美しいジュエリーを簡単かつ迅速にペイントする方法[チュートリアル]

493 view

ピカピカのキラキラ光るファンの皆さん、こんにちは!
このチュートリアルでは、金色、銀色、またはたくさんの宝石で目がくらむようなジュエリーを簡単にペイントおよび描画する方法を紹介します。ワークフローを簡単にするために、色の選択、シェーディングテクニック、レイヤー設定などをカバーします(宝石の色を魔法のように変更するなど)。

そのイントロで、すぐに始めましょう!

参照の準備

特に、作成したいものについて漠然とした考えしか持っていない場合は、参照を手元に用意しておくことをお勧めします。描画中に参照を簡単に確認できるように、ClipStudioにはサブビューウィンドウと呼ばれる非常に便利な機能があります。

それを開くには、[ウィンドウ]タブに移動し、下に移動して[サブビュー]オプションを見つけ、それをクリックしてワークスペースに表示します。

開いたら、こちらの小さなオプションをクリックしてください。これにより、写真をアップロードするように求められます(この場合、事前に調べた参照)
そこに画像を表示したら、スポイトツールを使用してサブビューウィンドウから色を選択できます[非常に便利です!]

そしてそれで、私たちは手元に私たちのリファレンスを持っており、それらの美しい宝石や金属に取り組むことができます!

ゴールドとシルバーの色

反射素材の色を選択するのは難しい場合があります。なぜなら...まあ...それらは反射しているからです(つまり、あらゆる種類の色がすぐに跳ね返ります!)

ただし、金属が泥だらけで灰色に見えないように、金属に色を付けたり陰影を付けたりするときに注意すべき点を説明します。

このチュートリアルでは、金属のカラーリングとシェーディングに4つのシェードを使用します。
-ハイライト
-ベースカラー
-シェード1
-シェード2

いくつかの参照写真から色を選んだ後、金はほとんど暖かい色合いにとどまり、暗くなるにつれて赤くなります。したがって、ここで準備したこれらのパレットを使用したり、選択した参照からカラーピックを使用したりできますが、色合いが暗くなるにつれて、色相のシフト(黄色から赤へ)を念頭に置いてください!
[上の写真の赤い矢印で示されているように]

シルバーはゴールドと同じように機能しますが、グレーの色調を使用すると、ウォームグレーとコールドグレーの違いをより簡単に見分けることができます。

ウォームグレーとコールドグレーの場合、色相は紫にシフトします(したがって、暖かい色調は「冷たく」なり、冷たい色調は「暖かく」なります)

グレーを使用すると、よりリアルなカラーパレット内にとどまり、グレーを維持するか、スタイルを設定して、よりカラフルにすることができます(紫と青をミックスに追加するなど)。

ゴールドとシルバーのペイント/シェーディング/レンダリング

上に示したように、着色手順は5つの簡単なステップで構成されています。

1)ベースカラーを入力します

2)最初のシェーディングカラーでブロックします。金属は反射性であるため、影の形は非常に珍しく見えます。これらのステップバイステップの写真または実際の写真を参照として使用できます。 [光源がどこにあるかを覚えておいてください!]

3)最初のシェーディングカラーをブレンドします。やりすぎないように注意してください!

4)2番目のシェーディングカラーでブロックします。この色はごくわずかしか必要ありません。

5)ブレンド!繰り返しますが、あまりブレンドしないでください!影の形はまだはっきりしている必要があります。

シルバーの場合、それは一般的に同じプロセスですが、他のカラーパレットを使用します!

つまり、ベースカラー、シェード1、ブレンド、シェード2、ブレンドで完了です。

レイヤーモードで金属を輝かせる

このステップは技術的にはオプションですが、メタルジュエリーには特別なきらめきと輝きが欠けていることに気付くかもしれません...

幸いなことに、そのための簡単な修正があります!

