5.下塗り

10,862 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

[1]仮の背景色を塗る

「線画」フォルダーの下に「色」フォルダーを作り、その中に「背景色」レイヤーを用意し[塗りつぶし]で一色に塗りつぶします。色はまだ確定ではありません。


[2]線画の色を変更する

次に線画の色を変えます。


①「線画」フォルダーの上に新規レイヤーを作ります。

②作ったレイヤーを選択して、[レイヤー]メニュー→[レイヤー設定]→[下のレイヤーでクリッピング]を選択します。


③作った新規レイヤーは「線画色」という名前に変更しました。「線画色」レイヤーを[塗りつぶし]ツールで塗りつぶすと、線画の色が変わります。

今回は紫寄りの色にしました。黒のままだと少しきつい印象になってしまうので、その効果を意図していない絵の場合は、やや黒より淡い色に変更することが多いです。


[3]色分けをする

色分け作業をします。「背景色」レイヤーの上に部分ごとに色分けしたレイヤーを作っていきます。肌レイヤーが一番上に来るように作業することが多いです。


線画作業の時点で「線画」フォルダーを参照レイヤーに設定しているので、[自動選択]の[参照レイヤー用選択]で肌の部分を選択し、塗りつぶします。


選択し切れなかった細かい部分は[濃い鉛筆]で塗りました。この作業を繰り返していきます。

花嫁衣裳をモチーフにしているつもりなので、白と赤、それに水色系統に色を絞って着色しました。 背景色も変更しました。

色に悩んだ際は、「どうしても使用したい色」(今回は白と赤)プラス2、3色の系統に絞って色を選ぶと、まとまりやすい気がします。


これで、色分けが終わりました。


ここまでの作業でレイヤーは次のようになりました。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着