フレームアニメーションのための便利な機能

14,093 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

「手書きのフレームアニメーション」講座では、アニメーションを作成するための基本的な機能を紹介しました。

https://tips.clip-studio.com/ja-jp/articles/2048


このページでは、フレームアニメーション作成に活用できる、便利な機能を紹介します。


セルを一括指定して、一度に作成する

一括で同じ間隔にセルを指定したい場合は、以下の方法で効率的にセル指定と作成が行えます。


①[タイムライン]パレットで「1」フレーム目を選択します。


②[アニメーション]メニュー→[トラック編集]→[セルを一括指定]を選択します。


③表示される[セルを一括指定]ダイアログで、以下の項目を設定します。

[セル指定]…

・[開始番号]:1

・[終了番号]:12

・[フレーム数]:2

※作例では再生時間が24フレームあり、1つのセルを2フレームずつ指定するため、24/2の「12」まで指定します。


④[OK]をクリックすると、タイムラインに2フレームずつ、空白のセル指定がされました。


⑤[アニメーション]メニュー→[トラック編集]→[対応するすべてのセルを作成]を選択します。


アニメーションフォルダーの中に、「12」セルまでの11枚のセルが作成されました。


再生時間が長いアニメーションを作成する時など、1枚ずつアニメーションセルを作成する手間が省けるため、便利に活用できます。


セル名を正規化する

後からセルを削除、追加すると、セルの名前が再生される絵の順番ではなくなってしまいます。

そのままでも問題はありませんが、分かりにくい場合はセル名を正規化して、分かりやすく整理できます。


[アニメーション]メニュー→[トラック編集]→[タイムラインの順番で正規化]を選択します。


[タイムライン]パレットに指定されているセル名が正規化されました。


1枚のセルとして、複数のレイヤーを使用する

アニメーションセルをレイヤーフォルダー単位で指定することで、アニメーションセルのレイヤー分けができるようになります。

線画を残して別のレイヤーに着彩したり、パーツによってレイヤーを分けたい場合に活用できます。


①[レイヤー]パレットで、タイムラインにセル指定されているレイヤーを選択します。


②[レイヤー]メニューから[フォルダーを作成してレイヤーを挿入]を選択します。


選択していたレイヤーと同じ名前のレイヤーフォルダーが作成され、レイヤーが格納されます。


「1」レイヤーフォルダーに格納されているすべてのレイヤーが、[タイムライン]パレットに「1」セルとして指定されます。


③[レイヤー]パレットの[新規ラスターレイヤー]をクリックして、「1」レイヤーフォルダーの中に塗りのレイヤーを作成します。


「線画」と「塗り」の2枚のレイヤーが、1枚のセルとして使用できるようになりました。


【POINT】

[新規アニメーションセル]コマンドは、直前に選択しているセルと同じ状態のセルが作成されます。

「1」セルを「線画」「塗り」レイヤーが格納されたフォルダーに編集した後、続きのアニメーションセルを作成すると、以降は同じ構造で作成されます。


すべてのセルを「線画」「塗り」などでレイヤー分けしたい場合などで、便利に活用できます。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着