CLIPで簡単に3Dデッサン人形を知る

1,988

序文

公式に公開された記事では、[3D Sketch Puppet] の使用に関する非常に詳細なチュートリアルがあります。
そのため、記事と重複しない部分、または説明する必要があると思われる部分を選択するようにします。

↓以下公式記事

3D スケッチ フィギュアはどこにありますか?

[素材]パレット→[3D]→[体型]
[素材パネル]の[3D]カテゴリにある[体型]を探して、キャンバスに好きな人物をドラッグしてください。
(注:モデルは男性/女性に分かれています)

わかりやすい 3D オブジェクト

(通常 3D オブジェクトを使用する場合は、このリンクをスキップできます)

このセクションでは、初心者がモデルを調整する方法を簡単に紹介します。
その意図は、システムに慣れていないことを感じさせず、すぐに慣れることができるようにすることです。

✨ 3D オブジェクトを操作するには、オブジェクト ツールを使用する必要があります。
したがって、3D オブジェクトを調整する場合は、最初にオブジェクト ツールをクリックすることを忘れないでください。その後、キャンバス上の 3D オブジェクトを選択できます。
3D オブジェクトを選択できません。ほとんどの問題はこれにあります。

最初の 3 つのボタンの機能は、ユーザーがモデルを表示するのを支援する [視野角を変更する] ことです。 (リアは全てモデルに合わせた調整です)

この3つのボタンの機能をより意識していただくために、
私は床のために店からこの材料を追加しました.

【ボタン 1】 視野角を変更します。使用時にマウスの左ボタンを長押ししてください



【ボタン2】 キャンバス上の観察位置を変更します。使用時はマウスの左ボタンを長押ししてください



[ボタン3] 観察距離(遠近)の変更、使用時はマウスの左ボタンを長押ししてください


2022/08/14 【訂正、個人の癖でここまで間違えてすみません】
✨【マウスがボタン1、2、3のいずれにあっても、マウスホイールを使用して次の効果を得ることができます】
マウスの中央ボタン (スクロール ホイール) をスライドすると、フォーカスを変更したり、遠近効果を強めたり弱めたりすることもできます。



これら 3 つのキーは、一見、回転、移動、およびズームを表していますが、視野角に作用します。
したがって、ボタンを使用しても、モデルの元のサイズ、配置の角度または位置が変更されることはありません。
、証拠は、床と 3D スケッチ図のプロポーションと位置が変更されていないことです。
これらのキーを使用して、必要に応じて好みの角度に調整できます。

✨ 次のステップは、3D スケッチ パペットの移動、回転、ズーム、アクションの調整です。


3D スケッチ パペット上でマウスの左ボタンをダブルクリックして、下部 (オブジェクトの中心点) にあるコントロール リングを呼び出してください。



一番外側の灰色の円は、モデルのサイズを調整するために使用されます。 (選択するとオレンジ色になります)
選択したオブジェクトのみがサイズを変更します。 (だから床はそのまま)



次に、内側の円の青い円、赤い円、および緑の円は、モデルの 3 つの軸の回転をそれぞれ制御できます。


モデルの位置を移動するには、最も内側のクロス ラインを使用します。

✨ マウスの左ボタンで 3D スケッチ パペットをダブルクリックすると、同時に紫色の点が表示されます。
関節や視線を直接制御する制御点。

これらのドットは、手や足などのパーツと一緒に結ばれるいくつかの透明で伸縮性のある糸と考えることができます。
キャラクターの前にある紫色の点は、視線が向けられている場所です。

【体型の整え方を学ぶ】

3D モデルをクリックするだけで、[ツール プロパティ] パネルまたは [サブツールの詳細] パネルで体の形状を調整するためのコントローラー フィールドを見つけることができます。

調整可能なボディ形状のドローバー変数
👆アップ=筋肉が増える(女性モデルはふっくらします)
👇 ダウン = 筋肉なし
👈左=細い
👉正しい=太る(太る)

より一般的に使用されるのは、[身長] と [頭身比] を変更することです。

手足の長さは微調整できますが、
これらのブロック パネルはあまり使用しないでください。


CLIP素材ストアを使えば、他の人が調整して使える体型もたくさんあります。

ダウンロードした素材は、素材パネルのダウンロードフォルダーに表示されます。

【体型を素材として登録】

ツールプロパティパネルの[素材登録]で、
また
オブジェクトランチャー(3Dオブジェクトの下部にあるリスト)で、[マテリアルパネルに3Dスケッチパペットを登録]、
調整した体型を登録し、素材ライブラリーに素材を保存できます。
(保管場所は、必要なときに見つけられる限り、個人のニーズに依存します)