新しいレイヤーを作成し、それをゴールドとシルバーにクリップすることで(上記のように)、ジュエリーのハイライトを簡単にエアブラシで塗ることができます。クリッピングレイヤーは、ここで描画するものが、その下のレイヤー(クリップ先のレイヤー)に既に描画したものだけにとどまるようにします。

Clip Studiosの「AddGlow」レイヤーモードは、物事をさらに光沢のある輝きのあるものにするのに最適です。

ここでは、ハイライトの量と不透明度を自分で試すことができます。 [個人的には約35%に設定するのが好きです]

ジェムストーンのペイント/シェーディング/レンダリング

宝石にはさまざまな形、色、カットがあります!宝石のカット方法は、光の反射方法に大きく影響するため、描画している宝石の形状を必ず確認してください。

これらは、ジェムカットのほんの数例(ひどく描かれている)です!ジュエリーがさらに良くなるように、どの種類の宝石を描きたいかを調べることをお勧めします!

金属と同様の手法を使用して、ベースカラーの暗い色でブロックすることから始め(影が冷たくなることを忘れないでください!したがって、青の場合は、リング上で紫に向かって移動します!)、慎重にブレンドします。宝石は部分的に透けて見えるので、宝石のすべての側面に影と反射があります(上の写真でわかるように)。
光源がどこにあるかを覚えておいて、宝石のさまざまな側面を光を反射する小さな鏡と考えてください!

さらに別のシェーディングカラーを使用してこの手順を繰り返し、金属の場合と同様に、最も暗いシェーディングを少なくします。

レイヤーモードの助けを借りて宝石を輝かせる

以前のゴールドやシルバーと同様に、あなたが描いた宝石は陰影が付いているかもしれませんが、それでも私たちが知っていて愛しているその輝く魔法のきらめきが欠けているので、もう一度修正しましょう!

以前のゴールドと同様に、別の新しいクリッピングレイヤーの宝石の上に明るいハイライトカラーをエアブラシで塗ります!どのレイヤーモードが一番好きかは自分で決めることができますが、ここでも追加(グロー)が非常にうまく機能すると思います!

さて、それを仕上げるために、宝石の各側面にこれらの非常に明確な反射を(それが鏡か何かであるかのように)白またはベースカラーの非常に非常に軽いバリエーションで描きます。
[上記のように]

このクリッピングレイヤーを「ハードライト」に設定し(必要に応じて「グローを追加」を使用することもできます)、見栄えがよいと思われるパーセンテージに設定します。


したがって、魔法のおとぎ話のように見える、美しくきらめく宝石を手に入れることができます。おめでとうございます!

色調補正で宝石の色を魔法のように変える

ある色で宝石を描いたが、突然別の色にしたい場合は、簡単な解決策があります。
色調補正!

ただし、これを行うには、最初に、宝石のペイントに使用したレイヤーをマージする必要があります。下の赤い丸で囲まれた記号をクリックするだけです(または、マージするレイヤーを選択して右クリックし、[選択したレイヤーをマージ]を選択します)。

宝石の色を変更するために必要な色調補正メニューにアクセスするには、[編集]タブをクリックし、[色調補正]タブに移動して、この図に示すように[色相/彩度/明度]オプションを選択します。

目の前に3つのスライダーが開いたウィンドウができたので、色相、彩度、明度を自由に試すことができます。

「色相」スライダーを使用すると、宝石の色を簡単に変更できます。たとえば、青から緑、赤(または紫、ピンク)に変更できます。可能性は無限大です。

また、Saturation and Luminosityスライダーを追加すると、宝石を黒または白に変えることもできます。


プレビューをオンにして遊んで、宝石がどのような色に変わるかを確認してください。

終わり

だから今、このすべての新しく発見された知識で、あなたはそこに出かけて、美しい宝石や王冠やアクセサリーを描くこともできます!

読んでくれてありがとう!

光沢のある宝石ときらめく金属でキャラクターやアートを魅了するのを楽しんでください!

コメント

新着

公式 新着