4.背景の線画

10,015 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

[1]準備

画面を見やすくするために背景以外のレイヤーを非表示にします。

[レイヤー]パレット左端の目のアイコンをクリックして表示・非表示を切り替えます。


また、「背景」フォルダー内の「線画」フォルダーに新規レイヤーを作成しておきます。


[2]花壇の線画

ステージの脇にある花壇の線画を描きます。花の線画は細かく描かずに省略します。

細かい花は線ではなく、塗りの段階で描き込みます。

その他の舞台装置は[図形]ツールを使って描き進めます。


[3]ステージ

新規レイヤーを作成して、[図形]ツール→[直接描画]→[楕円]を選択します。

ブラシサイズは[ツールプロパティ]パレットで調整します。


キャンバスに円を作ります。女の子を表示しておくと、設置面のバランスが確認できます。

花壇にかかってしまう線は、後から[消しゴム]ツールで消します。


続いてステージにラインを引きます。


[図形]ツール→[直接描画]→[直線]を選びます。

直線の太さは楕円と同じ太さか、それより少し細いくらいにしておきます。


ステージの厚みの線は、最初に楕円を描いた状態でレイヤーを複製したものを[編集]メニュー→[変形]→[自由変形]で調整をしてから、いらない部分を[消しゴム]ツールで消して作成しました。


ここまでステージの作画に使ったレイヤーを結合して、「stage」という名前に変更します。


[4]背景の階段

新規レイヤーを作成して、[図形]ツール→[直接描画]→[直線]でステージの階段を作ります。


一段作ったらコピー&ペーストと[編集]メニュー→[変形]→[自由変形]でもう1段作ります。


1段目と2段目を少しズラして、空間を見せておきます。

同じ方法で段数を増やしていきます。


複製したものを置くだけだと線の向きが合わなくなるため、[編集]メニュー→[変形]→[拡大・縮小・回転]やブラシでの描き足しを使って調整します。

[鉛筆]ツールや[ペン]ツールなどの描画系ツールの場合、[shift]を押しながらクリックすると、直線が引けます。

階段を作画したレイヤーをすべて結合して「stairs」という名前に変更します。


[5]背景の月

■月の描画


新規レイヤーを作成して、[図形]ツール→[直接描画]→[楕円]で正円を描きます。

[shift]を押しながら開くと歪みがない正円になります。


さらに新規レイヤーを作成して、[楕円]ツールで小さな正円を描きます。

これも階段と同じように複製して、大きな月の上に順次配置していきます。


大きな正円と重なった部分は[消しゴム]ツールで消し、大きい円と小さい正円を描いたレイヤーを結合して「moon」という名前に変更しました。



■レイヤーマスクで重なった部分を消す


先に作っていた「stairs」レイヤーと被るところにはレイヤーマスクをかけます。


「stairs」レイヤーを選んだ状態で、線画部分より外側を、[自動選択]ツール→[編集レイヤーのみ参照選択]で選択します。


階段の線の中まで選択したいので、選択範囲を拡張します。

[選択範囲]メニュー→[選択範囲を拡張]から、現在選択している範囲を「2」px拡張します。


選択範囲を反転させ、「moon」レイヤーを選択した状態で、[レイヤー]メニュー→[レイヤーマスク]→[選択範囲をマスク]を選びます。

階段の内側部分を非表示にさせるマスクが月のレイヤーに追加されます。

これで消しゴムを使わず、いらない部分を消すことができます。

マスクを外せば消えた部分は元に戻ります。


[6]ライト

新規レイヤーを作成して、名前を「light」として、一番後ろの背景ライトを作画します。


[図形]ツール→[直接描画]→[楕円]で正円を量産し、配置しました。

先ほどと同じ方法で、階段とステージの範囲をマスクとして追加しておきます。

これで全パーツの線画が完成しました。次回は塗り分けの工程です。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着