足の描き方

425

イントロダクション&3Dパペットイントロダクション

人体の上半身はよく知っている人が多いと思いますが、特に上半身の写真しか撮っていない人が多いのですが、どういうわけか下半身を描くのが怖くて、プロポーションが一貫していません。

当初は足をブロック構造として想像して練習を始めていましたが、いつも間違った形を掴んでいました...
私を信じてください!あなたは一人じゃない!! Clip Studioに付属の3Dパペットを使用すると、脚が長い、短い、またはプロポーションがおかしいという問題を解決できます。

マテリアルライブラリには、無料の3D人体モデルがあり、誰もが簡単に人形を選択して好みの比率に調整できます。また、足の裏など、一部の領域も好みの比率に調整できます。しかし、描くことができない動きは、私たちのほとんどの問題を解決します!
ですから、プロポーションについてはあまり詳しく説明しません。

ここでは主に足のラインの詳細と配色方法を紹介します





線画

まず、線画の一部に描きたいプロポーションやポーズを見つけるための3D人形がすでにあるので、線画を並べるのはとても簡単です。
でも、関節の線を太くして影やディテール感を出していきます。そうしないと、プロポーションが合っていても、すべての線が同じ太くなり、全体的に退屈になってしまいます...

さらに、ここにちょっとしたトリックがあります!また、肌の最も明るい部分の線をこすり落とすと、線画に光が差し込んでいるような感じで、写真がより鮮やかになります。





着色

着色された部分は、線から外してゆっくりと消すことができます。ペイントバケツを使用する場合と比較して、線の境界が見落とされにくいです。

最初に、水彩ブラシを選択して下部にレイヤーを作成し、次に新しいクリッピングレイヤーを作成して、水彩ブラシストロークで影や光源を追加しました。

もちろん、必要に応じて別の方法でプレイすることもできます。 !

この写真のように、私は最初に色を考慮せず、黒、白、灰色の色調だけを使用してブラシで影を描きました。これは初心者にとっても非常に便利です。

次に、[レイヤー]>[新しい色補正レイヤー]>[グラデーションの対応]に移動します。コーティングの上にグラデーションコーティングを施し、見ながら適切な色調に調整できます〜とても便利ですね!

最後に、影を追加して小さな光源を追加すると、合理性が完成します〜


結論は

上記の方法で、クリップの体のプロポーションや姿勢を自由に変えて、あらゆる種類の完璧な脚を頭に描くことができます!
もちろん、最も重要なことは、熱心に練習し、挑戦し続け、挑戦を受け入れる勇気を持つことです!この記事を読んだあなたもトップアーティストになる道を進んでいると思います!
この記事を読んでくれてありがとう!

コメント

新着

公式 新着