ClipStudioの360球形画像アニメーション背景

558 view

このチュートリアルでは、動く360球形の背景を作成する方法を説明したいと思います。シーンをより面白くするために、イタリアの小さな村を見回すキャラクターをアニメートしました。アニメーションの背景には、球形の絵が描かれた3D球を使用しました。 YouTubeのビデオはこれです:

https://youtu.be/YLzo7SgGMwI

キャラクターの周りを囲む背景を作成するには、長い絵を描くことができます。これは簡単ですが、絵の要素が周りを回るときに動きがないため、画像が平らに見え、感じられないという欠点があります。実際の方法ですが、3D球体を使用すると、得られる動きによって画像のエッジが歪むため、これは通常、写真レンズで発生します。これにより、アニメーションがよりリアルで3次元の外観になります。

球形の画像は簡単に作成できます。携帯電話を使用することも、デジタルカメラとAffinity Photo、Photoshopなどのソフトウェアを使用して、画像をスティッチして球形のファイルを生成することもできます。別のオプションは、このウェブサイトで説明されているグーグルマップから写真をダウンロードすることです。

https://svd360.istreetview.com/ https://svd360.istreetview.com/

画像を取得したら、それをトレースして、風景の描画を生成するというアイデアがあります。 5点透視法、つまり球面遠近法は手作業で実現するのが非常に難しいため、これが最良のオプションです。

図解された効果については、シミュレートされたペイント結果を生成するいくつかの自動アクションがありますが、それらは説得力がありません...私はそれらを使用しようとしましたが、結果は常に非常に悪いように見えます。

球体を含むModelerファイル(ModelerはClip Studioと同じ会社のCelsysの無料ソフトウェアです)を作成します。これは次の場所から無料でダウンロードできます。

https://manleonardo.gumroad.com/l/UXlFY

このファイルには、5ポイントの遠近法ガイドが付いた球体がありますが、アイデアは、以前に作成した球形の遠近法の背景のテクスチャを置き換えることです。これを行うには、パス移動ツールを使用して、マテリアルタブに移動し、<マテリアルフォルダ>に入り、次に<デフォルトのマテリアルフォルダ>に移動し、<球体マテリアル>をクリックします。オブジェクト情報タブで、[編集]を選択します。クリップスタジオのロゴが付いた四角いチェッカーのアイコンを「PINT」すると、クリップスタジオで画像テクスチャが開き、画像を編集できます。開いた画像を、以前に作成した画像に置き換えるだけです。

これで、新しいマテリアルを保存し、[ファイル] / [新しいマテリアルとして登録]に移動し、マテリアルに名前を付けて、保存するフォルダーを選択できます。

このチュートリアルでは、<3D回転アニメーションマテリアルセット>というアセットストアのマテリアルを使用しました。

https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1841684

このマテリアルを使用すると、3Dレイヤーを作成し、タイムラインで向きを変えることができます。これを使用するには、まずマテリアルフォルダーに移動し、使用するファイルをドラッグします。このファイルには360セルのアニメーションフォルダーが含まれています。Y20はカメラの高さ、可能な限り低い角度を使用しました。次に、球のマテリアルを見つけて、キャンバス上にドラッグします。

操作ツールを使用して、3D球をコピーし、最初のフレームに貼り付けます。アニメーションを表示するには、アニメーション/トラックの編集/特定のセルのバッチに移動し、メニューで<特定の値(N)>を<名前の指定既存のアニメーションセル>とOK。これで、球をセル1に貼り付け、サイズを調整し、満足するまでスケールを変更できます。

マテリアルには、モデルを360フレームにコピーして貼り付ける自動アクションがあるため、[ウィンドウ] / [自動アクション]に移動し、アクション名<データの添付(359)>を再生して、アクションを終了します。時間。

最後に、アニメーションを再生できます。球体マテリアルを使用するこの手法には複数のアプリケーションがあります。1つは、すべてのモデルをその位置に移動してアニメーションを作成するか、独自のテンプレートを作成することです。私のYouTubeビデオはその方法を説明しています。

ありがとうございます。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。すべての質問にお答えします。作成したYouTube動画をご覧ください。詳細については、こちらをご覧ください。

コメント

新着

公式 新着