2.下描きからペン入れまで

15,524 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

[1]カラーマンガの下描き

(1)「ネーム」レイヤーの上に新しいレイヤーを作り、[鉛筆]ツールの[シャーペン]サブツールで下描きしていきます。


(2)下描きが終わったら「ネーム」レイヤーはひとまず非表示にしておきます。

次のペン入れの工程がやりやすいように、「下描き」レイヤーの[レイヤーカラー]を水色に変更して、不透明度を下げます。


[2]カラーマンガのペン入れ

(1)「枠線」コマ枠フォルダーを選択した状態で、新規ベクターレイヤーを作ります。

そうすると、コマ枠フォルダー内にレイヤーが収納されます。

1、3、4コマめのコマごとにベクターレイヤーを作り、[ペン]ツール→[Gペン]サブツールでペン入れしていきます。


2コマ目はコマ枠外に絵があるため、コマ枠フォルダーには入れません。

ベクターレイヤーについて詳しくは、こちらをご覧ください。


(2)背景の机などは[直線]サブツールを使用してペン入れしています。

※[Gペン]などの描画ツールを[Shift]キーを押しながら描画することでも直線を描けます。


(3)1、3、4コマのペン入れが終わりました。


(4)次に、2コマ目のペン入れをします。2コマめは「枠線」コマ枠フォルダーの上に新規ベクターレイヤーを作成します。

2コマ目を描くにあたって他のコマの絵が邪魔になるため、「枠線」コマ枠フォルダーを非表示にしておきます。

※レイヤーの目のマークをクリックして消すと、非表示状態になります。同じ場所をもう一度クリックすると、再び表示されます。


(5)1、3、4コマめと同様にペン入れしました。


(6)一通りペン入れが終わったところで交差している線などをクリンナップします。

ベクターレイヤーに描画しているため簡単に修正できます。


[消しゴム]ツールの[ツールプロパティ]パレットで、[ベクター消去]にチェックを入れ、[交点まで]を選択します。

この[消しゴム]ツールを使えば、たくさんの線が交差して消しにくい部分もかんたんに修正できます。


すべてのコマのペン入れが終わりました。


次回はフキダシを作ります。

コメント

新着

公式 新着