スピードペインティングのトリック。

7,951 view

次のビデオでは、アートを高速化し、イラストに素敵な効果を加えるための10の小さなトリックを紹介します。はじめましょう!

ビデオを見る。

https://youtu.be/m8bzN5R7Fik

ここに私がビデオで与える10のトリックの要約があります。

1)すべてのスケッチレイヤーのフォルダーを作成します。

すべてのスケッチレイヤーを1つのフォルダーに配置する場合、フォルダー全体に色の値を指定して、内部に配置するすべてのレイヤーが同じ色になるようにすることができます。色はデフォルトで青ですが、私は私のものを赤にするのが好きです。なぜこれを行うのですか?後でスケッチにインクをしたいとき、スケッチが黒でない場合、私がはるかにうまく行っていることを見ることができるからです。

2)描画が難しい詳細には3Dオブジェクトを使用します。

メガネ、ゴーグル、バッグ、自転車など、3DオブジェクトはClip Studio Paintで非常に便利です。この場合、私はこのオブジェクトを使用しています:

https://assets.clip-studio.com/en-us/detail?id=1754131

3Dオブジェクトを図面にドラッグアンドドロップし、必要な角度を設定するだけです。

次に、3Dオブジェクトレイヤーを右クリックし、レイヤーのLT変換を選択してラインアートを抽出します(EX機能のみ)。

*ラインアートの外観を変更するには、ベクトルレイヤー上のすべてのラインアート要素を保持することが不可欠です(たとえば、鉛筆のテクスチャの場合)。

3)各要素の基本色を異なるレイヤーに配置します。

要素ごとに1つのレイヤーがある場合、収束する要素を誤ってシェーディングすることなく後でシェーディングする方がはるかに簡単です(たとえば、髪をシェーディングするときは、すべてを適切に分離すればコートに影響しません) 。要素にシェーディングまたはライトを適用する場合は、その上に新しいレイヤーを作成し、「レイヤーの下のアイコンにクリップ」をクリックします。

*インクにテクスチャペンを使用すると、バケツは基本色を適用するのにそれほどうまく機能しません。私がしていることは次のとおりです:
-ラインアートフォルダーをコピーして貼り付けます。
-コピーの1つを非表示にします。
-ベクターラインアートレイヤーに移動し、ブラシの形状を通常のペンに変更します。

-これで、バケットを使用して各領域を非常にきれいに埋めることができます。
-ベースカラーの処理が完了したら、コピーしたラインアートフォルダーを非表示にし、テクスチャ付きラインアートで前のフォルダーを有効にします。

4)ライトフォーカスを設定します。

キャンバス上の任意の場所(後で非表示または削除できるレイヤー上)に十字を描くだけで、どこから光が来るのかを判断できます。そこを見ると、どの部分をシェーディングする必要があるかがわかります。

5)色を保存します。

フラットでない色を使用している場合(たとえば、水彩ブラシを使用している場合)、後で編集する必要がある場合は、使用していた色を取得する何らかの方法が重要です。私がやることは、新しいレイヤーを作成し(最後に非表示または削除する)、ソリッドペン(丸/マッピングペンなど)を使用してその色で円を描き、その後その色を再び使用する必要があるときスポイトを使用するだけです。

*さらに、使用可能な色のリストを保存する「色履歴」と呼ばれる有効化できるウィンドウがあります。特定の要素をシェーディングしているときに少し前に使用した色を見つけるのは少し面倒な場合があるので、前のヒントをお勧めします。

6)ブラシに関しては創造的である。

私は雲のブラシで毛皮の部分をシェーディングし始めました。特定のパーツ用の特定のブラシを見つける必要はありません。新しいものを試してください!

7)既存の背景を使用して新しい背景を作成します。

CLIP STUDIO PAINTには、使用できる多くの背景が付属しており、Assetsからダウンロードできるものはさらに多くあります。それらをミックスする方法は、新しいものを作成するのにも役立ちます!たとえば、この図では、銀河の背景に雲のある背景を(OVERLAYモードを使用して)混ぜ、グラデーションとCOLORレイヤーモードとSCREENレイヤーモードの追加ライトを使用して色を変更しました。繰り返しますが、創造性を発揮し、さまざまなものを混ぜて、絵にぴったりの雰囲気を作りましょう。

8)背景に合わせてキャラクターの色を編集します。

完璧な背景を得た後、あなたはキャラクターがあまりよく合わないように感じるかもしれません。これらの場合に私がすることは、キャラクターがペイントされているすべてのレイヤーを選択し、それらのレイヤーから選択を作成することです。これで、適用したすべての変更はキャラクターのみに影響します。これで、他のすべてのキャラクターのレイヤーの上に新しい補正レイヤーを作成することで、カラースキーム全体を編集できます(レイヤー->新しい補正レイヤー->カラーバランス)。エアブラシやその他のレイヤーモード(ライトの場合は画面、暗くなる場合は色の焼け、色を変更する場合は色など)を使用してエフェクトを適用することもできます。

9)SCREENレイヤーを作成して、ラインアートの部分と追加の効果を編集します。

最後に、SCREENモードで新しいレイヤーを作成し、光が直接反射するラインアートの部分を覆うように線を描画します(このため、前に決めた光の焦点を考慮します)。背景が暗い場合は、このレイヤーを使用して余分な抜け毛を追加します(背景が明るい場合は、代わりにMULTIPLYレイヤーを使用します)。

10)テクスチャを追加します。

必要なテクスチャをドラッグアンドドロップし、オーバーレイに設定します。次に、[レイヤー]-> [レイヤーマスク]-> [選択範囲外のマスク]に移動します。これにより、テクスチャ全体が消えます。エアブラシでマスクをペイントすることで、テクスチャの一部を必要な場所に表示できます。

これらのトリックがお役に立てば幸いです!

アーティストについて。

私のものが好きなら、あなたは私のソーシャルメディアをチェックできます(^^)

https://www.patreon.com/inma
https://gumroad.com/inma
https://instagram.com/inma_pollito
https://www.deviantart.com/inma
https://twitter.com/inmapollito
https://www.youtube.com/user/InmaPollito

プラットフォーム間でチュートリアルのリストを確認するには、Tumblrを確認してください。

https://inmapollito.tumblr.com/Tutorials

コメント

新着

公式 新着