アートフィルターを使用して写真からコミックの背景を作成する

1,658 view

このガイドでは、Clip Studio Paintのアーティスティックフィルターを使用して、写真をトーンコミックの背景に変える方法を説明します。

写真

このガイドでは、コミックの背景にしたい教会の建物の写真を使用しました。コミックの背景に使用する写真はすべてパブリックドメインにするか、自分が所有するようにしてください。

写真を白黒にするには、[編集]> [色調補正]> [色相/彩度/明度]に移動し、[彩度]の値を-100に設定します。

[編集]> [色調補正]> [レベル補正]に移動して、画像のレベルを調整できます。これにより、最も明るい色をより明るく、最も暗い色をより暗くすることができます。

写真を調整したら、2つになるようにレイヤーを複製します。次のステップに進む前に、最上位のレイヤーを選択します。

アーティスティックフィルター-ラインのみ

[フィルター]> [効果]> [芸術的]に移動して、[芸術的フィルター]ウィンドウを開きます。プロセスを「線のみ」に設定し、「プレビュー」がチェックされていることを確認して、ラインアートを好みに合わせて調整できるようにします。

後の手順を支援するために、Lineアンチエイリアスを非常に低い値に設定することをお勧めします。

[OK]をクリックすると、レイヤーがラインアートになります!

このラインアートはまだ少し厄介なので、ベクターレイヤーを使用して少しクリーンアップし、ラインを調整します。

ラインアートレイヤーを選択した状態で、[レイヤー]> [レイヤーの変換]に移動し、ラスターレイヤーからベクターレイヤーに変更します。

乱雑な領域を消去するには、ツール設定で[ベクトル消しゴム]ボックスがオンになっているハード消しゴムがあることを確認してください。

これで、ゆるいドットがある場所ならどこでも簡単にクリーンアップできます。

ラインアートをコミックの他の部分と一致させるために、ベクターレイヤーで使用されるブラシの形状を変更できます。

ベクターレイヤーを選択した状態で、[操作]サブセットの下の[オブジェクト]ツールをクリックし、[ツールプロパティ]ウィンドウに移動します。

[ブラシシェイプ]ドロップダウンをクリックして、ラインアートで使用するブラシのタイプを選択します。ラインアートは、選択に合わせて変更されます。

上記の[ブラシサイズ]設定を変更して、ラインアートの幅を変更することもできます。

今、私のラインアートは私の漫画の残りの部分と一致しています!

アーティスティックフィルター-色のみ

次に、2番目のレイヤーを選択します。今のところ、ラインアートレイヤーの可視性を非表示にすることをお勧めします。

[フィルター]> [効果]> [芸術的]に移動して、[芸術的フィルター]ウィンドウを開きます。プロセスを[色のみ]に設定し、微調整できるように[プレビュー]がオンになっていることを確認します。

調子を整えるために、色の数を3または4に制限することをお勧めします。

これで、写真は黒、グレー、白の単色の領域に変わります。

色をマンガ調に変えるには、[レイヤープロパティ]ウィンドウを開き、[トーン]ボタンをクリックします。

トーンの設定を好みに合わせて調整します。

そして、それで、あなたのトーン漫画の背景が完成しました!

このガイドがお役に立てば幸いです!

コメント

関連する記事

新着

公式 新着