ベクターレイヤーの完全ガイド

3,178 view

Clip Studio Paintでインクを使用する場合は、ベクターレイヤーを使用してインクを使用することを強くお勧めします。これにより時間を大幅に節約でき、作業がよりきれいになります!

ベクターレイヤーとは何ですか?

ベクターレイヤーとは何かを説明する前に、ベクターとは何かを説明する必要があります。通常、アートプログラムで描画するときは、ラスターで描画します。つまり、描画するすべての線はピクセルで構成されており、その線のサイズを拡大または縮小すると、結果として線の品質が低下します。線があいまいになるように、非常に小さく描いた図面を拡大したことがありますか?それはラスターによるものです。ベクター(またはベクター化された画像)は、ピクセルではなくパスで構成されているため、品質を損なうことなく任意のサイズに拡大縮小できる画像です。基本的に、プログラムは描画する各線を、線に変更を加えるたびに何度も計算する小さな方程式として認識します。そのため、どのようにゆがんだり拡大縮小されても、常に維持されます。

ベクターレイヤーは、描画するすべての線をラスターではなくパスのように扱うClip Studio Paintの一種のレイヤーです。

これらのレイヤーはClip Studio Paint内のベクターとしてのみ認識され、ベクターレイヤーは別のプログラムでエクスポートまたは開くときにラスターと見なされることに注意してください。

それは私の芸術にとって何を意味するのでしょうか?

線はパスのように扱われるため、Clip Studio Paintでは、線を描いた後に描いた各線を編集することができ、それらの線がいつ重なり合って交差するかがわかります。

行の編集

ベクターレイヤーに描画した線は、操作サブセットのオブジェクトツールに移動して編集できます。ここでは、ブラシの形状、色、サイズ、テクスチャ、ブレンドモードの変更など、さまざまな方法でラインを変更できます。

これらは、行を編集する方法のほんの一例です。その他の方法については、パネルの下部にあるレンチをクリックして、サブツールの詳細ウィンドウに移動します。

線を編集する方法の1つの例は、ブラシの形状を変更することです。ブラシで線画を描いたが、見た目が気に入らないと判断した場合は、ブラシドロップダウンに移動して、プリセットとしてロードした他のブラシに変更できます。

これにより、使用したブラシのサイズが保持されるため、主な変更点は、ブラシの先端の形状とブラシの属性のみです。

オブジェクトツールで個々の行をクリックして編集できます。それらをクリックすると、ノード全体が表示されます。ノードを押したり引いたりして、線の形状を変更できます。

ベジェ曲線(個々のノードではなく拡張ハンドルを押したり引いたりできるタイプの編集)を使用する場合は、線の描画に使用するブラシのサブツールの詳細の修正サブカテゴリでチェックされているベジェ曲線を確認してください。パネル。

作業に最適な効果を得るために、ラインを編集してください。

線の重なりと交差

ベクターレイヤーのもう1つの機能は、ベクター消しゴムを使用して交差する線を消去できることです。

ベクターレイヤーで通常の消しゴムを使用する例を次に示します。

ラスターレイヤーのように、線に関係なく、触れたものをすべて消去します。

ただし、消しゴムの設定に移動し、[サブツールの詳細]パネルの[消去]サブカテゴリで[ベクトル消しゴム]がオンになっていることを確認すると、消しゴムは行が重なったときに認識を開始します。消しゴムに適用できる設定は3つあります:タッチされた領域を消去する、交差点まで消去する、および行全体です。デフォルト設定は、タッチ領域の消去です。これにより、ラスターレイヤー上の通常の消しゴムのように動作します。

設定を「交差点まで消去」に切り替えると、次のように動作します。

ワンクリックで、別の線と交差する線を消去できます。これは、建物、髪の毛、布地など、多くの線が重なっているものを描くのに非常に便利です。また、複数のベクターレイヤーにまたがる複数の線が重なっていることも認識するため、誤って間違った線を消去することを心配せずに安全に消去できます。

設定の可視性(小さな目のボタン)をオンにすることで、消しゴムの設定をすばやく切り替えることができ、ツールプロパティパネルに表示されます。

スケーリング

最後に、ベクターレイヤーの最大のメリットの1つは、品質を損なうことなくラインを拡大縮小できることです。

サブツールの詳細パネルの[変換設定]サブカテゴリでスケーリングの設定を調整できます(または、変換中に、[ベクトル幅の変更]チェックボックスをオンにします)。 。

「ベクター幅の変更」を無効にしたスケーリングの例を次に示します。

ご覧のとおり、図形のサイズが小さくなっても、線の幅は同じままです。これは、線の太さを同じにしたい図面で何かを縮小するのに本当に便利です。

「ベクター幅の変更」を有効にすると、代わりに次のようになります。

これはラスターと同じようにスケーリングされ、ラインのサイズはダウンスケールに応じて小さくなり、アップスケールに応じて大きくなります。さらに、ベクターであるため品質を損なうことはありません。

レイヤーの変換

ラスターレイヤーをベクターレイヤーに変換するには、レイヤーを右クリックして[レイヤーの変換]に移動し、ドロップダウンから[ベクターレイヤー]をクリックします。これにより、ラインの外観が多少変更される可能性があり、Clip Studio Paintはラインの開始位置と停止位置を推測する必要があることに注意してください。これは、線を最初にベクトルとして描画するよりもはるかに不正確でクリーンですが、最後の段階で物事を変更するのに役立ちます。

[ベクトル設定]ボタンをクリックして、ベクトルへの変換方法の設定を変更できます。これにより、変換方法をカスタマイズして、できる限りクリーンにすることができます。

着色

参照レイヤーを認識するようにカラーブラシを設定している場合は、ベクターラインアートを参照レイヤーに変更して(レイヤーパネルの灯台ボタンをクリック)、ブラシを「ベクターパスまで塗りつぶす」に設定することで、さらに一歩進めることができます。 」

これにより、ブラシはベクターラインを中央から1ピクセル幅のように処理し、ラインアートがテクスチャまたは半透明の場合に空の白いギャップが形成されないようにします。

これが使用中の例です:

これらは最も重要な機能です!私はコミックのラインアートを行うときにこれらの機能をすべて使用します。それは私の人生をずっと楽にし、私の仕事はずっときれいになります。

読んでくれてありがとう、そしてこれがあなたのお役に立てば幸いです!

コメント

関連する記事

新着

公式 新着