iPad版のCLIP STUDIO PAINTは、パソコン用のCLIP STUDIO PAINT EXとほぼ同じ機能を使用することができますが、タブレット端末ならではの特徴や設定があります。

ここでは、iPad版の基本的な使い方と、はじめて使うときに確認しておきたい項目について解説します。

■CLIP STUDIO PAINTのペンやブラシの使い方については「【iPad】描きやすいブラシを見つける・調整する」をご覧ください。

■CLIP STUDIO PAINTの各機能の詳しい設定や使い方については、CLIP STUDIO PAINTユーザーガイドをご覧ください。

起動・画面の説明

CLIP STUDIO PAINTのアイコンをタップして起動します。

<CLIP STUDIO PAINTの初期画面・パレット等の名称>
起動した直後に白いキャンバスが自動で作成されます。アナログでイラストを描くときの紙に当たるのがキャンバス(中央の白く表示されているエリア)です。
①[ツール]パレット
イラストやマンガを描くための道具(ツール)を選択できます。
②[クイックアクセス]パレット
タップすると、[クイックアクセス]パレットが表示されます。よく使うツール・コアンド・オートアクションなどの機能を登録できます。登録した機能は、[クイックアクセス]パレットから実行できます。
③[サブツール]パレット
タップすると、[サブツール]パレットが表示されます。各各ツールの設定を切り替えることができます。
④[ツールプロパティ]パレット
タップすると、[ツールプロパティ]パレットが表示されます。現在使用しているブラシのサイズを調整できます。
⑤[ブラシサイズ]パレット
タップすると、[ブラシサイズ]パレットが表示されます。現在使用しているブラシのサイズを調整できます。
⑥[カラーサークル]パレット
タップすると、[カラーサークル]パレットが表示されます。[カラーサークル]をタップまたはドラッグして、描画色を設定します。
⑦[カラーセット]パレット
タップすると、[カラーセット]パレットが表示されます。標準的な色の一覧から色を選択できるほか、よく使用する色だけを集めて「カラーセット」として登録、管理できます。
⑧[カラーヒストリー]パレット
タップすると、[カラーヒストリー]パレットが表示されます。描画色の履歴が表示されます。色のタイルをタップすると、描画色を選択できます。
⑨[レイヤープロパティ]パレット
タップすると、[レイヤープロパティ]パレットが表示されます。レイヤーに対して様々な設定が行えます。また、選択中のレイヤーで使用できるツール・サブツールの候補を表示し、切り替えることもできます。
⑩[レイヤー]パレット
CGイラストやマンガを描くために必要な「レイヤー」機能を操作できます。
⑪[素材]パレット
タップすると、[素材]パレットが表示されます。イラストやマンガ作成に使用するさまざまな素材を管理するパレットです。素材は、キャンバスにドラッグ&ドロップして使用できます。
⑫[コマンド]バー
キャンバスの新規作成や、保存などの作業を素早く行うことができます。