[シンプルモード]“タブレットでお絵描き”の始め方

54,588

ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

CLIP STUDIO PAINTのタブレット版シンプルモードの基本的な使い方を紹介します。

 

スタジオモードの基本的な使い方は、こちらをご覧ください。

 

シンプルモードの画面のレイアウト

シンプルモードは、デジタルで始めてお絵かきをする方や、気軽にお絵かきを楽しみたいときに使用する機能がわかりやすく配置されています。

【POINT】

スタジオモードからシンプルモードへ切り替えると、スタジオモードの色に合わせてダークモードで表示されます。インターフェースの色は、画面右上[メニュー]→[環境設定]で変更できます。

 

ペン・ブラシを選んで描く

画面左側にあるツールバーの中から筆のアイコンをタップすると、初期収録されているペンやブラシが表示されます。

 

左側のカテゴリを切り替えると、それぞれの種類のブラシが一覧で表示されます。

取り消し/やり直し、消しゴムで修正

キャンバス上でタッチジェスチャーすると、描いた線の取り消し/やり直しができます。

 

  • 取り消し:2本指タップ

  • やり直し:3本指タップ

 

描いた線の一部だけを消したいときは、消しゴムツールで消します。ツールバーやブラシカテゴリにある消しゴムのアイコンをタップしてツールを切り替えます。

取り消し/やり直しはキャンバス上部のアイコンでも実行できます。

 

指で線を描画したくないときは…

スタイラスペンを使用していて指で描画したくない場合は、画面右上の「…」メニューから、[環境設定]→[指で描画する]をオフにします。

ブラシツールや選択範囲ツールなどを使用中に、スタイラスペンでのみ操作できるようになります。指はキャンバスをスクロールする操作になります。

 

ブラシの大きさと不透明度を変える

ペンやブラシの大きさや不透明度は、画面下部のスライダーで調整します。

 

色(描画色)を変える

ペン・ブラシの色を変えるにはツールバー下部のカラー切り替えをタップします。

カラーパレットで色を調整できます。

  • メインカラー:描画で使用する色です。ペンやブラシ、塗りつぶしなどに反映されます

  • サブカラー:サブカラーをタップすると、描画でこちらの色が反映されます。メインカラーの次によく使う色をセットしておくと便利です。特殊なブラシでは、メインカラーとサブカラーの両方が反映されるものもあります。

  • 透明色:描画した場所に使用すると透明で描画されるため、消しゴムのように使用できます。

 

キャンバスにある色を使用する

[キャンバス]に塗ってある色を選択したいときは、画面を1本指でロングタップします。

サークル下部に表示された色が選択中の色、上部に表示されている色がこれから選択する色になります。

【POINT】

ロングタップでスポイトに切り替えたくない場合は[環境設定]で[一本指ロングタップでスポイトツール]をオフにします。

 

レイヤーを使う

レイヤーとは、透明なフィルムのようなものです。レイヤーを追加することで透明のレイヤーに描いた絵を何枚も重ねて表示できます。

「線画」と「塗り」など、パーツや工程ごとにレイヤーを分けておくと、あとから調整できるので便利です。

[レイヤー]パレットは画面右端に表示されています。左にスワイプすると、レイヤー名や合成モードなどの詳しい情報が表示されます。

 

レイヤーを追加するには[+]のアイコンをタップします。[+]のアイコンは長押ししてデバイスに保存されている画像を追加できます。

レイヤーの順序を入れ替えたいときは、レイヤーのサムネイルを長押ししてドラッグします。

 

また、[レイヤー]パレットの一番下にある[用紙]レイヤーにはキャンバスの下地となる白色が塗られています。下地になる色を指定できますが、描画や移動はできません。

表示/非表示や不透明度などのレイヤーの細かい設定は、サムネイルをタップしてメニューを表示します。

 

画像を読み込む

カメラで撮影した画像や参考資料をキャンバスに読み込む場合は、レイヤーパレットの上部にある「+」をロングタップして表示されるメニューから[画像から追加]または[カメラで撮影して追加]を選択します。

 

