2.描画する方法(入力デバイスの接続・設定)

191,100 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

CLIP STUDIO PAINT Ver.1.10.10対応


【Galaxy/Android/Chromebook/iPad】ペンの設定

端末専用のペンで描画する場合は、指とペンで別の操作ができる状態に変更しておくとよいでしょう。

※指で描画する場合は変更する必要はありません。


[コマンドバー]にある[指とペンで異なるツールを使用]をタップしてONの状態にしておきます。


[指とペンで異なるツールを使用]をONにすると、初期状態で以下の操作が設定されています。


・キャンバスを移動([手のひら]ツール):1本指でスワイプ

・色を取得([スポイト]ツール):1本指で長押し

※[コマンドバー]→[指で使用するツールを設定]をタップすると、[修飾キー設定]ダイアログが表示されて指で操作する機能を編集できます。


【Galaxy/Android/Chromebook】CLIP STUDIO TABMATEを活用する

CLIP STUDIO TABMATEは、bluetoothで接続できる、CLIP STUDIO PAINT専用の入力デバイスです。

タブレット画面に指やペンで描画する際、もう片方の手でCLIP STUDIO TABMATEを操作することで、さまざまなショートカットや修飾キーを使用できます。


詳しい使い方は、以下をご覧ください。


【Galaxy/Android/Chromebook】筆圧のない端末の場合

 ・筆圧のある線が描きたい【Galaxy/Android】

筆圧に対応してないGalaxy/Androidタブレットの場合、Wacom Intuosなどのペンタブレットを接続することで、筆圧のある線が描けるようになります。

Galaxyタブレットでは、Samsung DeXモードを利用することで液晶ペンタブレットWacom Oneと接続することもできます。


対応するデバイスについては、以下でご確認いただけます。


指やマウスで描画時、線に入り抜きをつける

環境設定のツール→オプション→「指やマウスで~~」にチェックを入れると、指やマウスで入り抜き部分の筆圧が弱くなるように描画できます。

※Ver.1.10.10以降で初めてインストールした場合、初期状態でチェックが入っています。

コメント

新着

公式 新着