7.人物の着色3(目・その他)

5,625 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

[1]人物の目の着色

人物の着色のなかで、一番気を遣っているのが目の着色です。

『とろけるような瞳を描きたい!』と念じながら描いていきます。



■1.白目


まずは白目から塗ります。肌となじませるために、[スポイト]ツールで白目付近の肌の色を取得して白目の下の部分を少しだけ塗り、目のフチあたりにねずみ色、紫色で影を描きます。



■2.瞳


次に、瞳を塗ります。

茶色のベースの下の方に黄色を塗り、ベースレイヤーの上に新規レイヤーを作成して、合成モードを[乗算]にします。

このレイヤーをベースレイヤーにクリッピングし、上は暗めに下は明るくなるようにグラデーションさせながら塗っていきます。


また、その上に合成モード[通常]の新規レイヤーを作成して目の中心に黒を塗り、上の方には明るい色でトントンっと色を置きます。

さらに、色調整としてベースの黄色を塗ったところに少し水色を塗り、線画の上に新規レイヤーを作成して光を描きます。

目に光を入れることによって、絵の印象がかなり変わってしまうため、光は大きく入れすぎず、小さな光を散りばめるように入れるよう気をつけています。独特さ&面白さが欲しいなと思い星型の光も入れます。


目のフチの色を変えて完成です。


[2]ぬいぐるみなどの着色

■1.ベースを塗る


人物の隣のぬいぐるみ(くま)たちを塗っていきます。

ブラシは「色塗1」と「色塗2]を使用し、くまのベースレイヤーに直接塗ります。

配色で塗ってあるベースの色より少し暗い色を塗っていき、次に[カラーサークル]パレットの円(色相)の選択位置を少しずらして色の違う影を入れます。


そのレイヤーの上に新規レイヤーを作り、[下のレイヤーでクリッピング]して、「青肌とか」ブラシで影の色を塗り重ねます。

ベースとは違う色や付近の色などを取り入れて、全体の様子を見ながら塗っていきます。


濃い色を塗りすぎると絵の印象が重苦しくなってしまうため、ぬいぐるみを塗るときは、人物よりも薄い色を使い、軽めにさらっと塗っていきます。

その後、「カサカサ消しゴム」ブラシを使用して、髪の毛の工程と同様に、削って薄くします。



■2.模様をつける


くまの一部分に水玉模様を付けます。水玉模様は手描きで作成しています。

新規レイヤーを作成し、[ペン]ツールの[丸ペン]を使用して、逆三角形の頂点にあたる位置に点を打つように描きます。

このレイヤーを複製して並べ、結合→複製を繰り返して水玉模様を作ります。

水玉模様はよく使うのですが、パターン画像素材などは作っておらず、毎回新しく作成しています。


この水玉模様を、くまの頭と耳の部分に重なるように大まかに配置し、ベースの色を塗ったレイヤーに[下のレイヤーでクリッピング]します。


最後に、水玉模様の色を変更します。

水玉模様のレイヤーの[透明ピクセルをロック]してから、[カラーサークル]パレットで調整した色を[編集]メニュー→[塗りつぶし]を使って塗りつぶします。



■3.縫い目を描く


ぬいぐるみの縫い目のようなものは、線画の上に新規レイヤーを作り「ベタペン」ブラシで描きました。


ぬいぐるみの着色が終わりました。


基本的に、服や小物の着色もこの方法で塗っていきます。

最後に、全体のバランスを見てリボンなどの柄を「ベタペン」で描き、女の子のスカートの色を配色で置いた色よりさらに暗めの色に変更しました。

人物とぬいぐるみの着色はこれで終わりです。

コメント

新着

公式 新着