グラデーションマップを使用して色を強調する

36,487 view

グラデーションマップ

グラデーションマップは、グラデーションをその下の値にバインドする調整レイヤーです。

グラデーションマップには2つの方法でアクセスできます。

-[編集]> [色調補正]> [グラデーションマップ]は、現在作業中のレイヤーにグラデーションマップを適用します。
-[レイヤー]> [新しい調整レイヤー]> [グラデーションマップ]は、選択したレイヤーの上に調整レイヤーを作成し、後で編集および調整できます。

色から

選択した作品のベースカラーが既にある場合は、グラデーションマップを使用して色を調和させるか、クールな効果を得ることができます。

キャラクターのベースとして使用することにしたいくつかの大まかな色を以下に示します。これらは彼の参照画像から選択され、凝集性があるように少し調整されています。

グラデーションマップレイヤーで、好みのグラデーションを選択します。効果を確認するために、ここで暖かみのあるピンクと茶色のグラデーションを選択しました。

[OK]をクリックした後、グラデーションマップレイヤーを調整できます。

グラデーションマップレイヤーは修正レイヤーであるため、レイヤーモードと不透明度を変更して、異なる結果を得ることができます。

以下に、不透明度とレイヤーモードを変えて、同じグラデーションマップを使用して作成したカラーパレットの3つの例を示します。

必要に応じて、さらに多様な組み合わせの勾配マップをスタックすることもできます!

値が初期のベースカラーと一致するようにする場合は、元のレイヤーを複製し、グラデーションマップレイヤーの上にドラッグします。次に、レイヤーモードを[明るさ]に設定すると、値が一致するように変更されます。

黒と白から

白黒のスケッチから始める場合は、グラデーションマップを使用して独自のカラースキームを作成できます。

グラデーションに応じて、これらの配色は既に使用するのに十分であるか、調整する必要がある場合があります。

グラデーションマップレイヤーモードを[色]に設定すると、前の方法で明るさモードを使用する場合と同様に、グラデーションマップでスケッチと同じ値が使用されるようになります。

前と同様に、興味深い効果が得られるまで、いくつかのグラデーションマップを積み重ねることができます。

色を完全に変更する場合は、色相モードに設定された新しいレイヤーを作成し、任意の領域の色を変更して変更できます。

または、色に基づいてクリーンな選択を行うには、レイヤーフォルダーが選択されていることを確認してから、[選択]> [色域の選択]に移動します。次に、選択する色をクリックすると、その色を使用する図面のすべての領域が自動的に選択されます。これは、変更したい特定の色を調整する非常に簡単な方法です。

ここでは、最も暗い紫色の色合いを選択しました。これで、残りを邪魔することなくこれらの色を変更できます。

それを楽しんでください!時々実験的な色を試すのに緊張することがよくありますが、グラデーションマップを使用すると、自分では考えられなかった多くの可能性が示されるため、色の選択がより勇気づけられました。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着