CLIP STUDIOのクラウドサービスを使用すると、iPadとPCなど異なるデバイス間で、同じファイルを編集できます。例えば、外出先のiPadで描いた作品をクラウドにアップロードすると、自宅のPCからクラウド上の作品をダウンロードして、続きを描けます。

クラウドサービスを使用するには、CLIP STUDIOへのログインが必要です。

作品管理画面を表示する

クラウドサービスを使って作品をやりとりするには、作品管理画面を使用します。
作品管理画面を表示するには、[作品管理]をクリックします。

【POINT】
作品のファイル名に特定の記号や文字列が使用されていると、クラウドサービスが使えないことがあります(例:/ > < ? : " \ * | ; NUL)。特にmacOSでファイル名を付ける場合は、記号などを使用しないことをおすすめします。
なお、同期できないファイルがある場合は、同期を設定する前に警告が表示されます。

作品のアップロード

他のデバイスで作品を編集できるようにするには、クラウドに作品をアップロードします。

作品管理画面の[この端末]をクリックし、共有したい作品の[同期切り替え]をクリックし、[同期ON]に設定します。クラウドに作品がアップロードされます。
[クラウド]をクリックして、アップロードした作品が表示されていれば、完了です。

[同期ON]に設定した作品を、再度アップロードする場合は、このあとの『作品を最新の状態にする』を参照してください。

作品のダウンロード

クラウドから作品をダウンロードすると、ダウンロードしたデバイスで作品を編集できます。また、アイビスペイントで制作した作品を編集する場合も、この方法でダウンロードします。

作品管理画面の[クラウド]をクリックします。編集したい作品の[新規ダウンロード]をクリックします。
[この端末]をクリックして、ダウンロードした作品が表示されていれば、完了です。

ダウンロードした作品をCLIP STUDIO PAINTで開くには、作品の[メニュー表示]ボタンをクリックして、[PAINTで開く]を選択します。

【POINT】
ダウンロード済の作品の場合は、作品に[上書きダウンロード]のアイコンが表示されます。クリックすると、クラウドの作品がお使いの環境に上書きダウンロードされます。同時に、デバイスの作品の編集内容が破棄され、クラウドの作品に置き換わります。

作品を最新の状態にする

一度、クラウドにアップロードした作品や、クラウドからダウンロードした作品は、[同期切り替え]が[同期ON]に設定されます。

同期を実行すると、デバイスとクラウドの作品の更新時刻を比較し、更新時刻が新しい作品に同期されます。
・デバイスの作品の方が新しい場合、クラウドの作品が破棄され、デバイスの作品に置き換わります。
・クラウドの作品の方が新しい場合、デバイスの作品が破棄され、クラウドの作品に置き換わります。

同期とは、デバイスの作品とクラウドの作品を同一、かつ最新の状態に保つための動作です。

作品管理画面の[この端末]をクリックし、共有したい作品の[いますぐ同期]をクリックします。

【POINT】
複数の作品をまとめてクラウドにアップロードしたい場合は、作品のチェックボックスをオンにして、[一括同期切り替え]の[同期ON]をクリックします。

2回目以降は、作品のチェックボックスをオンにして、[一括同期]をクリックすると、作品が同期されます。