3.下塗り

17,538 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

[1]レイヤーの整理

下塗りの前にレイヤーの整理を行います。これまでは工程ごとにレイヤーフォルダーを作成して整理していましたが、下塗りからは、キャラクター、背景(紅葉最前面、枠線前面、枠、教室)別にフォルダーを作成し、レイヤーを整理しておきます。


[2]下塗り

下塗りは、[塗りつぶし]ツール→[他レイヤーを参照]をメインで使用して、パーツ別にレイヤーを分けて塗り分けをしていきます。


▼使用サブツール[他レイヤーを参照]

他のレイヤーの描画部分を参照して選択中のレイヤーを塗りつぶすことができるように設定されたサブツールです。


塗り残し部分は、[ペン]ツール→「丸ペン」で塗ります。


▼使用サブツール[丸ペン]

強弱がつきにくく、少女マンガなどの細い線が描きやすいように設定されたサブツールです。不透明度が100%に設定されているため、塗り残し部分を埋めたり、仕上げなどの細かい描写に適しています。


後々別のレイヤーで上から他の色が重なる肌色等は、服の部分まで少しはみ出して塗っておくと、色と色の間の塗り残しが無くなりきれいに見えます。


キャラクター部分が塗り終わりました。


キャラクター部分と同じ要領で背景部分も塗り分けます。


[3]彩色の準備

次の工程の彩色の準備をするため、下塗りレイヤーのすぐ上に、ラフで彩色したレイヤーを移動します。

[レイヤー]パレット上部の[下のレイヤーでクリッピング]アイコンをクリックして、ラフの彩色レイヤーをベースレイヤーでクリッピングします。

下塗りレイヤーがラフの色塗りレイヤーよりも細かく分かれている場合には、[レイヤー]メニュー→[レイヤーを複製]でラフ塗りレイヤーを複製し、背景の各下塗りレイヤーにクリッピングします。


【POINT】

[下のレイヤーでクリッピング]は、設定したレイヤーが下のレイヤー(またはレイヤーフォルダー)の描画部分のみを表示するという機能です。[レイヤー]パレット上部のボタンをクリックして設定します。

ラフ塗りレイヤーを下塗りレイヤーにクリッピングすると、ラフ塗りレイヤーは下塗りレイヤーに塗られている範囲のみが表示されるようになります。


このように、ラフ塗りレイヤーを活かしてキャラクターを塗る際に全体のイメージが見える状態にしておくと、彩色が進めやすいです。

これで彩色準備ができました。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着