漫画づくりに便利なグラデーション

2,257 view

はじめに

この記事は「マンガ用グラデーション」ツールについて解説していきますが、
他のグラデーションツールにも応用可能な仕様も多々含まれています。

「マンガ用グラデーション」ツール

まず、モノクロ漫画を作成すると想定して、キャンバスの「基本表現色」は「モノクロ」に設定してください。

「マンガ用グラデーション」ツールはサブツールパレット「グラデーション」に属しています。
「描画対象」の項目が「グラデーションレイヤーを作成」になっていることを確認してください。

使用例および解説

線画を準備し、グラデーションをかけたい部分を選択状態にします(例ではわかりやすいように赤色で表示しています)。
選択状態でこのツールを任意の角度とストロークでドラッグします。
すると、

トーン化されたグラデーションが作成されました。

レイヤーパレットを見てみると、

グラデーションレイヤーが独立して作成されています。
先ほど選択した部分以外はレイヤーマスクで隠されています。
そのため、

消しゴムや透明色で描画しマスクをかけた部分はグラデーションが見えなくなるのに対し、
黒などで描画した部分はマスクがはがれグラデーションが現れます。

「オブジェクト」ツールで編集

アナログの場合貼ったトーンを貼りかえるのは大変です。
しかしデジタルの場合「グラデーションレイヤー」が作成された後でも調節が可能です。

いったん「オブジェクト」ツールに切り替えます。
すると、「グラデーションレイヤー」上で青い操作バーが現れるのでそれを下方に移動させると

グラデーションの位置が下がったことがわかるでしょうか。(マスクの解説をする前の女の子の画像と比較してください。)

反対に上方に移動させると、

グラデーションの位置が上がったことがわかるでしょうか。



操作バー上部をひっぱると操作バーを伸ばしたり縮めたりすることが可能です。
この時下部の十字は動きません。

ななめにもできます。(作成時にななめにすることももちろん可能です。)

バーを動かさなくてもこのように、

「オブジェクト」ツール選択時にこの三角のマークを動かすことで濃さを調節できます。

形状等

そのほか、「オブジェクト」ツール選択時なら後から「形状」の項目でグラデーションを
「円」や「楕円」にしたり、「端の処理」項目で「繰り返し」や「折り返し」にすることも可能です。

おまけ

補足ですが、「レイヤープロパティ」で「トーン化」を解除すればグレーのグラデーションにすることも可能です。

そして「レイヤーカラー」を設定することでカラー表示も可能です。

おわりに

長々とおつきあいくださりありがとうございました。
初歩的な話だったかもしれませんが
どなたかのお役に立てたなら幸いです。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着