素材やブラシを活用しよう

素材を活用すると小物や服の柄など、複雑な形や模様を簡単にイラストに追加できます。

 

素材を使うには、画面右上の[素材]パレットをタップして表示します。

カラーパターン、漫画素材・画像素材・3D素材など、素材がジャンルごとにまとめられています。

使いたい素材のサムネイルをタップすると、キャンバスに素材が貼りつけられます。

青いハンドルで位置や大きさ、角度を調整して画面右上のOKをタップします。

 

新しい素材やブラシをASSETSから追加する

CLIP STUDIO の素材サイト「CLIP STUDIO ASSETS」から、素材を探してアプリに追加できます。無料で追加できる便利な素材がたくさんあります(一部有料の素材もあります)。

[素材]パレットの[ダウンロード一覧]で[+]や[新しい素材を探す]をタップすると、ブラウザが起動してASSETSが表示されます。人気の素材や好きな素材をダウンロードしましょう。

  • ダウンロードしたブラシ素材:[サブツール]パレットの[ダウンロード]に自動的に追加されます。

  • ダウンロードした画像素材・ポーズ・体型・レイヤーテンプレート:[素材パレット]の[ダウンロード一覧]に自動的に追加されます。

  • ダウンロードしたカラーセット素材:[カラーセット]パレットに自動的に追加されます。

 

3Dデッサン人形を使う

ポーズや構図の参考として、3Dデッサン人形を使ってみましょう。

3Dデッサン人形は、[素材]パレットの[3D]の中にあります。

素材のサムネイルをタップすると、キャンバスにデッサン人形が貼りつけられます。

  • [オブジェクト設定]タブでポーズと体型を操作します。

  • [ポーズ素材を適用]と[体型素材を適用]で素材からポーズと体型を変更できます。

  • [カメラ詳細]タブでカメラを調整します。

  • [アングルプリセットを適用]から用意されたアングルにカメラを設定して、数値をスライダーで操作してパースを調整できます。

タッチジェスチャーで直感的にカメラや光源を調整したい場合は左側のランチャーで操作対象を切り替えます。

調整が完了したら右上のOKボタンをタップします。

CLIP STUDIO ASSETSで公開されているポーズ・体型素材を活用しましょう。

 

作品を保存する・画像を書き出す

作品が描き終わったら保存します。作品を保存しておくと、レイヤーを維持したまま続きを描いたりできます。

画面左上部にある[保存]ボタンを押します。

次に、SNSなどで共有する画像を書き出してみましょう

 

作品を書き出す

キャンバス右上の「…」をタップし、[画像を書き出し]から描いたイラストの保存や共有ができます。この先の手順は、AndroidとiPadで異なります。

 

タイムラプスを書き出す場合も手順は同様です。[タイムラプスを書き出し]から保存・共有ができます。

■ iPadの場合

キャンバス右上の「…」をタップし、[画像を書き出し]を選ぶと、プレビュー画面が表示されます。

画像のファイル形式(PNG、JPG、PSD)を選択してから、[共有]ボタンをタップします。

 

[共有]ボタンを押すと、モーダルウィンドウが表示されます。共有先のSNSを選んで共有しましょう。

[画像を保存]などでデバイス内に画像を保存することもできます。

 

■Androidの場合

キャンバス右上の「…」をタップし、[画像を書き出し]を選ぶと、[共有]と[端末内に保存]が選べるウィンドウが表示されます。どちらかを選択すると、プレビュー画面が表示されます。

画像のファイル形式(PNG、JPG、PSD)を選択してから、[共有]ボタン、または[保存]ボタンをタップすることで書き出しが完了します。

[共有]ボタンを押した場合は、モーダルウィンドウが表示されます。共有先のアプリを選択して共有しましょう。

 

スタジオモードに切り替える

インターフェースをスタジオモードに切り替えると、PC版と同じようなすべての機能を使用できます。

右上の[メニュー]から[スタジオモードに切り替え]を選択します。

スタジオモードの操作方法は以下の公式講座を参考にしてください。

コメント

新着

公式 新着