CLIP STUDIOの40以上の必須機能

1,572

AriaVon

AriaVon

プレゼンテーション

こんにちは!!ようこそ、もう一度。今回は、一見無視しがちだが、使い始めると間違いなく前後に驚きをもたらす機能をいくつか紹介します。新しいユーザーが簡単な編集テクニックを使用してプログラムに慣れることができるように、最も基本的な概念から説明します。この TIPS は、これらの機能の多くをカバーするため、少し長くなりますが、一部の説明はそれほど長くありません。したがって、これ以上苦労することなく、これらのトリックを学び、役立つと感じていただければ幸いです...

 

始めましょう!!

0.ビデオ

1. インターフェース

取るに足らないことのように思えるかもしれませんが、絵を描く場合、それを行う環境は重要な役割を果たします。なぜなら?使用しないウィンドウを削除して、最も一般的な用途に合わせてワークスペースをカスタマイズすると、余分なスペースが確保され、ワークフローが改善されます。

 

ウィンドウはデフォルトでこの外観になっています。これは 6 つの領域に分かれており、何らかの方法で非表示にしたり、閉じたり、変更したりできます。

自分にとって最適になるようにワークスペースを変更しました。ご覧のとおり、元のものよりも大幅に変更されました。これを念頭に置いて、ワークスペースをカスタマイズする方法の説明を見てみましょう。


► パレット (No. 1 ~ 6)

パレットは、描画に必要なすべての機能とツールを見つけることができる格納ユニットであり、ユーザーのためのグラフィカル インターフェイスです。そして、CLIP STUDIO PATNT の本当に素晴らしい点は、このインターフェイスが高度に変更可能であることです。

 

• ウィンドウの非表示/表示 (No.1)

 

いいえ。 1: 頻繁に使用しないパレット (ウィンドウ) はすべて非表示にすることをお勧めします。たとえば、マテリアル パレットは使用するときのみ表示されます。これにより、キャンバス上のスペースを増やすことができます。

それらを非表示にするには、各ウィンドウの左上部分にある矢印を使用します。クリックするだけで非表示または表示になります。

それらをすべて瞬時に非表示にする方法があります。これを行うには、[ウィンドウ] > [すべてのパレットを非表示]に移動する必要があります。

 

ショートカット: Tab キーを使用すると、ワークスペースを完全に自由なままにすることができます。すべてのパレットを非表示にします。再表示するには、もう一度キーを使用します。

• ウィンドウの移動 (その 2)

 

いいえ。 2: パドルを動かし、最も快適な順序に配置します。

もう 1 つできることは、ウィンドウを画面上で移動し、画面の右、左、または下の周囲のどこかにドッキングすることです。ウィンドウを上部 (名前のある場所) から目的の場所までドラッグするだけです。ウィンドウを他のパレットにドッキングできる場合は、赤いセクションが表示されます。複数のパレットを同じモジュールにグループ化できます。

ウィンドウは、単独で残したり、画面上にフローティングしたり、既存のパレットにドッキングしたり、このウィンドウから新しいパレットを作成したりできます。もう 1 つできることは、ウィンドウの端を調整してウィンドウのサイズを変更することです。

• 窓を閉める/開く (No.3)

 

いいえ。 3: 占有していないパレットを閉じて、スペースを増やします。

ウィンドウを閉じるには、ドッキングされていない各パレットの右上にある十字をクリックする必要があり、最小化することもできます。

 

一方、タイトル バーには 「ウィンドウ」 オプションがあります。ここにはすべてのパレットがあり、1 つを閉じると、このメニューで再度開くことができます。

 

注: ワークスペースをデフォルトの形式にリセットする場合は、ウィンドウ > ワークスペース > デフォルト値のリセット に移動します。

ツールアイコンの表示を調整する

左上の 3 本の縞をクリックすると、他の編集オプションと調整を見つけるためのメニューが表示されます。すべての窓にそれらが付いているので、検査するだけです。私たちが見つけることができるものの中には、そのパレットが持つのと同じ機能や、ビューの変更があります。

 

たとえば、レイヤー パレットに関してサムネイルのサイズを変更できます。一方、ブラシ ウィンドウでは、ブラシの形状、ストローク、または単に名前を表示するようにブラシの表示を変更できます。

• アイコンの移動/追加または変更 (No.4)

 

いいえ。 4: ツールとサブツールを重要な順に並べて、見つけやすいようにします。

ウィンドウアイコンやブラシを移動することもできます。この場合、アイコンを優先順位の高い順に配置し、中央に頻繁に使用するツール、周辺に使用頻度の低いツールを配置します。

いいえ。 5: サブツールアイコンに色を追加して、見つけやすくします。

(NO.5) アイコンに色を追加する: 非常に多くのツールの中からツールを見つけるのが混乱したり圧倒されたりすることがありますが、色は間違いなくツールを識別するのに役立ちます。これを行うには、アイコンを右クリックします。表示されるメニューで、サブツール構成 に移動します。そこには「アイコンの背景色」があり、これをアクティブにして色を選択します。

 

色を変更したものは、アプリケーション全体で同じ色で表示されます。このオプションが許可されている場合に限り、すべてのプログラム アイコンに色を追加するプロセスは同じです。

