4.細部の描き込み

4,691 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

細部を描き込んでいきます。


[1]人物・前景の加筆

一番上に新規レイヤー「加筆」を作り、描き込みが足りない部分を上から加筆します。


下図では、主に瞳のハイライト、眉、髪の影などを加筆しています。


色が薄い部分は上に[乗算]レイヤーを作り、色を足していきます。

全体の色味のバランスを見ながら描き進めます。


色が薄いと思ったら[乗算]で色を足し、暗いと思ったら[オーバーレイ]で明るく、描画色をそのまま乗せて塗りたいところは合成モードを変更せず[通常]レイヤーを作成して描き進めます。


[2]背景の調整

合成モード[オーバーレイ]の新規レイヤーを作成し、背景の窓からの光など、明るくしたい部分などを描き込んでいきます。


背景の中で色が強い部分を、合成モード [スクリーン]のレイヤーに薄い水色でなじませるように描画し自然に見せます。空気遠近法の要領です。


[3]下絵のベース色の調整

下絵の黒い部分が気になったので、上に[オーバーレイ]レイヤーを作り、重ねて青みを足します。

[オーバーレイ]レイヤーの不透明度を[27%]にしてちょうどよい濃さにします。


調整した下絵を重ねて表示すると下図のようになります。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着