハンドでクリックアンドホールドし、ドラッグして、私の場合は「白」の後ろにある「青」のレイヤーを表示します。

次に、私たちの場合は「赤」である下のレイヤーをクリックして、手順を繰り返します

好きなようにレイヤーを移動できます

ヒント!ズームインとズームアウトのレイヤー

画面右上の「ブラウザ」バーを使用して、テキストをズームインまたはズームアウトできます。

ブラウザで、カーソルを使って赤いボックスを移動し、レイヤの任意の場所に配置できます。
トップバーを使用すると、レイヤーを拡大または縮小できます。
下部のバーを使用すると、レイヤーを回転できます。
数値をダブルクリックして値を変更することもできます。

「ブラウザ」を有効にしていない場合は、「ウィンドウブラウザ」メニューで有効にできます

「テキスト」をぼかす

テキストを画像に変換する

「白い」レイヤーを1回複製します。

以降;複製したレイヤーを右クリックし、次に表示されるドロップダウンメニューからラスターオプションを選択します。

これで、作成した単語を含むが、「テキスト」のプロパティがないレイヤーができました。

フィルター「ぼかし」

フィルターを追加するには、すべてのレイヤーが表示されている必要があります。

次に、メニューバーからオプション「filter-blur(B)-radial blur ...」を選択します。

メニューが開いたら、ぼかしの距離、方向、方法を選択できます。

ぼかしが十分でないことに気付いた場合は、プロセスを繰り返すことができます

モーション、ガウスなど、他のぼかしのバリエーションを試すこともできます。

最後に; 「黒い」レイヤーで作業します。

黒いテキストレイヤーを選択して右クリックし、[ラスタライズ]を選択します。

後で編集するためにテキストを保持したい場合は、レイヤーを複製し、オリジナルを非表示にして、コピーをラスタライズできます。これは私たちが取り組むつもりです。

次に、ラスターレイヤーを選択し、CtrlキーとTキーCTRL + Tを押します。
次に、背景の単語を変更できる青いボックスが表示されます。

左側のツールバー。すべての文字の下にある黒いテキストをどのように変換するかを選択するメニューがあります。見られませんが。

回転の中心として「自由変形」モードと「自由位置」を選択しました。しかし、あなたはあなたが最も好きなものを選ぶことができます。
次に、カーソルで下隅の1つを選択し、下と少し外側にドラッグして、テキストに影を付けます。
結果が気に入らない場合は、CTRL + Zを押して、以前の状態に戻します。
完了したら、同意してREADYを押します。 =)

必要に応じて、新しいレイヤーに長方形を追加できます。
それらはツールバーにあります。

図ツール(U)を選択すると、図に与えることができるプロパティのメニューが表示されます。長方形を作成するには、「コーナーの丸み」オプションが無効になっていることを確認してください。
また、線、塗りつぶし、または塗りつぶしと線を作成する可能性もあります。私の場合、「ライン」オプションをアクティブにしました。オプションは、3つの青いファンです。

ヒント!レイヤーグループを移動する

テキストレイヤーとラスターレイヤーを移動する場合は、Ctrlキーを押したまま、移動する各レイヤーを選択します。次に、CTRL + Tを押すと、青いボックスが表示され、レイヤーをグループとして移動できるようになります。

レイヤーの選択を間違えた場合は、もう一度クリックしてください。選択すると、色がわずかに変化します。

画像をエクスポートする

画像をエクスポートするには、次の手順に従います。メニューの「ファイル-エクスポート(1つのレイヤー)-.png(PNG ....)」で、画像を保存する場所を選択し、名前を付けます。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着