画像からのアイコン: デフォルトでは、アプリケーションには一連のアイコンが付属していますが、必要に応じて、好きな画像をロードしてアイコンに使用できます。これを行うには、「ユーザー設定」ボックスをチェックする必要があることを見てみましょう。 ファイル検索エンジンが開き、画像を選択します。準備ができて;このアイコンは、ツール ウィンドウと、ツールが接続されている他の領域 (クイック アクセス ウィンドウなど) の両方に表示されます。

• ワークスペースの保存 (No.6)

 

いいえ。 6: 将来使用できるようにワークスペースを保存します。

ワークスペースをニーズに合わせて調整したら、それをクラウドに保存して、他のデバイスで使用したり、他のユーザーと共有したりできます。

 

これを行うには、次の操作を行います: ウィンドウ > ワークスペース > ワークスペースを素材として登録します。 ウィンドウが表示され、名前と表紙を選択し、(プログラム内の) 素材を保存するフォルダーを決定できます。

 

 

素材をクラウドにアップロードするには、CLIP STUDIO (上部のアイコン) に移動します。

始めるには、CLIP STUDIO アカウントが必要です。ウィンドウ内で、マテリアルの管理 に移動します。そこで、マテリアルの下部にあるスライダーをクリックします。青に変わると、雲への登りが始まったことを意味します。完了すると、[クラウド] セクションに表示されます。このようにして、アカウントを実装するすべてのコンピューター上にこのスペースを確保することができます。


► コマンドバー(No.7~8)

いいえ。 7: コマンド バーを使用して、創造的なプロセスに便利な機能を追加します。

コマンド バーは上部にあり、これを変更することもできます。機能とツールを追加します。バーでは、ツールや色を保存するグループを作成できます。カスタマイズすると、より近くでツールにアクセスできるようになり、画面上での不必要な移動が軽減されます。

ここで、このバーを快適にカスタマイズする方法を見てみましょう。

 

• 追加

 

機能を追加するには、[ファイル] > [コマンド バーの調整] に移動します。 次のウィンドウが表示され、そこにプログラムのツールと機能が表示されます。

ツールを選択したら、 「追加」をクリックします。私の場合、ガウスぼかしツールや魚眼効果などをよく使用するので、それらをコマンド バーに追加して、後でグループ化し、アクセスしやすくします。

• なくす

 

ツールを削除するには、ツールを右クリックする必要があります。削除オプションがあるメニューが表示されます。

• グループ

 

デフォルトでは、バーアイコンを移動するには、CTRL キーを押しながらドラッグ キーを押す必要があります。これは、不用意に移動させないようにするための安全な方法です。カーソルを使って単純にそれらを移動するには、まずバーを右クリックする必要があります。メニューが表示され、そこにオプション「順序の変更(T)」が表示されます。そこでオプションを「ドラッグ(D)」に変更します。 )」。

いいえ。 8: 類似したツールをグループ化して、見つけやすくします。

次に、関数をグループ化するために、アイコンを必要な数だけ連続して上下にドラッグします。

• アイコンの色

 

グレーのアイコンの中でツールを見つけやすくし、見失わないようにするために、ツールの色を変更できます。これを達成するには、変更するアイコンを右クリックする必要があります。ドロップダウン メニューが表示されたら、「アイコン調整」 オプションを選択し、最後にボックスを有効にします。すべてのアプリケーションアイコンに色を付けるプロセスは同じです。


► 設定 (No. 9 ~ 11)

ここでは、CLIP STUDIO PAINT の使用をカスタマイズできるその他の設定を示します。できることの中には、インターフェイスの色の変更、カーソル、色の設定などの変更があります。

 

設定にアクセスするには、次のパスに移動する必要があります: [ファイル] > [設定]。

(A) 界面色(No.9)

いいえ。 9: 快適な表示を確保するために色の変更を使用します。

ウィンドウ セクション内に、「インターフェイス」というオプションがあります。 「カラー」 セクションには、次の 2 つの設定があります。 「インターフェイス カラー」 (明るい色と暗い色の間で色を変更できます)。各モードの明暗のレベルを調整できる「濃度調整」*。

 

色の変化は、目が疲れている深夜に明るい色の不快感を最小限に抑えるのに適しています。

(B) オートセーブ(その10)

いいえ。 10: 予測できない逆境によって進捗を失わないようにしてください。自動保存をオンにします。

多くの人はそれを知っているかもしれませんし、多くの人は知らないかもしれません。何も知らなかったときは、停電が発生したり、コンピューターが突然再起動したりして、多くの仕事を失いました。このような理由から、私はそれを説明しています。非常に単純なことかもしれませんが、非常に便利です。イラストを保存することを忘れて、ずっと一緒にいたためにイラストを失うことを防ぐことができます。

 

「ファイル」 には保存オプションがあり、最初のセクション 「自動復元」 には 「ファイルを自動的に保存する間隔」 があり、プログラムが保存する間隔を分単位で変更できます。自動的に実行されます。これで、インシデントが発生した場合に備えてバックアップを取得できます。

(C) カーソル形状(No.11)

いいえ。 11: ブラシの形状を変更します。

場合によっては、カーソルの形状を確認できる方が快適な場合があり、作成したストロークをよりよく確認できます。ほんの小さな変化ですが、知っておいて損はないと思います。

