遠近法でアニメーションを作成する(Schoolgirl walking)

720 view

こんにちは。挨拶できてうれしいです。今回は遠近感のある歩行アニメーションの作り方を見ていきます。
アニメーション化することだけは非常に困難で、多くの時間と労力が必要です。歩く人をアニメーション化したい場合はさらに時間がかかりますが、努力と献身と多くの忍耐があれば達成できます。はじめましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=GV3jL3-cYz4

歩行をアニメーション化するために考慮すべき側面

歩行をアニメーション化するには、2つの極端な位置、つまり主要な位置を作成し、それらを論理的な方法で調整する必要があります。

散歩の主なアクションは脚と下半身に由来するため、これらの部分に集中することから始めます。基本的に、歩行は連続した一連のステップです。

キャラクターのボディはバランスが取れている必要があり、足がより引き伸ばされるため、ステップ位置では上に移動することを考慮する必要があります。

腰の動きと同じように、肩が逆方向に動くこともあります。片方は左に、もう片方は右に傾きます。
すべての標準的な歩行で覚えておくべき最も重要なことは、左脚が前方にある場合、それを相殺するために右腕が前方にあることです。

参考文献

自然に歩くのがどんな感じかを見るには、鏡の前で自分を見たり、歩きながら友人のビデオを撮ったりします。このようにして、アニメーションを作成する方法についてのアイデアが得られます。アニメーションにビデオを使用して、キーフレームを抽出することもできます。これは、Rotoscopyとして知られています。
次のリンクに例を示します。

https://tips.clip-studio.com/es-es/articles/1294

コンセプトアート

まず、キャラクターのコンセプトアートを作成し、キャラクターの特徴を確立します。

キーフレーム

次に、歩行アニメーションのキーフレームをスケッチします。
選択されたフレームは、番号1、9、17、25になります。

適用することを決定した視点を考慮します。

ラインアートが完成すると、このようになります。

通過位置が完了したので、中間を挿入して、必要な毎秒30フレームを生成する必要があります。

新しい空のファイル

メニューの[ファイル] >> [新規]アニメーションを選択し、次のパラメーターを指定します。

最後のフレームを正確に配置するために、下部と左側のより大きな空白スペースを使用します。

バックグラウンド

対称定規を使用して、ガイドを配置します。それらを使用して、正面に近づくにつれてキャラクターのサイズが大きくなるようにします。
散歩を開始する距離に応じて角度を決定します。

これは最初のフレームです:

そして最後から2番目のフレーム:

このようにして、遠近法の線と一致するように、3D背景を簡単に配置して編集できます。

ニア踏切Ver.2を使用します

コントロールを使用して、目的の位置に配置します。

いくつかのオブジェクトを追加して、より見栄えをよくします。これらは自転車と車になります。

それを編集して、「3Dが少ない」ように見せます。

フレームを配置する

複数のレイヤーを1つのセルとして使用します。
1. [レイヤー]パレットで、セルに指定したレイヤーを選択します。
2 [レイヤー]メニュー→[フォルダーの作成とレイヤーの挿入]を選択します。
「1」レイヤーフォルダーに保存されているすべてのレイヤーは、[タイムライン]パレットでセル「1」に指定されています。

3. [レイヤー]パレットの[新規ラスターレイヤー]をクリックして、「1」レイヤーフォルダーにフィルレイヤーを作成します。

選択したレイヤーを含む、選択したレイヤーと同じ名前のレイヤーフォルダーが作成されます。

「Lineart」と「Color」の2つのレイヤーを1つのセルとして使用できます。

詳細な説明については、次のヒントを参照してください。

https://tips.clip-studio.com/en-us/articles/2049

[新しいアニメーションセル]コマンドを使用すると、現在選択されているセルと同じ設定のセルを作成できます。

後続のアニメーションセルを作成すると、同じ構造で作成されます。
カラー用の31フレームとラインアート用の別のフレームが必要です。

カラーレイヤーとラインアートを含む最初のフレームをインポートし、初期位置に配置します。

背景を非アクティブにし、ラインアートを含むレイヤーのみを表示します。
タマネギの皮も活性化させます。
これにより、次のフレームをより適切に配置できます。

前のフレームでガイドすると、青色に見えます。2番目のフレームは、足を踏むときに地面と接触している足に一致します。この場合は左足です。

また、遠近ガイドでガイドして次のフレームを大きくする必要があります。
これには、変換ツールを使用します。 (Ctrl + T)

支持脚が正しいフレーム31で終わるまで、同じ手順に従います。

アニメーションレイヤーを右クリックして、複製レイヤーを選択します。

これにより、31フレームのコピーが得られます。これは、最初のフレームの終わりにタイムライン上で移動します。
ガイドとして使用する2番目のアニメーションフォルダーのフレーム31と1を重ねてから、2番目のアニメーションフォルダーを最初のアニメーションフォルダーの最後に移動します。

前と同じようにフレームを希望の位置に配置し、キャラクターがカメラから外れるまでこの手順を繰り返します。

紙と背景が最後のフレームまでカバーすることを確認する必要があります。

これには、31フレームの6つのアニメーションフォルダと、7フレームの1つが必要です。
したがって、アニメーションは7秒間続きます。

音声なしのアニメーション

そして、これは音声なしの最終結果です。

オーディオを追加する

著作権なしでオーディオファイルをダウンロードできるサイトはたくさんあります。
このアニメーションでは、3つの異なるサウンドを使用します。ステップのサウンド、街路環境、女性キャラクターのハミングです。

オーディオレイヤーを作成するには、タイムライン、メニュー→新しいアニメーションレイヤー→オーディオをクリックします。

オーディオフォルダーのタイムラインを右クリックし、オーディオファイルのインポートを選択します。

アニメーションカーブエディタで、ボリュームを最も適切と思われる値に設定します。環境音のボリュームを40に設定します。

ハミングサウンドについても同じ手順を繰り返し、新しいオーディオフォルダを作成して、サウンドをインポートします。

アニメーションカーブエディタで、最初のフレームと最後のフレームにキーを配置します。最初のキーは5のボリュームレベルから始まり、最後のフレームで25のボリュームに増加します。
音はアニメーションに沿ったものになります。

最後に、ステップのサウンドを追加します。
使用するサウンドファイルは1つのステップに対応しているので、足が地面に触れ始めるフレームに配置します。

ステップの最も大きな音が聞こえるフレームは次のとおりです。
(0 + 13)(0 + 30)(1 + 17)(2 + 4)(2 + 21)(3 + 8)(3 + 25)(4 + 12)(4 + 28)(5 + 15) (6 + 2)(6 + 19)

各ステップで音量レベルを変更するキーを追加するので、最初の音量は5になり、音量が16になる最後に到達するまで毎回1ずつ増やします。


これがアニメーションの終了方法です。

このチュートリアルをご覧いただき、ありがとうございます。
またね

コメント

関連する記事

新着

公式 新着