テクスチャブラシの作成

10,042 view

テクスチャを作成する

Clip Studio Paintでテクスチャを作成する最も簡単でカスタマイズ可能な方法の1つは、プログラムに既に組み込まれている既存のアセットを結合することです。

[ウィンドウ]> [マテリアル]に移動すると、CSPにプリインストールされているマテリアルフォルダを開くことができます。ここでは、Monochromatic Patternフォルダー内のマテリアルで十分です。

ここでは、さまざまなパターンやテクスチャでいっぱいのサブフォルダーを見つけることができます。これらはすべてモノクロ(黒と白)です。これらの既製のテクスチャの多くは、それ自体でオーバーレイとして機能しますが、それらを組み合わせて設定を調整し、アートスタイルに合った理想的なテクスチャを作成できます。

たとえば、ここでは40%40/0 Noiseというノイズパターンをキャンバスにドラッグしました。テクスチャの種類を増やしたいので、その上に5%100/0ノイズを追加しました。

ここで止めることもできますが、レイヤープロパティパレットに移動して、これら2つのテクスチャをさらにカスタマイズできます(表示されない場合は、[ウィンドウ]> [レイヤープロパティ]に移動します)ここで、[トーン]セクションで、各テクスチャの設定を微調整できます。これには、回転、サイズ制御、密度が含まれます。

両方のテクスチャのこれらの設定を操作した後、私は次のようなものになりました:

ズームからわかるように、これにより、最初のテクスチャとは非常に異なるテクスチャが生成されました。

テクスチャに満足したら、両方のトーンレイヤーをラスタライズします(レイヤーを右クリックして[ラスタライズ]をクリックします)。これにより、テクスチャが平坦化され、それ以上編集できなくなります。次に、2つのレイヤーを1つにマージします。

この時点で、すでに見た目が気に入ったら、ここで止めることができます。しかし、追加のレベルのざらつきや変化を与えたい場合は、マテリアルパレットに戻り、テクスチャフォルダから従来のテクスチャの1つをドラッグできます。

ここでは、鉛筆テクスチャをドラッグしました。

デフォルトでは、Textureフォルダーのテクスチャはすべて半透明です(つまり、白はなく、不透明度が異なると黒の値しかありません)。このテクスチャを既存のテクスチャの上に適用すると、両方とも既にモノクロなので、ちょうどよく調和します。これを修正するために、鉛筆テクスチャとカスタムテクスチャの間に新しいレイヤーを作成し、それを白一色で塗りつぶします。

次に、それを鉛筆テクスチャレイヤーとマージし、クリッピングマスクを使用してカスタムテクスチャにクリップしました。

これで、テクスチャの不透明度が変化しました。これにより、ブラシとして適用したときに、より伝統的な感触が得られます。

独自のテクスチャを作成する別の方法は、キャンバス上に複数のブラシで描画し、非常にテクスチャのある効果を作成することです。

不透明度が低い場合、この非常にランダムなテクスチャは、ブラシとして素晴らしい結果を生み出します!

テクスチャが気に入ったら、[編集]> [マテリアルの登録]> [画像]に移動して、テクスチャとして登録します。

ブラシにテクスチャを追加する

新しいブラシを作成するには、サブツールパネルの下部にある[現在選択されているサブツールのコピーを作成]ボタンをクリックして、既存のブラシの1つを複製します。好みの設定のブラシがある場合は、そのブラシを複製してください。

ブラシが複製されたら、サブツール詳細パネルに移動します。

サブツール詳細パネルのテクスチャメニューで:

-「テクスチャ密度」は、テクスチャの表示の強さを制御します。

-「逆密度」は、テクスチャの黒と白の値を反転させます

-「エンファサイズ密度」は、テクスチャにコントラストを追加して、視認性を高めます。テクスチャを非常に強くしたい場合のみ、これをチェックしてください。

-「スケール比」は、ブラシに関連するテクスチャのサイズを制御します。値が高いほど、テクスチャは大きくなります。

-「回転角度」は、テクスチャが適用される角度を制御します。テクスチャがシームレスでない場合は、継ぎ目が目立たなくなるようにテクスチャを回転させることをお勧めします。

-「テクスチャを適用する方法」は、レイヤーモードとブレンドモードと同様に機能します。

-「各プロットチップを適用」は、ストロークではなくすべてのブラシチップにテクスチャを適用します。これは、チップの配置密度に応じてテクスチャを積み重ねます。


Textureの横にあるボタンをクリックして、マテリアルから作成したテクスチャをロードします。

ブラシチップを作成する

カスタムブラシチップを作成するには、キャンバス上で目的のチップの形状を黒で描画します。

テクスチャーの付いたチップの場合は、いくつかのブラシを使用して、ブラシの適用方法に無秩序にします。

ヒントが描画されたら、[レイヤープロパティ]パネルに移動し、ドロップダウンで[表現色]を[灰色]に変更します。これにより、画像がグレースケールに変わります。これは、任意の色を使用できるブラシチップとして正しく機能するために必要です。

この手順が完了したら、編集>マテリアルの登録>画像に移動して、ブラシチップを登録します。

チップを登録する際は、「ブラシチップ形状に使用する」にチェックが入っていることを確認してください。

チップを登録したら、新しいブラシを選択して[サブツールの詳細]パネルに戻り、[ブラシチップ]メニューに移動できます。

先端形状の横にある[材料]オプションをクリックし、下の領域をクリックして材料のリストを開きます。新しいブラシチップを見つけ、[OK]をクリックして適用します。

-[太さ]スライダーは、ブラシチップの幅を制御します。値が小さいほど、先端は細くなります。また、水平または垂直を切り替えることで、チップを傾ける方向を制御できます。

-角度スライダーを使用すると、先端が適用される角度を制御できます。

-[ブラシ密度]スライダーを使用すると、個々のブラシチップの不透明度を調整できます。これは[不透明度]スライダーに似た効果がありますが、重要な違いがあります。ClipStudioペイントブラシは、スタンプのようにブラシの先端を何度も繰り返すことによって作成され、ブラシ全体ではなく、個々の先端の不透明度を制御します。

-[ギャップによるブラシ密度の調整]設定は、チップ間のギャップが小さくなると自動的にブラシチップの密度を下げることで、上で選択した密度設定を維持します(オーバーラップを防止して暗くなるのを防ぐため)。

さらにテクスチャのあるブラシの場合は、複数のブラシチップを作成することを検討してください。複数のブラシチップを1つのブラシにロードすると、描画するにつれてブラシがチップを循環します。ヒントを繰り返す方法は、[ストローク]メニューで変更できます。

これでテクスチャードブラシが完成しました!サブツールの詳細パネルの他のメニューを使用して、好みに合わせて調整できます。

これがお役に立てば幸いです。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着