 

次に、カーソル に進みます。ここにはブラシ、ペン、消しゴムなどの一連のツールがあります。形状を選択するには多くのオプションがありますが、私が使用する形状は次のとおりです。ブラシは「ブラシとツールの形状」です。

2. キーボードショートカット

プログラムの機能、ツール、ウィンドウには、非常に簡単な方法でアクセスできるキーボード ショートカットがデフォルトで用意されているため、片手で絵を描きながら、もう一方の手でツールを使用することができます。これにより、速度が大幅に向上します。

 

いいえ。 12: キーボード ショートカットを使用します。時間を節約できます。

 

• デフォルトのショートカット (番号 12)

 

いくつかのツールには括弧内にそれらを呼び出すためのキーがありますが、そうでない場合、または特定のツールを知りたい場合は、プログラムの取扱説明書を読んで、ツールのすべてのデフォルトのショートカットを見つけることができます。機能。以下のショートカット部分にマニュアルへのリンクを残しておきます。

 

 


► ショートカットの設定 (No. 13)

いいえ。 13: キーボード ショートカットをカスタマイズします。

デフォルトのショートカットが気に入らない、または使い慣れていない場合は、いつでも好みに合わせてアクセスできるように設定できます。このようにして、最も頻繁に使用するツールのショートカットを手元のキーに変更できます。ショートカットの編集は、ファイル > ショートカット設定 にあります。

ウィンドウが表示され、オプションがメイン メニュー、ポップアップ パレット、オプション、ツール、自動アクションの 5 つのカテゴリに分類されます。各カテゴリには、ショートカットを変更できるサブカテゴリがあります。

ショートカットを変更するプロセスは、どのツールでも同様に行われます。まず、ショートカットを変更するツールを見つける必要があります。この例では、キャンバスの 「縮小」 機能と 「拡大」 機能を使用します。次にコマンドを選択します。これにより、[ショートカットを編集] オプションが有効になり、これをクリックします。

 

これで、コマンドに必要なキーを指定できるようになりました。これらの機能では、両方に 「X プラス マウス」 キーを使用します。ショートカットでマウスを使用する場合は特に何もする必要はなく、キーを設定するだけです。これは縮小と拡大の機能なので、キー (この場合は 「x」) を押しながら、同時にマウス ホイールを前後に動かして、これら 2 つの効果を確認するだけです。動作中のキー。

 

注: ショートカットが変更されると、そのキーが別のコマンドで使用されていることを示すメッセージが表示される場合があります。ここで、古いキーを保持するか変更するかを選択できます。

ここでは、ショートカットを使用してツールを素早く切り替える例を示します。この場合、液化 (J)、消しゴム (E)、ブラシ (P) を切り替えました。


► ポップアップ (No. 14)

これまでのところ最高のツールは間違いなくこれです。ポップアップ機能を使用すると、ポインターが置かれているキャンバス上の任意の場所でウィンドウを呼び出すことができます。これは確かに便利ですよね?さらに、よりプロフェッショナルに見えます。これにより、すべてのウィンドウを非表示にしてスペースを増やし、必要なときにそれを呼び出すことができます。

 

いいえ。 14: ポップアップ ウィンドウを使用すると、非常に大きな画面を移動する必要がなく、時間を節約できます。

ポップアップ モード ウィンドウのコマンドを設定するには、ファイル > ショートカット設定 > カテゴリ: ポップアップ ウィンドウを開きます。

ショートカットを確立する方法は、目的のコマンドをクリックすることです。ショートカット編集オプションが有効になり、クリックしてから、このウィンドウに確立するキーをキーボードで指定します。

パレットを非表示にしても、必要なときにコマンドを使用してパレットにアクセスできるので、非常に便利だと思いませんか?

3. ツール

この 3 番目のパートはいくつかのセクションに分かれており、それぞれのセクションに、そのカテゴリに属する機能やツールの使用に関する一連のヒントが含まれています。

 

 

► ブラシ (No. 15 ~ 18)

基本的なことから始めましょう。ブラシですが、ブラシだけではありません。その背後にはさらに多くの機能があります。隠れた機能をいくつか見てみましょう。

 

• 名前と注文のブラシ (No. 15)

 

いいえ。 15: どのブラシであるか正確にわかるように、ブラシに名前を付けます。

ブラシに名前を付けるには、ブラシを右クリックしてオプションを選択する必要があります: 「サブツール設定」 ここで、名前、アイコン、カテゴリ、色を編集できます。名前を変更すると、ブラシが多数ある場合や、CLIP STUDIO ASSETS からダウンロードしたブラシの場合、一部のブラシに不明な言語の名前が付いている場合に役立ちます。

 

 

いいえ。 16: ブラシをフォルダーに分類すると、ワークスペースがきれいに整頓されます。

ブラシをフォルダーに整理するには、アイコンを上端にドラッグするだけです。フォルダーが自動的に作成され、ブラシを追加するには、そのフォルダーにドラッグするだけです。最後に、この新しいフォルダーに名前を付けるには、右クリックして構成オプションを選択します。

 

 

・サブツール詳細(No.17)

 

