CSPでお絵かきスキルを使わずにイラストを作ろう!

394 view

このチュートリアルへようこそ!ドローイングタブレットがなくても、ダイレクトドローのツールを使用して優れたイラストを作成できます。
Clip Studio Paintと少しの忍耐だけが必要です!
行こう!

https://youtu.be/ZpMAEYZvn5Y

ダイレクトドローツール

直接描画ツールは、線画と色を描画するために不可欠です
線画にはベクターレイヤーを使用する必要があります。
ほんの数個のキーボードショートカットでより速くなります!



直線

簡単な直線を簡単に描くことができます。

-マウスを左クリックして押し続ける
-方向を選択してください
-左クリックを放します

-左クリックを放す前にShiftキーを押したままにして、方向をロックします(45°の倍数)

2つの線を結合するには、ツールプロパティ---> VectorMagnetを完全に使用します

完成したラインをすばやく編集できます

-Ctrlキーを押しながら、線の上を左クリックします
-コントロールポイントを移動します
-左クリックとCtrlキーを放します

ツールプロパティ--->開始と終了でこれらの設定を使用して動的な線を作成します

曲線

簡単に曲線と振幅を描くことができます

-マウスを左クリックして押し続ける
-方向を選択してください
-左クリックを放します
-振幅を選択します
-左クリックを押します

-左クリックを放す前にShiftキーを押したままにして、方向をロックします(45°の倍数)

完成したカーブをすばやく編集できます

-Ctrlキーを押しながら、曲線の上を左クリックします
-コントロールポイントと振幅を移動します
-左クリックとCtrlキーを放します

直線のように、2つの曲線を結合するには、ツールプロパティ--->ベクターマグネットを完全に使用します。

直線のように、ツールプロパティ--->開始と終了を使用すると、動的な曲線を作成できます

ポリライン

このツールを使用すると、連続したセグメントを描画できます

-マウスを左クリックして開始
-方向を選択してください
-左クリックして最初の行を終了します
-最後の左クリックを元に戻すには、マウスを右クリックします
-好きなだけ繰り返します
-マウスをダブル左クリックして停止/-最初の行の先頭で参加


ポリラインは、ラスターレイヤーを使用して塗りつぶすのに便利です
ツールプロパティ--->線/塗りつぶし--->塗りつぶし

連続曲線

このツールは、個人的には、タブレットを描画せずにイラストを作成したい人に最も便利です

3種類のカーブが使用できます

スプライン、2次ベジェ、3次ベジェ

スプラインおよび2次ベジェの場合

-マウスを左クリックして開始
-方向を選択してください
-左クリックして最初のポイントを作成します
-最後の左クリックを元に戻すには、マウスを右クリックします
-好きなだけ繰り返します
-マウスをダブル左クリックして停止/-カーブの始点に参加して閉じる

ただし、完成したカーブはすばやく編集できます

-Ctrlキーを押しながら、曲線の上を左クリックします
-コントロールポイントと振幅を移動します
-左クリックとCtrlキーを放します

キュービックバイザー用

-マウスを左クリックして開始
-最初のポイントを選択してください
-左クリックして押したままにして曲線を作成します
-左クリックを放します
-最後の左クリックを元に戻すには、マウスを右クリックします
-好きなだけ繰り返します
-マウスをダブル左クリックして停止/-カーブの始点に参加して閉じる

Curve CubicBeizerのコントロールポイントは少し異なります

-Ctrlキーを押しながら、曲線の上を左クリックします
-コントロールポイントと振幅を移動します
-左クリックとCtrlキーを放します

カーブツールは、ラスターレイヤーを使用して塗りつぶすのに便利です。
ツールプロパティ--->線/塗りつぶし--->塗りつぶし

なげなわ塗りつぶし

このツールはラスターレイヤーでのみ使用できます
描画タブレットをお持ちでない場合は、なげなわ塗りつぶしはお勧めしません。

-左クリックアンドホールド
-塗りつぶす領域を選択します
-左クリックを放します

矩形

このツールで完璧な長方形を作成します

-マウスを左クリックして押し続ける
-長方形を作る
-左クリックを放す前にShiftキーを押したままにして、正方形を作成します
-左クリックを放します

フィギュアをすばやく編集できます

-Ctrlキーを押しながら、長方形の上を左クリックします
-コントロールポイントを移動します
-左クリックとCtrlキーを放します

角の丸みを使用して、角の丸い長方形を作成します

楕円

このツールは長方形のようなものです

-マウスを左クリックして押し続ける
-楕円を作成します
-左クリックを放して円を作成する前に、Shiftキーを押したままにします
-左クリックを放します

フィギュアをすばやく編集できます

-Ctrlキーを押しながら、楕円の上を左クリックします
-コントロールポイントを移動します
-左クリックとCtrlキーを放します

この機能で
ツールプロパティ--->固定後に角度を調整

左クリックを離した後軸の方向を選択できます

ポリゴン

この機能は、ポリゴンの作成に役立ちます
サイドも選べます

-マウスを左クリックして押し続ける
-ポリゴンを作成します
-左クリックを放してポリゴンを作成する前に、Shiftキーを押したままにします
-左クリックを放します

ツールをカスタマイズする

長方形ツールに基づいて、このようなすべてのツールをカスタマイズできます

たとえば、サブツールの詳細--->ブラシチップで、チップ形状を選択できます

女子校生のイラストを描いてください!

これで、イラストを描く準備ができました。

-新しいファイルを作成する
-女子高生モデルをドラッグアンドドロップします
-ポーズを編集する

さあ、描き始めましょう!

-女子高生レイヤーの不透明度を設定する
-新しいベクターレイヤーを作成する
-直接描画ツールを使用して線画を作成します

線画の詳細を描きます

-ツールプロパティで曲線を使用する
開始と終了--->ブラシサイズ

色を塗る時が来ました!

-新しいラスターレイヤーを作成する
-詳細レベルを非表示
-色を選択し、図面のすべての部分を塗りつぶします

-詳細レベルを表示
-顔の詳細を記入します

影を作ろう

-新しいラスターレイヤー--->ブレンディングモード乗算
-選択領域を使用--->色域を選択して色レベルの領域を選択します
-連続曲線(塗りつぶしの作成)を使用して、閉じた形状を作成します

ライトを作ろう

-新しいラスターレイヤー--->ブレンディングモード追加グロー
-選択領域を使用--->色域を選択して色レベルの領域を選択します
-エアブラシを使用--->光の効果にはソフト

-新しいラスターレイヤー--->ブレンディングモード追加グロー
このレイヤーを一番下に置きます

これは、白い色を使用した目の特別な光の効果のためのものです

-連続カーブを使用して髪に光の効果を作成します
-マテリアルから背景を追加[カラーパターン]

おめでとうございます。このチュートリアルを完了しました。
あなたが楽しんでくれることを願ってます!

Clip Studio Paintでイラストを作成する無限の楽しみを始めましょう!

コメント

新着

公式 新着