3.効果

80,868

ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

CLIP STUDIO PAINT Ver.1.9.14対応

 

[1]ベタ・トーン

■1.ベタを入れる

 

黒く塗りつぶしたい部分に、ベタ入れをしていきます。

 

①ベタを入れたいコマを[オブジェクト]ツールでクリックします。

 

②[レイヤー]パレットの[新規ラスターレイヤー]をクリックして、ベタを入れるためのレイヤーを作成します。名前を「ベタ」に変更しました。

 

③[ツール]パレットから[塗りつぶし]を選択し、[サブツール]パレットから[他レイヤーを参照]を選択します。

 

④[カラーサークル]パレットの、カラーフィールドの左下をクリックして描画色を黒色に設定します。

 

⑤塗りつぶしたい部分をクリックすると、線に囲まれた部分が黒く塗りつぶされます。

 

 

 

■2.網トーンを貼る

 

網トーンを貼って、中間色や影を表現していきます。

ペン入れと同じように、ひとコマずつ作業してもいいのですが、今回は4コマまとめて作業していきます。

 

まずはメインキャラクターの、手足と傘の部分にトーンを貼っていきます。

 

①すべてのコマをまとめて作業するために、[レイヤー]パレットで「下描き」レイヤーをクリックします。

 

②[ツール]パレットの[自動選択]ツールを選択して、[サブツール]パレットで[他レイヤーを参照選択]を選択します。

 

③トーンを貼りたい面の、線画の内側をクリックします。

 

④線画に沿って選択範囲が作成されました。

 

⑤選択範囲の下に表示されている[選択範囲ランチャー]の中の、[新規トーン]をクリックします。

 

⑥[簡易トーン設定]ダイアログが表示されます。このダイアログで、線数(網トーンの細かさ)や、濃度を設定できます。今回は線数を[60.0]、濃度を[50]%に設定して、[OK]をクリックします。

 

⑦選択範囲にトーンが貼られました。

 

[レイヤー]パレットには、「べた塗り 1」が追加されました。作成していた選択範囲の形に、レイヤーマスクがかかっています。

 

⑧他のコマにも、トーンを貼っていきます。[塗りつぶし]ツールを選択し、キャンバス上でトーンを貼りたい箇所をクリックすると、同じトーンを貼り足せます。

 

【POINT】スマートフォン版でトーンを貼る

スマートフォン版で、PC版・タブレット版と同じようにトーンを貼るには、選択範囲ランチャー設定をカスタマイズすると便利です。

①選択範囲ランチャーの右にある[選択範囲ランチャー設定]をタップして、ダイアログを表示します。

②[レイヤー]→[新規レイヤー]→[トーン]を選択して、上部の[追加]をタップすると、選択範囲ランチャーにコマンドが追加できます。

 

【POINT】トーンの[レイヤーマスク]を選択しよう

貼ったトーンを塗り足そうとしても、カーソルが「編集不能」表示になってしまう時は、[レイヤー]パレット上で[レイヤーマスク]を選択しましょう。

 

※トーンの貼り方について、詳しくは以下のTIPSをご覧ください。

 

すべてのコマに、同じトーンが貼れました。

 

 

 

■3.網トーンで影を貼る

 

線画に影響されず、自由な形に網トーンを貼って影を追加します。

 

①[ツール]パレットから[選択範囲]ツールを選択し、[サブツール]パレットで[投げなわ選択]を選択します。

 

②トーンを貼りたい大体の範囲を[投げなわ選択]ツールでドラッグで囲み、ドラッグを離すと、囲んだ形の選択範囲が作成されます。

 

③[選択範囲ランチャー]の中の、[新規トーン]をクリックします。

 

④[簡易トーン設定]ダイアログで、今回は線数を[60.0]、濃度を[10]%に設定して、[OK]をクリックします。

 

⑤選択範囲にトーンが貼られました。[レイヤー]パレットには「べた塗り 2」レイヤーが追加されています。

 

⑥[消しゴム]ツールを選択して、はみ出ているトーンを消していきます。

 

⑦消しすぎてしまった部分は、[ペン]ツールなどで塗り足します。

 

影のトーンが貼れました。

 

 

 

■4.柄トーンを貼る

 

[素材]パレットから、単色パターンのトーンを選んで貼っていきます。

 

①[自動選択]ツールでスクリーントーンを貼りたい部分の、線の内側をクリックし、選択範囲を作成します。

 

②[素材]パレットの[単色パターン]→[カケアミ]フォルダーを開きます。

 

③表示される素材から「掛けアミの1カケ」を選択し、[素材]パレットの右下の[素材の貼り付け]ボタンをクリックします。

 

④選択範囲にスクリーントーンが貼れました。[レイヤー]パレットに「掛けアミの1カケ」が追加され、作成していた選択範囲の形にレイヤーマスクがかかっています。

 

⑤他のコマにも、トーンを貼っていきます。[塗りつぶし]ツールを選択し、トーンを貼りたい箇所をクリックすると、同じトーンを貼り足せます。

 

すべてのコマにトーンが貼れました!

 

[2]効果線を入れる

マンガには、絵に臨場感を与えるための効果線を入れる場合があります。

効果線には、集中線、スピード線などがあります。効果線を描画する方法はいろいろありますが、ここでは[集中線]ツールで集中線を描画します。

 

①集中線を描画したいコマの内側を、[オブジェクト]ツールでクリックして選択します。

 

②[ツール]パレットの[図形]ツールを選択し、[サブツール]パレットで[集中線]サブツールグループ→[まばら集中線]を選択します。

 

③集中線の中心にしたい位置をクリックし、外に向かってドラッグしていくと、円のプレビューが表示されます。

 

④ドラッグを離したところを基準にして、集中線が作成されます。

 

[レイヤー]パレットに「まばら集中線」が追加されました。

 

ここまでの作業で絵は完成しました。次はセリフに、文字とフキダシを入れていきます。

コメント

新着

公式 新着