いいえ。 17: すべてのプログラムのツールにはこのウィンドウがあるので、その秘密を知るために忘れずに見てください。特にブラシに関しては。

ツール プロパティ パレットには一連の特性が表示されますが、それだけではなく、さらに多くの特性が表示されます。ここでサブ ツールの詳細が必要になります。このウィンドウにアクセスするには、ツール プロパティの右下にあるレンチ アイコンに移動する必要があります。任意のブラシのパレット。

ブラシを変更するための多くのプロパティが含まれるウィンドウなので、すべてを説明すると長くなるためできませんが、いくつかの重要な詳細を強調表示します。

 

 

(A) プロパティパレットにプロパティを追加する

ウィンドウを開かずに常に覚えておきたい設定がある場合、または逆に、ツールのプロパティ パレットから設定を削除する必要があります。これを行うには、目のアイコンをアクティブまたは非アクティブにします。

(B) インク

ここでは、「コンビネーション モード」 を強調表示するいくつかの機能を見つけます。このオプションを使用すると、通常の場合のようにレイヤー全体を変更することなく、ブラシのインクを特定のモードに変換できます。組み合わせモードについて詳しく知りたい場合は、次の TIPS をお読みになることをお勧めします。

 

 

たとえば、ブレンド モードを乗算に設定すると、このブラシで作成するすべてのストロークは下の色よりも暗くなります。これは、コントラストに対応するすべての場合に影や明るさを追加するのに役立ちます。ブレンド モードに加えて、GIF の最後にあるように、ブラシを消しゴムに変換するためのオプションが多数あります。

(C) 混色(No.18)

いいえ。 18: 希望の結果を得るためにミキシング モードを試してください。

インクセクションの同じセクションに混合オプションがあります。すべてのブラシにこの機能があるわけではありませんが、ブラシには非常に便利なオプションがあることに注意してください。ニーズが異なるため、1 つの構成方法をお勧めすることはできません。そのため、試してみることが最善のアドバイスです。

CLIP STUDIO PAINT バージョン2.0以降では、より自然なミキシングが実現されました。それまでのプログラムは味気ないミックスしかありませんでしたが、より鮮やかになりました。古いミックスから新しいミックスに変更したい場合は、ミックス モード セクションに移動して変更できます。知覚 (より自然なミックス モード) と の 2 つのオプションがあります。標準 (古いモード)。


► ドラフト (No. 19 - 20)

では、消しゴムを使ってできるトリックをいくつか見てみましょう。

 

 

(A) 消しゴムとしてのブラシ(No. 19)

いいえ。 19: ブラシを消しゴムとして使用します。消去時にブラシの質感を保持します。

ブラシやツールのような形を消しゴムに変える素晴らしい方法があります。プロセスは簡単です。まず、カラー サークル内にある透明度を特定する必要があります。ツールウィンドウからも見つけることができます。

削除するには、透明度を選択するだけです。このように消去することの利点は、テクスチャ、濃度、形状が維持されることです。 Figure ツールでも同様に機能します。

(B) 全レイヤー消去(No.20)

いいえ。 20: どのレイヤーにあるのかわからないこの点をすべてのレイヤーで消しゴムを使用して削除します。

複数のレイヤーを同時に消去したい場合は、次の方法で解決できます。消しゴムツールに移動し、サブツールで 「複数のレイヤー」 を選択します。これで、任意のレイヤーからすべてを消去します。


► カラー (No. 21 ~ 26)

多くの場合、色はイラストの魂であるため、いくつかのコツを知っておくとよいでしょう。

 

 

(A) カラーパレット

カラーパレットは、色を視覚化するのに役立つツールです。基本的に機能は似ており、手動で色を組み合わせる必要がなく、簡単に色を選択できるように設計されています。最後の機能は、色を手動で混合できるように設計された唯一の機能です。

 

まず、それらのツールがどこにあるかを知る必要があります。これらにアクセスするには、ウィンドウ > オプションはカラー サークルからミックス カラーまでです。

ツールが多すぎるため、それぞれを説明することはできませんが、その中でも特に 2 つのツールを紹介します。

 

• カラーセット (No. 21)

 

いいえ。 21: カラー パレットを失わないように、カラー セット ツールに保存します。

このツールは、必要な色を保存できるため、非常に重要です。右下には、色の置換、色の追加、色の削除に使用する 3 つの機能があり、作成したいカラー パレットを塗りつぶして整理することができます。この機能は、気に入った色を保存し、後で再利用できるように保存するために使用します。

• カラースライダー (No. 22)

 

いいえ。 22: スライダーを使用して、調和のとれた色を選択します。

この関数から始めます。このツールを使用すると、RGB、HLS、CMYK の間でカラー モデルを変更できます。このツールから、カラー ホイールから選択された色の明度、彩度、または色調を抽出できます。最初の色のアイコンは主色に対応し、2 番目は二次色に対応し、3 番目は透明度に対応します (ブラシが使用されている場合は、消しゴムとして機能します)。

これらの機能について詳しく知りたい場合は、それぞれの機能について説明した TIPS を参照してください。

 

 

(B)色調補正レイヤー(No.23)

いいえ。 23: 補正レイヤーを使用して、色を強調したり、グレースケールのイラストに色を追加したりできます。

ツール「色調補正レイヤー」*の機能を使えば、短時間でイラストに色を付けることができます。また、使いやすいツールですが、最大の難点は私たち自身の視力です。設定を変更するとき。この方法の良い点は、非破壊的であり、調整が完全に変更可能な新しいレイヤーになり、ブレンド モードも機能することです。