後で使用する必要がある場合は、マテリアル ライブラリから直接ドラッグして、
または、元のモデルに取り付ければ完了です。
(追伸、既存のモデルに配置する場合は、モデルをクリックして紫色のボックスにドロップすることを忘れないでください)

【姿勢を正すことを学ぶ】

姿勢を正すための第一歩は、まず心の中で自分が望む姿勢について考えることです。
しかし、教育の例としての便宜のために、
その横に欲しかった【ウエイター】のポーズを簡単に描きましたが、
ご参考までに。

✨ 次の各ステップでは、ステップごとに操作する GIF 動的画像があります。静止画がよくわからない場合は、まず GIF を参照してください。

✨ STEP01.
まずは【手】から。

少し偏った視点からモデルを見ると、調整しやすくなります。

1. 手を曲げて、右手の手のひらを直角にします。

2. 手のひらを回転させて、手首に対応する紫色のコントロール ポイントを見つけます。

右手のアクション設定が【拳を握る】なので、
右手のひらの部分(青いスラッシュ)をダブルクリックして選択し、手のひらだけが選択されていることを確認してから、次の手順に進んでください。

ツールプロパティパネルの[ポーズ]列を使用すると、開いた手をすばやく握りこぶしにすることができます。
ただし、最初に片手の手のひらを選択する必要があります。そうしないと、左右の手が一緒に変更されます。

✨ STEP02.
左手部分の調整を開始します。

このセクションの焦点は、最初に肩を調整することであり、次に手首と肩の間の距離を調整することに焦点を当てます.
どんなに姿勢を整えても、手の位置自体が正しくないために違和感を覚えることがあります。
体の本体に近すぎたり遠すぎたりすると、違和感を覚える可能性があります。

左手の好みのフィーリングは概ね調整しておりますが、
しかし、肩が目に見えて引っ張られているように見えますが、
肩を所定の位置に配置するには、肩を微調整する必要があります。

調整基準は、実際、私たちの体がこの動作を行う場合、腕と肩が一直線になることです。
実際の動作に合わせて調整することで、姿勢がより自然になります。

✨ STEP03.
画角はお尻を基準に、上半身の回転角度を調整。

✨ STEP04.
回転制御点を使用してボディ カーブを調整します。
お尻と胸を押し上げます。

✨ STEP05.
脚を調整する

✨ STEP06.
糸を大まかに仕上げたら、3D スケッチ パペットの足が地面に触れることを忘れないでください。
[モデルを地面にセット] ボタンを使用します。

✨ STEP07.
モデルのポーズを大まかに調整したら、
モデルが正しく調整されているかどうかを確認するために、他の視点に目を向けることを忘れないでください。

この部分で、右手と足を再調整する必要があります。

✨ STEP08.
終了

振り向く

✨ このポーズを素材ストアに入れました。必要に応じてダウンロードして比較できます。

【登録姿勢が素材】

手の動きだけでなく、全身の姿勢を整えるからです。
そのため、[全身のポーズを素材に登録する]を選択してください。

次回はマテリアルライブラリから直接ドラッグして使用できます。

モデルのポーズを別の側に変更したい場合。
[モデルのポーズを左右反転]ボタンをうまく活用できます。

【体型と姿勢の違い】ストアからダウンロードした素材を使っているのに、モデルが女性/男性なのはなぜ?

上記の記事を読んだ後、体型と姿勢はシステムを混乱させるのは簡単ではないと感じています.
ただし、素材ライブラリの[ポーズ]は、キャンバスに既に存在する3Dスケッチパペットに適用する必要がないため、
マテリアル ライブラリから直接ドラッグできます。
さらに、通常、素材ストアは素材に新しいカバーを付けます。
そのため、初心者の方は使い始めは体型なのか姿勢なのか分からない場合があります。

✨このリンクは初心者を混乱させる可能性があるため、特別に言及されています。

先ほど作ったポーズを例に、
以前は【女性モデル】を使っていたのに、なぜ【ポーズ】を直接取り出して【男性】にしたのですか?

