連続曲線の線画-初心者向け

1,404 view

前書き

こんにちは、ジュメップです。
今回は、特にClip Studio Paintプログラムを使い始めたばかりの人のために、連続曲線ツールを使用するためのいくつかの小さな例といくつかの推奨事項を共有したいと思います。

多くの場合、きれいな線形を作成するには多くの時間がかかりますが、[連続曲線]ツールを使用して図面の輪郭を作成すると、時間を節約できます。
まず、このツールを使用するための一連の推奨事項を作成します。

推奨事項

[連続曲線]を使用すると、スケッチがある場合にうまく機能します。これにより、[ベクターレイヤー]で作業するときに、このツールの真の可能性が見つかるだけでなく、何をしたいかについてより良いビジョンを持つことができます。 ]、これにより、線と修正サブツールを使用して好きなだけストロークを編集できるようになりました。それでは、始めましょう!!!

最初に行うことは、スケッチの不透明度を妥当なポイントまで下げて、線を快適に描画できるようにすることです。この場合は、40%の不透明度のままにします。これは、スケッチの外観に依存します。

連続曲線

次に、[連続曲線]ツールを使用する[ベクターレイヤー]を作成します。

次に、[図]ツールに移動し、[連続曲線]-[二次ベジエ]サブツールを選択します

このツールは非常に実用的です。クリックするたびに、線の位置を決定するコントロールポイントがマークされます。これにより、スケッチの線に沿ってクリックし、必要な線をたどることができます。

その名前が示すように、[Continuous Curve]はクリックするたびに描画を続けます。特定のポイントで描画を停止したい場合は、目的のポイントまでダブルクリックするだけで済みます。

線幅を再描画

[Continuous Curve]ツールはライン全体の太さをそのままにしますが、より多くのスタイルを与えたい場合は、別のサブツールで特定のポイントの太さを変更できます。

これを行うには、線と修正ツールに移動し、[ベクトル線幅を再描画する]サブツールを選択します。

線を太くしたり細くしたい部分に行きます。鉛筆をそっと通すと線が細くなりますが、逆に鉛筆で押すと線が太くなりますが、すべて構成に依存しますツールの。

線を移動-[ピンチベクトル線]

重要なことは、スケッチと一致するように描画した線を調整したい場合は、ベクターレイヤーを使用して調整できることです。次に例を示します。

この例では、それを上に移動して、動作を示します。

これを行うには、[ピンチベクターライン]サブツールを使用します。

同様に、[Fix end]で両端を修正するオプションを選択します。これは、両端の先端が移動しない開いた線を編集していることを意味します。

このツールの別の例を次に示します。

[ピンチベクターライン]-[端点を修正]-[両端を修正]を使用すると、線の中心を移動して曲げることができますが、端点は既に固定されているため、その位置から移動することはありません。

これで、図面の輪郭を描き続けることができます。

細部

先ほど申し上げたように、連続した曲線はロングストロークや描画のアウトラインを作成するのに最適ですが、特に目などの細かい部分には、[ペン]ツールの使用をお勧めします。 G-pen]、これは私がラインアートを作成するために使用する構成です。

このヒントでは、ペン先でラインアートを作成する方法を簡単に説明します

https://tips.clip-studio.com/es-es/articles/2880

だから、いくつかの詳細を行うとき、私はこの結果を得ます:

ビデオ

https://www.youtube.com/watch?v=bYRCEv6_SqM&t=23s

私の説明があなたの次のプロジェクトに役立つことを願っています。最後まで読んでいただき、次回までありがとうございました。

バイバイ!

コメント

関連する記事

新着

公式 新着