 

それらを見つけるには、レイヤー > 新しい補正レイヤー に移動する必要があります。一連のツールが導入され、それらはすべて独自の特徴がありますが、本質的には非常に似ています。その中で私は次の 3 つを強調します。

 

(1) トーン カーブ: パラメータをいじることで、コンポジションの明るさを変更できます。 1 つのレイヤーにのみ適用したい場合は、修正レイヤーを下のレイヤーにアタッチします。中心線の任意の間隔をクリックすると、新しいポイントが作成され、カラー パラメータを正確に制御できるようになります。

(2) グラデーション マップ: グラデーション マップは、色付けを簡単に行うためのツールであり、その使い方は理解しやすいです。 CLIP STUDIO PAINT アセットのグラデーションをダウンロードすると、カラー パレットを取得できるため、作品を作成する手順が 1 つ減ります。

 

これを開くと、マップ ウィンドウを開いたときにアクティブなレイヤーの上に新しいレイヤーが生成されます。グラデーションを選択するだけです。この新しいレイヤーを一番下のレイヤーに合わせて調整できるように、グラデーション ウィンドウを閉じます。これを行わないと、グラデーションはその下のすべてのレイヤーに影響します。

(3) トーン/コントラスト/明度: その名前が示すように、そのコントロールを使用して、現在選択されているレイヤーにある色のトーン、コントラスト、彩度を変更できます。各色を別のレイヤーに配置すると、それらを個別に変更できます。

 

私はこのツールが本当に気に入っています。不必要な時間を無駄にすることなく、何千ものカラーテストを行うことができます。

 

ショートカット: CTRL キーと U キーを使用するとツールが開きますが、効果はレイヤーに直接適用されるため、これは破壊的モードになります。

完全な操作を知るには、次の TIPS を参照することをお勧めします。

 

 

(C) カラー設定(その24)

いいえ。 24: カラー調整で色の詳細を学びます。

特定の色のコードを入力したいが、どこで入力すればよいか分からなかった場合は、カラー サークル内の色のアイコンをダブルクリックするだけで簡単に入力できます。いくつかの設定を含むウィンドウが表示されます。選択した色のコードに加えて、16 進コードを入力する必要があります。

(D) スクリーンカラー(No.25)

いいえ。 25: CLIP STUDIO PAINTを終了せずに他のアプリケーションから色を取得します。

画面上の任意の色を選択できるようにしたい場合は、次のパスに移動する必要があります: 編集 > 画面色の取得。 CLIP STUDIO PAINT インターフェイスを閉じることなく、他のアプリケーションから色を取得できます。この場合は、色を取得しました。ブラウザで開いている別の TIPS 用に作成したイラストです。

いいえ。 26: プログラムの外で色を取得します。

(No. 26) アプリケーションを閉じて画面の色を取得する は、インターフェイスが非表示になっていて、背後で開いているアプリケーションにリダイレクトされる点が異なりますが、前のものとまったく同じです。これは次の場所にあります: 編集 > 閉じて画面の色を取得します。


► レイヤー (No. 27 ~ 34)

このセクションでは、良好なワークフローを実現するために不可欠であると私が考えるすべての機能をグループ化します。

 

 

(A) レイヤー分割(No.27)

いいえ。 27: 多くのレイヤー間でレイヤーを効率的に編集/移動します。

レイヤーが多くて、たとえばレイヤーを最後から最初に移動するのが難しい場合、この機能を使用すると簡単になります。これを行うには、レイヤーウィンドウの左下にあるボタンを使用する必要があります。

このオプションでは、多数のレイヤーが 2 つの別々のビューに分割されるため、レイヤー間を移動することなくレイヤーを移動および変更できます。初めてアクティブ化すると、下部に 3 つの小さなドットが表示されます。必要な長さまでドラッグする必要があります。それが部門になります。

(B) ブレンドモード (No. 28)

いいえ。 28: 組み合わせモードは、シャドウ、ライト、結合テクスチャの追加の前後にあります。

ブレンド モードは、プログラムがレイヤーとその下にあるレイヤーを結合する一連の数学的操作を含む関数で、レイヤー間にさまざまな効果を生み出す相互作用を生み出します。グレースケールのイラストに微妙に色のトーンを調整したり、色を加えたりすることができます。

 

28 のブレンド モードがあり、これらはレイヤー オプションにあります。レイヤーやレイヤーフォルダーごとにブレンドモードを設定することができます。これを適用する方法は、フォルダーまたはレイヤーを選択し、ブレンド モード メニューを表示して、必要なモードを選択する必要があります。

たとえば、上の GIF ではグレー スケールの色付けに使用し、下の画像ではいばらの冠を明るくするために使用しています。

各組み合わせモードの詳細な説明については、次の TIPS を読むことをお勧めします。

 

 

(C) レイヤーマスク(No.29)

いいえ。 29: こうすることで、後で必要になった場合に備えて、セクションを失わずに非表示にできます。レイヤーマスカラを使用すると、きっと気に入っていただけるでしょう。