これは、ポーズは動作のみを保存するものであり、体型のように保存時にどの 3D スケッチ パペットに配置するかを指定していないためです。
そのため、ポーズがマテリアル ライブラリから直接取得された場合、3D スケッチ パペットは最初にプリセット モデルを使用します。

✨プリセットモデルの変更(設定)方法
ファイル => 環境設定 (Ctrl+K)
3D フィールドのモジュール設定は、デフォルト モデルを変更できます。
適用後、ソフトウェアを再起動してください。

ただ、普段はそんなに面倒にならないように、キャンバス上にある既存の3Dスケッチ人形にポーズを付ける習慣を身につけた方が今後は便利です。

【3Dデッサン人形にポーズをつけるには? 】

素材ライブラリを直接くまなく探すのも一手ですが、
ただし、[ポーズ素材をmodに適用]ボタンを使用して、適用するポーズを見つけることもできます。
過去にダウンロードして作成したポーズ素材がここに表示されます。
キーワードやタグ検索をうまく活用できます。

[ハンドポーズ素材]使用時、
グローブを 1 つだけ使用する場合は、最初に手のひらを選択することを忘れないでください。
そうしないと、両手で変更が行われます。

✨ 【2022/08/14 追記】
【ポーズ】を素材ライブラリから直接ドラッグする場合は、3Dスケッチパペットに配置します。
2 つの方法があります。
1つ目は、[ポーズ] 3Dスケッチパペットの上部を直接リリースすることです。
(注: 必ずパペットに配置してください。そうしないと、新しいパペットがキャンバスに表示されます。

次に、ポーズを変更したい 3D スケッチ パペットを選択し、パペットの 3D レイヤーにポーズを配置します。

(画像例、同じ3Dレイヤーに2体のパペットがいる場合でも変更可能)

拡張練習 - 3D スケッチ人形をすばやく座った姿勢にする方法は?

演習を使用して、一部のテクニックを補完します。

✨画面上に既にモデルがいる場合、3Dスケッチパペットとモデルを同じ空間(パースの下)に置きたい、
しかし、インポートされた 3D スケッチ パペットが常に浮かんでいます。どうすればよいですか?

ツールプロパティパネルをうまく活用して、
[位置]の下のX、Y、およびZ軸を0に設定すると、3Dスケッチパペットが中心の開始点にすばやく移動できます。

✨ 3Dデッサン人形を素早く座らせる秘密は骨盤にあり、
お尻を最初に座らせると、足がよりよく順応します。

この原則は、他の 3D ソフトウェアにも当てはまります。
キャラクターモデルに対して、ポージングは通常、キャラクターの【重心】である骨盤から始まります。

✨ 【2022/08/14 追記】
モデルを床に座らせたい場合は、
お尻も先に動かします。
動きの直後に、制御軸を回転させ、骨盤を傾けることを忘れないでください。太ももが正しい位置に到達します。

拡張演習 - 調整したモデルを異なるモデル レイヤーに配置する方法

✨キャンバスにモデルレイヤーが2つあるけど、【ソファに座っている人】のモデルを別のシーンに合成したいのですが、どのような方法で合成できますか?

答え
素材をコピーしたら、別のモデルレイヤーをクリックして貼り付けます。

✨ コピーして貼り付けるだけなのに、なぜ通知が必要なのですか?

将来的には、2 つのモデルを自分で合成し、コレクション用にマテリアル ライブラリに入れることができるからです。
ただし、この素材は【3Dオブジェクト素材として登録されていません】ではなく、
その結果、マテリアル ライブラリから取り出したときに 3D オブジェクトと判断されず、キャンバス上の既存の 3D モデルと同じレイヤーをすぐに共有する方法がありませんでした。
(素材として登録された3Dオブジェクト、ラベルは3Dオブジェクトになります)

この時、素材を同じレイヤーに統合したい場合は、回り道のコピー+ペーストを使用する必要があります。
または[ソファに座る人]のレイヤーに3Dシーンを配置するように変更します。

使用した3D素材 //

終わり

ポーズ指導で描いた作例で実際に描いてみたのですが、3D写生人形の真価は描かないと伝わらないと常々感じていました。 XD"
個人的には、3D モデルは、より遠近法や特別な角度で図を描くのに非常に適していると思います。
普段女の子は描かないので、よろしくお願いします。

(おおよその角度を選択)

(終了した)

(かぶせる)

読み方の違いもあるので、記事を書くときは文字を多用せず、表現できるところは絵を使うようにしています。しかし、これを書くのはまだ難しいです。 030"
(これは、TIPS で公開された私の 4 番目の記事です)

この記事があなたにも役立つことを願っています。
ありがとう。

私のIG
https://www.instagram.com/nelviy_manga/ https://www.instagram.com/nelviy_manga/

コメント

新着

公式 新着