レイヤーマスクを使用すると、レイヤーのセクションを非表示にすることができます。レイヤーマスクは、レイヤーの右側に表示される白いサムネイルです。これをアクティブにするには、ピンクの矢印を指すアイコンをクリックする必要があります。

 

白いサムネールをクリックすると、セクション、この場合はグラデーションを削除できます。消しゴムの種類に応じてハードエッジまたはソフトエッジを取得でき、選択ツールを使用して消去プロセスを高速化することもできます。

(D) パレットの色の変更(No.30)

いいえ。 30: レイヤーのサムネイルを簡単に識別できるように色付けします。

レイヤーウィンドウの左上にあるこのアイコンは、レイヤーに色を与えるために使用されます。デフォルトの色を選択することも、「別の色を選択」 で別の色を選択することもできます。

(E) サーチカバー(No.31)

特定のブラシ ストロークが存在するレイヤーを見つけたい場合、非常に多くのレイヤーを検索するのは大変で、最終的には何も見つからないため非生産的な場合もありますが、これには 2 つの解決策があります。

 

いいえ。 31: レイヤー間をすばやく簡単に検索します。

(1) レイヤーブラウザを使用します。 ウィンドウメニューから開くことができます。上部には、レイヤー間のフィルタリングに役立つ一連のオプションがあります。たとえば、フォルダーを検索すると、フォルダーのみが表示され、残りのレイヤーは無視されます。

(2) CTRL キーと SHIFT キーを使用し、カーソルで要素を選択すると、選択したレイヤーがより具体的に見つけられます。

(F) レイヤーのプロパティ

レイヤーのプロパティを使用します。レイヤー プロパティには多くの便利な機能がありますが、一部はプログラムの EX バージョンでのみ利用可能ですが、その中で私は 3 つを強調します。

 

(1) 境界線の色 (No. 32): 名前が示すように、この効果は選択したレイヤー上にあるものに色付きの境界線を作成します。まず、「レイヤー プロパティ」というパレットを見つけます。 エフェクト セクションにある円形のアイコンが必要なものです。表示されるオプションでは、境界線のサイズと色を変更できます。

 

いいえ。 32: イラストや文字に枠線を追加します。

(2) オーバーレイ テクスチャ (No. 33): イラストにテクスチャを追加するには、マテリアル フォルダに移動します。そこでフォルダをクリックして、テクスチャ セクションを探します。希望のテクスチャを選択し、最後に画像をキャンバスにドラッグします。

 

テクスチャ レイヤーを選択したら、「レイヤー プロパティ」 に移動します。そこでアイコンを表示し、「オーバーレイ テクスチャ」 を選択します。効果を改善するには、レイヤーの不透明度を下げるか、レイヤーの不透明度を変更することをお勧めします。モード。組み合わせ。

 

いいえ。 33: テクスチャを簡単に平坦化します。

(3) 行の抽出 (No. 34): マンガの背景を作成する人にとっては非常に便利です。 Extract Line はまさにその名前が示すとおりの機能を実行します。レイヤーをグレースケールおよび線の状態に変換します。この機能は、風景の写真をオンラインで撮影し、追加の処理を行って価値のある背景にしたい場合に非常に便利です。

 

注意: プログラムの EX バージョンでのみ利用可能です。

 

この関数には、線の幅、黒の塗りつぶし、境界線のしきい値を決定するための多数の修飾子があります。設定を移動することで、さまざまな効果を得ることができます。

 

いいえ。 34: 複雑な作業をすることなく、写真から背景を作成できます。


► Windows (No. 35 - 39)

ウィンドウに関するいくつかの機能についてはすでに説明しましたが、作業を容易にする特定のウィンドウなど、まだ説明されていない機能がいくつかあります。

 

 

(A) クイックアクセスパレット(No.35)

いいえ。 35: クイック アクセス パレットを使用すると、多くのツールが 1 か所に凝縮されて自由に利用できるようになります。

最も必要な機能を収容する実用性により時間を節約できるもう 1 つの非常に重要なツールは、クイック アクセス パレットです。これは、特に画面が小さく、それほど多くのウィンドウを開くことができない場合に便利です。これを画面上にフローティングしたり、ドッキングしたり、ポップアップ ウィンドウとして表示したりすることができます。

 

次のパスからアクセスできます: [ウィンドウ] > [クイック アクセス]

デフォルトでは、最初のセット内にいくつかのツールが確立されていますが、それらを削除したり、好みに応じて新しいセットを作成したりできます。

これがパレットです。 「クイック アクセス設定」 オプションでは追加と削除ができますが、何よりもここでは、色や枠線機能など、ドラッグするだけでは追加できないツールを追加できます。私は描画中にキャンバスサイズをよく変更する人間なので必須の機能なのですが、クイックアクセスウィンドウにドラッグするだけでできる機能ではないので探す必要があります。 「クイック アクセス設定」から追加します。 さらに、コマンド バーと同様に、アイコンの色を設定できます。この手順とオプションは同じです。

(B)ナビゲーター(No.36)

いいえ。 36: ブラウザからキャンバスを制御します。また、不均衡な部分がないかどうかを確認するために、キャンバスを反転することを忘れないでください。

ブラウザはデフォルトでアクティブなウィンドウですが、ブラウザがない場合はウィンドウメニューから開くことができます。これにより、キャンバスを制御できます。この場合、回転、増加、減少、反転、中央揃えが可能で、何よりもキャンバスの全体的なプレビューが可能になります。

(C)サブビュー(No.37)

いいえ。 37: サブビュー ツールからの参照を使用します。

サブビュー パレットは参照に非常に便利で、画像、他の CLIP ファイル、または作業中の同じファイルを開くことができます。ブラウザと同じ編集オプションがありますが、これらはこのウィンドウ内の画像に対してのみ機能します。さらに、一度に複数の画像を含めることができ、必要に応じて画像をキャンバス上で開くことができます。

 

このウィンドウで重要なのはドロッパーです。カーソルをその上に移動するたびにアイコンがアクティブになっていれば、問題なく色を選択できます。

バージョン 2.3.0 以降、このウィンドウに新しい機能が実装され、複数の画像間をより簡単に移動できるようになりました。

(D) 複数のキャンバス(No.38)

いいえ。 38: 参照、他のキャンバス、または他の画面を含む複数のウィンドウを開きます。

冒頭で説明したように、キャンバスからのウィンドウと同様に、ウィンドウのドッキングを解除できます。これにより、インターフェイスに接続されているかどうかに関係なく、複数のキャンバスを開くことができます。

 

注意: ウィンドウの数が増えると、アプリケーションが消費するプロセッサ リソースも増えます。

これは、複数の参照が必要な場合、キャンバスをさまざまな角度で表示したい場合、または他の画面がある場合にキャンバスからウィンドウを取得して他の画面に渡したい場合に便利です。

(E) 自動アクション(No.39)

いいえ。 39: 同じプロセスを繰り返さないで、代わりに自動アクションを使用してください。

これは適用が簡単なツールであり、間違いなくすべてのツールの中で最も効率的であり、膨大な時間を節約することができます。自動アクションは、後で再現できるプログラムによって記録されるプロセスです。これにより、必要なときに毎回同じ繰り返しプロセスを実行する必要がなくなります。たとえば、複数のレイヤーを作成し、常にそれぞれの名前で使用するレイヤーを作成します。これを実行する必要があるのは 1 回のみで、残りの回数はプログラムが実行します。

 

ウィンドウを見つけるには、次のパスにアクセスする必要があります: ウィンドウ > アクション 自動。 問題のウィンドウは次のとおりです。

一部のアクションはデフォルトで付属していますが、独自のアクションを作成する方法を知りたい場合は、次のヒントでこのツールの対応するセクションを参照することをお勧めします。

 

 

CLIP STUDIO ASSETSからは、他のユーザーが作成した自動アクションをダウンロードすることもできます。ダウンロードしたら、追加するには、右上のグリッド アイコンに移動する必要があります。クリックすると、素材を選択するウィンドウが表示されます。この GIF に表示されているのは、ASSEST からダウンロードした自動アクションの実行によって作成された色収差の適用です。各レイヤーを生成するプロセス全体を実行する必要がなく、簡単です。

 

アクションを再生するには、アクションを選択し、ウィンドウの下部にある [再生] シンボルをクリックするだけです。アクションは何度でも再現できます。


► セレクション (No. 40)

いいえ。 40: 選択ツールと選択フライアウトを使用して機能を追加し、既存の機能を使用します。

選択範囲はツール パレットにあり、通常は点線のグリッド アイコンで表示されます。 このツールには 8 つのサブツールがあり、サブ ツール パレットにあります。

 

ショートカット: 「M」 キーを押すと、ツールをより迅速に呼び出すことができます。

選択ツールを使用すると、作業する領域を区切ることができ、その領域の外側にあるものは編集のためにアクセスできなくなります。

選択ツールは非常に広い世界であり、さまざまな用途に使用できます。さらに詳しく知りたい場合は、このツールのみを扱うこの TIPS をお読みになることをお勧めします。

 

 

中でも、選択ツールの次の優れた機能が際立っていました。

 

 

(A) フローティング選択メニュー

フローティング メニューは、選択項目の下部にあるバーです。このメニューには、選択に役立つ特定の機能へのショートカットが用意されています。それらが何であるかを見てみましょう:

(1) 選択解除: 選択モードを終了します。

(2) トリミング: 選択範囲の外側にあるすべてのものをキャンバスから削除します。

(3) 選択範囲を反転: 選択範囲は最初の範囲の外側すべてになります。

(4) 選択範囲を拡張する: 選択範囲の希望のピクセル数を増やします。

(5) 選択範囲を縮小する: 選択範囲内の希望のピクセル数を削減します。

(6) 削除: 選択範囲内のすべてをレイヤーから削除します。

(7) 選択範囲外の部分を削除: 選択範囲外のすべてをレイヤーから削除します。

(8) 切り取りと貼り付け: 選択した部分を元のレイヤーから削除し、切り取った部分を配置した位置の上に新しいレイヤーを作成します。

(9) コピーと貼り付け: 選択したパーツのコピーを生成し、その上の新しいレイヤーに貼り付けます。

 

カット、コピー、ペーストはレイヤーをセクション化するのに非常に便利です。たとえば、単一のレイヤー上に完全なスケッチまたはイラストがあり、特定の部分を別のレイヤーに置きたい場合は、選択して切り取り/コピーして貼り付けるだけです。

(10) 拡大縮小/回転

(11) 塗りつぶし: 選択範囲内のすべてに色を適用する簡単な方法です。

(12) 新しいプロット: プロットが追加されます。ウィンドウが表示され、プロットのカスタマイズに必要なすべての設定が表示されます。

(13) フローティング選択メニューの設定: このオプションをクリックすると、すべての CLIP STUDIO PAINT ツールを検索してメニューに追加できるウィンドウが表示されます。

 

例: ガウスぼかしフィルター オプションを見つけて追加します。がバーに表示されます。選択範囲内にあるものをぼかしたいときは、関数アイコンをクリックするだけです。


► 液化 (No. 41)

いいえ。 41: 液化ツールで修正します。

液状化ツールを使用すると、使用する領域の形状を修正したり変更したりできます。イラストを仕上げるときに活躍するツールです。これを使用すると、特にすでに完成している場合は、何も削除することなく、イラストの一部の部分の編集、位置、サイズの変更を行うことができます。

 

注意: Liquiify は複数のレイヤーやフォルダーで同時に使用できます。これらの場合は、CTRL キーを使用して各サムネイルを選択する必要があります。

ツールのプロパティには、モードと強度が含まれます。このモードでは、押す、増やす、縮小する、左に押す、右に押す、右に回す、左に回すという 7 つのオプションがあります。

さらに詳しく知りたい場合は、この公式チュートリアルを読むことをお勧めします。

 

 


► タイムラプス (No. 42)

いいえ。 42: タイムラプスを保存すると、他のプログラムを使用せずに創造的なプロセスを共有できます。

タイムラプスは安心してプロセスを保存できる素晴らしい機能です。これを有効にするには、[ファイル] > [タイムラプス] に移動する必要があります。 自動的に録画が開始されます。残念ながら、キャンバスのみを記録し、変更 (回転、ズームなど) は記録せず、単なる静的なプロセスです。

 

停止または保存するには、同じルート上になります。エクスポートすると、プレビューが表示されるウィンドウが表示され、期間、品質、サイズを選択します。

4. クリップスタジオ

最後に、CLIP STUDIO ASSETS サービスが提供する非常に強力な素材を紹介します。

 

 

(A) アセットのダウンロード・追加(その43)

いいえ。 43: 素材はCLIP STUDIO ASSETSを使用します。

素材には、形状ブラシ、画像素材、プリミティブ、3D モデル、自動アクションなどが含まれます。これらを入手するには、CLIP STUDIO ASSETS に移動し、必要なものを探してダウンロードします。ここでは車、城、家、都市などが見つかります。ただし、無料のものと有料のものがあることに注意してください。

 

 

• マテリアルを追加

 

ダウンロードした素材は、プログラムの右側のパネルの素材セクション、具体的には「ダウンロード」フォルダーに表示されます。追加するには、マテリアルを選択し、キャンバスにドラッグしてドロップする必要があります。グラデーション マップまたは自動アクションの場合は、それぞれのツールのウィンドウから追加できます。

(B)モデロス3D(No.44)

いいえ。 44: 解剖学、光と影の参考として 3D モデルを使用します。

光の角度によって光や影をどこに配置するか分かりにくい場合、最初は目で見て参考になると便利ですが、CLIP STUDIO PAINTには新機能「3D頭部モデル」が搭載されました。 .*

 

注意: 頭部モデルか全身モデルかにかかわらず、すべてのモデルは同じ編集原則に従います。

それらを追加するには、「マテリアル」 パレットに移動し、次に 3D に移動します。さまざまなオプションから、適切と思われるモデルをキャンバスにドラッグします。現実的なモデルの使用をお勧めします。

これらの頭からさまざまなタイプの顔を作成できます。 3D モデルの顔の特徴を変更する方法を学ぶには、この新機能に関するこの公式チュートリアルにアクセスすることをお勧めします。

 

 

• 3D モデルを編集

 

注意: 例は、アップデート 2.0 で実装された頭部モデルを使用して作成されます。

(1) 角度: まず、光と影をどこに配置するかをよりよく理解できるように、モデルの角度を確立する必要があります。モデルをクリックするとメニューが表示され、キャンバス上で顔、サイズ、緯度を回転させることができます。

(2) 事前定義された角度: カメラセクションに移動すると、[角度] > [プリセット] セクションにいくつかのプリセット角度が表示されます。

(3) 影: 光の角度、つまり影を編集するには、[ツール プロパティ] (レンチ アイコン) > [光源] に移動する必要があります。

 

円をドラッグすると、ライトの方向が調整されます。

モデルには多くの変更を加えることができます。さらに詳しく知りたい場合は、公式チュートリアルを調べてみることをお勧めします。

 

 

別れ

長くなってしまい申し訳ありませんでしたが、言いたいことがたくさんありました。このチュートリアルでご覧になった内容が気に入っていただければ幸いです。ぜひお役立てください。まあ、何も言うことはありませんが、ここまで来てくれてありがとう! ପ(๑•̀ुᴗ•̀ु) ॣ৳৸ᵃᵑᵏ Ꮍ৹੫ᵎ

 

もう会えません( •⌄• ू ) ✧

 

 

私について詳しくは、以下をご覧ください。

コメント

新着

公式 新着